§当会はそんな発明家の方々の手助けをしています


○当会はこんなサポートを行っています。

  ☆発明についてのアドバイス
  ☆特許出願についての指導・助力
  ☆商品化に向けてのアドバイス他

 

 発明工学会は、昭和61年に町の発明家や新商品開発に関わる企業への助力機関として発足し、以来数百件の相談・指導を行ってきています。
 また、多数の会員の発明をTVで紹介してきました。
 発明は、ときには第三者の冷静な目で見ることが必要で、当会では発明進展のための種々のアドバイスを行っています。
 皆様のご利用をお待ちしています。


■Q&A
[よい発明をするには?]
 発明は、自己満足だけでは他の多くの人々に受け入れられることは少ないのです。他の人を満足させることができて、はじめてよい発明になります。
 そのためには、
  a.よい発明テーマを見つける
  b.そのテーマのよい解決案を得ることが大切です。


[特許を取るには]
 特許を取るには、まず出願しなければなりません。特許願の書類を作り、特許庁(東京)へ提出します。試作品の提出は必要ありません。出願だけでは権利にならないので、後日、審査請求書の提出が必要です。
(出願日から3年以内)


[よい発明の本は?]
 オススメは次の2冊です。
 ・発明はこうして売り込め          下村正著 日本法令
 ・あなたの発明をらくらくお金に変える本  下村正著 中経出版


《ホームページ紹介》 …リンク集に掲載しています

・特許庁 …無料で先願調査ができる。(似た出願がないかを調べる)
・日曜発明ギャラリー …数多くの発明を紹介
        

当会では、発明・特許等の初回無料相談を行っています。

発明・特許等のご相談
  (一般的事項・個別内容・複数案件可・機密厳守)
 пD.011-615-7220  .FAX.011-615-7228 

・面談…当会指定場所にご来所されて、初回無料相談が受けられます。(1時間以内)
・メール…メールにて初回無料相談が受けられます。
 メールアドレス、ご氏名と年令、性別、住所をお知らせください。
・FAX/手紙…初回無料相談が受けられます。FAX番号、ご氏名と年令、性別、住所をお知らせください。
・電話…電話にて初回無料相談が受けられます。(15分以内)
 ただし、図形情報がないので、メールやFAXなどとの併用が望まれます。
 なるべく、事前に当会サイトの「発明・特許Q&A」をご一読ください。
(電話の場合は、午前9時から11時30分、午後1時から午後5時までとします。なお不在の場合があります)
○継続的に相談を受けたい場合は、下記の会員入会をオススメします。

■発明工学会は、会員制度による発明特許の無料相談を行っています。
     法人会員 年会費 20,000円 (入会金はありません)
     個人会員 年会費  6,000円


企業の皆様へ
 この世にある商品のルーツをたどれば、発明に行き着きます。
 多くの発明の中から商品として生き残ったものが生活に役立っています。
 ご承知のように、発明、権利保護、商品化の流れの中で、いかにしてよい発明商品を生み出して、それを権利化するのかが重要です。
 当会では、発明のコツ、出願権利化のコツ、情報収集等についてアドバイスを行ってきており、種々の企業において権利を取得して商品化を行ってきました。
 この機会にご入会され、企業発展に進められることを期待いたしております。

[ご指導申し上げた企業]
 札幌市 28社 苫小牧市 5社 小樽市 3社 他に東京都、岩見沢市、千歳市、紋別市、稚内市、当別町 白老町など
 



中小企業・小規模事業者が開発した新商品・サービスの事例

我々が住む現代社会には、中小企業・小規模事業者の絶え間ない努力の末に、開発された新商品・サービスが数多く存在します。こうした新商品・サービスは我々の生活に根付き、わたくしたちのライフスタイルを大きく変えてきました。ここでは中小企業・小規模事業者が開発した新商品・サービスの一例をご紹介しましょう。

□ホワイトローズ株式会社:ビニール傘
 東京都台東区のホワイトローズ株式会社(従業員3名・資本金3500万円)は、世界で初めてビニール傘を開発した企業です。開発したのは終戦後まもなくの頃でしたが、その後の安い海外製品の流入により国産メーカーが淘汰されていく中で、発明者だからと踏ん張り、独自性のある国産ビニール傘を現在も作り続ける唯一の企業です。

□株式会社フルタイムシステム:宅配ボックス(開発当時は中小企業)
 東京都千代田区の株式会社フルタイムシステム(従業員108名・資本金4億9800万円)は、1985年に我が国初の宅配ボックスを開発した企業です。同社の代表取締役である原幸一郎氏が1983年に開発に着手、1985年に「配送物の安全保管管理システム(宅配ボックス)」で実用新案権を取得し、同社を設立しました。

□オルファ株式会社:折る刃式カッター
 大阪市のオルファ株式会社(従業員88名・資本金3600万円)は、カッターナイフおよび付属備品の製造・販売を手がける企業です。同社の創業者である岡田良男氏が、印刷所で紙を切るのに、経済的で使いやすいナイフとして1956年に折る刃式カッターナイフを開発し、現在では世界100以上の国・地域に輸出するまでになっています。

□元禄産業株式会社:回転寿司
 大阪府東大阪市の元禄産業株式会社(従業員250名・資本金1000万円)は、「元祖 回る元禄寿司」を運営する企業です。同社の創業者である白石義明氏が、ビール工場のベルトコンベアにヒントを得て、回転寿司のシステム一式を発明し、1958年東大阪市に第1号店を出店しました。その後、1962年に「コンベア旋回式食事台」で特許を取得し、日本万国博覧会に出展したことを機に全国に広まりました。


◯詳しい内容をご希望の方は当会までお知らせ下さい。入会案内書をお送りします。
 ※メールには、住所・氏名の明記をお願いします。


発明売り込みサポートいたします。
 発明して出願の後は、商品化が待っています。
 アマチュア発明家の場合は、自ら商品化するよりも、スポンサー(出資して商品化してくれる企業)を見つけて、実施契約を結ぶケースが多いと思います。

 スポンサーを探すときの代表的な手法にDMがあります。
 発明内容をわかりやすく表現した資料を各企業へ発送して反応を見るのです。
 このときに大切なのが
 1.発明内容をどのように表現したらよいのか
 2.どんな企業にアプローチしたらよいのか の2点です。

 当発明工学会では、上記について有料サポートを行っています。(\15000〜)
 ご関心を持たれましたら、当会までご連絡ください。
 
     会員の紹介コーナー   沿革

    メールはこちらまで ……
    〒063-0802 札幌市西区24軒2条5丁目3-5
             発明工学会 会長 山本修一
             TEL.011-615-7220 FAX.011-615-7228