北海道発明研究会

 北海道発明研究会は、昭和45年に発足した発明工夫についての研究団体で、地域社会の関心と水準を高めて、産業文化の発展に寄与するものです。
会長は松井次洋、会員数は約60名です。全国各地に同様発明研究会は60個所あり、始まりは東京にある一般社団法人発明学会で、この創設者は発明関係の著書が多数ある故豊沢豊雄氏、現代表理事は中本繁実氏です。

●連絡先
 〒063-0803
 札幌市西区二十四軒3条5丁目
  9-33-306 北海道発明研究会
 TEL.011-615-7220 FAX.011-615-7228


■受賞おめでとうございます

◯当会会員の大西博子さんが、婦人発明家協会主催の第49回
なるほど展にて、最高賞の「文部科学大臣賞」を受賞されました。

受賞作品:「二つの穴を設けた持ち手付き風呂敷」
意匠登録第1496374号
これは、風呂敷の端に穴を二つ開けて、この穴に風呂敷の端をそれぞれ
通して結ぶことにより、装飾的な効果を得られる新しい風呂敷です。







■後援:文部科学省・厚生労働省・特許庁・東京都
(公社)発明協会・日本弁理士会・日本商工会議所他


日 曜 発 明 学 校

日曜発明学校は、北海道発明研究会が主宰する発明・特許に
興味がある方の集いです。お気軽にどなたでもお越しください。


●開催日:毎月第3日曜日
●時 間:午後1時~5時
●場 所:札幌市中央区民センター
●所在地:札幌市中央区南2条
       西10丁目
●内 容:①アイデア商品のテスト
      ②研究発表
      ③発明・特許のセミナー
      ④発明相談
      ⑤フリートーキング
●入会金:1000円
●参加料:1000円

●主宰:北海道発明研究会
●電話:011-615-7220






   例会風景   

出前講座・発明の日記念・中央消防署 アイデア商品のテスト
TV出演・おっぱいカップ 発明発表・耐震テーブル
発明発表・防滑バッグ 発明発表・フラワーキャリーシート



■プログラム

①アイデア商品のテスト(休止中) 現在は発想力開発講座を実施中。

 市販のアイデア商品を2〜3点ほど購入し、皆でそのデザイン、機能、価格などについて検討します。最後に希望者にその商品を各々プレゼント、商品をもらった人は、次回参加時にその商品の感想や改良案を発表します。

②研究発表

 希望者は自分の発明考案を皆の前で発表できます。発表した案について、いろいろな意見を聞くことができます。発表案についての機密は保持されます。

③発明特許のセミナー

 広いジャンルで、試作や出願や売り込みについても、わかりやすく解説しております。 現在は立体製図講座を実施中。

④発明相談

 各プログラムの間に休憩時間を取ります。(15分程度)この時間を利用して、特技担当役員に相談して意見を聞くことができます。

⑤フリートーキング

 最後に、会員同士お互いに膝を交えてお話しをしていただきます。


アイデア商品のテスト・テーマ例

・フィットカットカーブ(30度の刃で楽に切れる)
・新聞クリップ(新聞がバラバラせずに読めるクリップ)
・まきまきクリップ(くねくね曲がって自在な形)
・40枚とじホッチキス(大量閉じホッチキス)
・ほかほか手袋(カイロが入る)
・スパゲッティメジャー(口径可変式)
・ハリナックス(針のないホッチキス)
・クイッククール(電池式噴霧扇風機)
・ミニジョッキローソク(墓参に使う)
・シャープペンシル・クルトガ(芯が回ってとがり続ける)
・オルゴールスパ(浴槽に浮かべるオルゴール)
・スプーン型薬味おろし(窪み部分におろし金がある)
・フィッシュグリルトング(焼き魚を崩さずに裏返し)
・アイロンバッグ(熱いアイロンをそのまま収納)
・キッチンペダルペール(一台三役でスペースを取らない分別ゴミ箱)
発明発表・テーマ例

・半円柱形両手用杖
・酸化しないヤーコンの製法
・木製斧型かぼちゃ割り具
・雪を四角く掘り出すスコップ
・取り出しやすいおしぼりケース
・二酸化炭素を利用した新エネルギーシステム
・頻尿補助具
・優良運転者ガソリン割引システム
・箸置きのいらない箸
・ロール式靴磨き
・毛髪がよみがえる魔法の手袋
・有料ゴミ袋を2倍に使う方法
・車輪付きスコップ
・モップ付き手袋
・今何時手袋


■会員の活動報告

◯下山 強さん

 
下山さんの発明は「貯湯槽」です。J形の混合管を貯湯槽の中に設けて、ここで湯と水を混合させるもので、こうすることで、混合が促進され、貯湯槽の大きさを従来の1/2にすることができました。また、燃費を始めとしてトータルコストを従来の2〜3割節約できます。
 この発明は、メーカーと契約金500万円、ロイヤリティ6.4%で契約が成立しました。

                                       サイトはこちら





◯斉藤武夫さん

 斉藤さんの発明は、「熱交換のできる自然換気口」です。斉藤さんは麻雀荘経営の経験をもとに、この換気口を発明しました。換気口内を二分してダンパーを設けることで、換気性能を高め、熱交換を可能にしました。
 資金を投入して自社を作って製造販売を行っています。また、この発明は発明協会会長奨励賞を平成14年に受賞しました。
                                        サイトはこちら

 


◯斉藤昭子さん

 斉藤昭子さんの発明は「ポテトチップの素」です。ジャガイモを薄くスライスして水にさらし、特殊成分を加えて乾燥させたもので、食するときに油で揚げ、好みの味付けをするものです。
 乾燥保存するので長期間の保存が可能です。
 また、斉藤さんは作曲家でもあり、発明応援歌「この発明を世界に」を作詞作曲し、各地発明研究会が一堂に会する全国大会でも当会参加メンバーの歌唱にて披露されております。


◯松本悦子さん

 松本さんの発明は、「着替えカバー」です。衣料品購入の時に、試着したりしますが、着替えの時に口紅などが衣類に付くことを防ぐものです。細かなメッシュ布を縫い合わせて袋状にし、その一部に切り込みを入れ、ホックで留めるものです。頭にかぶって使用します。
 この発明はメーカーとロイヤリティ(実施料)5%で契約を結び、現在、全国の東急ハンズで販売されています。

 


    アクセスマップ・例会会場    アクセスマップ・事務局      バナーはこちら