発明事典

抱き合わせ発明

 一つの発明を完成せずに、次から次へと別の発明に取り組むこと。
 発明初心者に多く見られる現象である。
 ヒラメキは、いつどこで起こるかわからない。ひらめくとそのアイデアに惚れ
込んで熱中するが、途中であきてまた別の発明に取り組んだりする。
 しかしその発明もおざなりになって、さらに別の発明に取りかかる。
 本人は楽しいのだが、結果は残らない。これはこれで一つの楽しみであるのだ
が、未完成発明のままで終わってしまう。(発明トレーニングにはなる)
 できれば、自分にあったテーマを選んで、そのテーマを追求する姿勢を持ちた
いものである。一つのテーマを追求すると、そのテーマについての知識も深まっ
ていき、効率よく発明できるようになる。売り込み先も共通することが多くなっ
て、進展しやすくなる。
 ある発明を完成させ、商品化に成功すると、その周辺を探ることで関連した発
明も出やすくなると思う。だから、浮気発明を卒業して、本気発明を見つけて邁
進することが望ましい。


発明家
 発明の道にのめり込み、多くの発明をしている人。著名な発明をした人。
 発明家というと、一種変人のように思う人が多いかもしれないが、いたって普
通の人である。ただ、発明については人一倍の情熱を持っているのが異なる点で
ある。
 発明の根っこは好奇心ではないかと思う。
 小さい頃、おもちゃを分解して叱られたような経験を持つ人が多いように思う。
 それから、こだわりの気持ち、不便さに対するこだわりがある人が発明をする
人のように感じる。世の中のほとんどの商品は、昔だれかが発明し、商品となっ
たものである。つまり、発明がなければ便利な現代生活もないわけで、発明商品
に囲まれて暮らしているのが我々の生活である。
 もっと発明家を大事にするようになってもよいのではなかろうか。

発明
  「発明」という言葉はよく使われる。今までにない新しいものを生み出したと
き、”発明した”となるが、特許法でいう発明はより狭い意味である。
 すなわち、「産業上利用できる」「自然の法則を利用している」という条件が
付帯する。従って、医学的治療方法、ゲームのルール、販売方法、暗号解読方法
などは特許法上の発明からは除外される。
 発明は二つのステップにより成り立つことが多い。
@発明のネタを見つけること
  「必要は発明の母」のたとえのように、これが必要だというのが見つかると、
それが発明のネタになる。今あるものの改良でもよいし、新素材の新たな用途で
もよい。
A解決案を探して具体化すること
 ネタはすなわちニーズであって、それだけでは発明ではない。そのニーズを満
たす解決案ができてはじめて発明になる。今ではいろいろな技術や材料があるの
で、たいがいのことは解決できるが、いかにシンプルでコスト高にならずに行う
かが問われるのである。
 身の回りの品々は、ほとんどすべてが以前にだれかが発明し、商品となったも
のである。すなわち発明の恩恵を大いに受けているのが今現在の我々の生活とい
えよう。


珍発明
 発明者はマジメに発明したのだが、まわりから見ると有効性に疑問を持たざる
を得ない、あるいはその解決策が大げさすぎるような発明のこと。
 発明は、不便さの改善からスタートし、その解決案を生み出し、改良を加えて
具体化して出来上がるものである。
 しかし、この不便さがささいなことであったり、解決案が大げさすぎたり、珍
妙であったりすると、珍発明の部類と見なされる。
 珍発明は要するにポイントがずれていることが多いが、これを視点を変えて改
良すれば役に立つ発明に変身することもあるのではと思う。
 一方、ユーモア発明というのもある。
 これは、いわゆる笑いを取る発明で、それを見た人が思わず「クスッ」となる
発明である。まじめな発明の中に、こういったものがあるとホッとすることもあ
ってよいかなと感じる。
珍発明の例:
*指相撲用リング‥リングの台に穴が二つ開いている。ここから親指を出して
          戦う。
*寝たままシャワー……パイプペッドの周囲の穴から水が噴き出す。
*折り畳みフライパン……蝶番で割れているフライパン。オムレツ作成用。
 (川上賢司著 世界の珍発明より)


落第発明
 その発明内容のどこかに問題点がある発明のこと。
 発明は、発明者がキャッチしたテーマに沿ってその解決案を生み出して完成す
る。しかし、そのテーマがささいなものであったり、解決案が適当でないとき、
それは落第発明である。と言うよりは、未完成発明と思う。
 自分一人で楽しむだけならとくに問題はないが、多くの人に利用してもらうと
なると、いろいろ検討が必要となる。
 発明のチェックリストを作って、それに照らし合わせて考えてみると、問題点
が浮かび上がってくる。例えば次のようなものである。
1.本当にそれが必要であるか
 ニーズの妥当性の検討である。他の多くの人が必要とするものであるか。
2.便利さより不便さが多くはないか
 人は自分の長所には気付きやすいが、欠点についてはわからないことが多い。
 発明も同じで、そのメリットはすぐわかるが、短所については見過ごしてしま
うことが多い。これを防ぐには、試作をして実際に自分で使ってみる。あるいは
他の人にも使ってもらうというステップが必要である。
3.コスト高にならないか
 企業側でまずネックになる点である。一般に発明家は商品の製造についてはよ
く知らないことが多い。一工程増えることで製造原価が大きく異なることもある。
 その類の商品の製造についての勉強も大切である。
4.使用者の気持ちに逆らうものでないか
 その発明が商品となったとき、使う人の心に抵抗感があると、なかなか使って
もらえない。人それぞれに感覚が異なるが、大部分の人が違和感なく使用できる
ものがよい。
5.法の規制にかかるものではないか
 法律で禁止されていることを破るような発明は、商品化しにくいものであり、
法律を変えるのは大変である。従って、この点を事前にチェックしておくのがよ
い。
6。危険性はないか
 PL法ができてから、商品の安全性に対する規制が強められた。
 まだ他にもあると思うが、とりあえずはこの6つの条件についてチェックする
とよいと思う。また、先願調査をすることで多くの同種の情報が得られて、発明
改良にも役立つはずである。