発明エッセイ  



h29/8/1   デッドサイト
h29/5/24   パソコンとインターネット その3
h29/3/29   パソコンとインターネット その2
h29/2/28   パソコンとインターネット その1
h29/1/31   オイルフェンス
h28/12/28   囲碁と発明
h28/10/29   はじめて発明が採用?
h28/1/30   アイデアリストから 4
h27/12/25   アイデアリストから 3
h27/3/31   アイデアリストから 2
h27/9/28   アイデアリストから 1
h27/8/29   7年サイクル
h27/7/29  1/5の法則 
h27/6/29  初めて食べた人 
 h27/4/30  転職経験4
 h27/4/11  転職経験3
h27/3/13   転職経験2
h27/2/17   転職経験1
h27/1/26   ロケット
h26/11/15  スピード競技 
h26/10/31  新ゴルフ 
h26/10/16   サッカー
h26/9/29   和名球技
h26/9/18  シンクロニティ 
h26/8/30  音楽と発明 
h26/7/29   発明神社
h26/7/17   パソコンゲーム
h26/7/1  パソコンソフト
h26/6/13   ラッキー体験
h26/5/28  初めての本 
h26/4/28  社交ダンスと考案 
h26/4/16   気功とヒラメキ
h26/3/29 ブレーンストーミング
h26/3/15 発明の売り込み
h26/3/1 発明法 その2
h26/1/30 発明法 その1
h26/1/15 あなたも発明家
h25/12/27 日曜発明学校
h25/12/14 TV出演
h25/11/30 コンニャクのルーツ
h25/11/15 おからの利用法
h25/10/30 大豆から生まれたもの その2
h25/10/12 大豆から生まれたもの その1
h25/10/1 禁煙について
h25/9/13 不思議体験
h25/9/2
h25/8/15 早い者勝ち
h25/8/3 珍発明
h25/7/18 セッカチと発明
h25/7/1 重力制御装置
h25/6/14 万能翻訳機
h25/5/29 超発明
h25/5/11 ヒラメキがやってくる
h25/5/1 紙の価値
h25/4/16 永久機関
h25/4/1 砂時計
h25/3/15 初めての発明
h25/3/1 発明の芽生え


h29/8/1

  
        デッドサイト


 
あるとき、ぼんやりしていたら、妙なことを考えてしまった。
今、日本国内だけでも相当数のホームページ(サイト)が存在する。
インターネット利用者の年代は、圧倒的に20代~30代が多い(?)ので、当然サイト運営者もその年代が多いのだろうと思う。
 しかし、中には高齢者の開設したサイトもあるはずである。で、年月が経過して、その開設者が亡くなったときはどうなるのかと、ふと思った。誰かが受け継いで存続することもあるだろうが、そうでなければ家族の誰かが処置して、サイトを閉鎖すると思う。
 ところが、たとえば他の誰もがサイトのことを知らなかったときは、どうなるのか?
 プロバイダーと契約しているのだから、所定の料金を払い続けなくてはならない。たまたまその亡くなった人が、けっこうな金額をプロバイダーに支払う振替口座に残しておいて、他の誰もがそれを知らないと仮定すると、サイトはそのまま続いてゆくに違いない。だが、徐々に残高が減っていき、料金が払えなくなるとそのサイトは閉鎖されるだろうが、それまで5年10年と続くことも考えられる。
 開設者・運営者不在のサイトがずっと続くのである。
 むろん、更新の全く無いサイトは検索エンジンからは消去されるかもしれないが、それでもサイト自体はしばらく続く。
 あるいは別のケースとして、こんなことも考えられる。
 たまたまそのサイトにバナー広告その他の手段による収入があり、そ
の収入の振込先が、プロバイダーに支払う費用の振替口座と同一だった場合、その収支がトントンがまたは収入がより多いときは、延々とその運営者不在のサイトが続いていくことになるのである。そうして数十年が経過すると、今度は別の価値が生まれるかも知れない。
 オールドフアッションサイトが人気になって、そういうサイトを集めた紹介サイトが出てくるかも知れない。いまはまだそんなサイトはないと思うが、将来は分からない。古い時代の情報が、いわば骨董品的価値を生んで、もしかすると人気サイトになるかも知れないのだ。
 そこまで行くと、サイト博物館が出てきて、いろんな古いサイトを収集して展示するようになるかも知れない。
 10年後、20年後のホームページがどんな風になっているのか楽しみである。

h29/5/24

      パソコンとインターネット その3


 さて、前回までは機械式の計算機の話だったが、コンピュータというとやはり電子計算機となる。
 ジョン・モークリーとプレスパー・エッカートが米陸軍の要請で開発し、真空管18000本を使い、1946年に完成したENIACが有名だが、どうもこれがコンピュータ第1号ではないらしい。
 というのも、別人がほぼ完成させていたコンピュータを見学してそのアイデアを特許出願したが、後に盗用と見なされて無効となったのである。その別人とはアイオワ州に住むアタナソフである。彼は大学の助教授で、数学の授業を円滑に進めるためにコンピュータの開発を考え、コンデンサをメモリとしたABCマシンを1939年に作った。
 また、イギリスでは1943年に暗号解読のためのCOLOSSUSを、数学者アラン・チューリングの指導のもとに真空管2400本を使って完成させている。
 他にもIBMとハーバード大学が共同開発し、リレーのみを使った10進法式のマーク1、ケンブリッジ大学が開発したプログラム内蔵型コンピュータ、EDSACなどいろいろあって、特定個人がコンピュータの発明者とは決めにくい。いずれにしても、初期のコンピュータは大型で、特定用途に使われたらしい。しかし、計算のスピードアップの需要は常にあり、やがてパソコンが登場する。
 世界初のパソコンは、1973年にゼロックス社の研究所が完成させたAltoといわれる。マウス操作に対応したこのコンピュータは、研究者用のマシンとして少しだけ作られた。
 また、パソコンの誕生には忘れてはならないカギがある。
 それはICチップで、このチップが出てはじめて小型化に成功したのである。パソコンもはじめはスタンドアロンで、単独使用だったが、やがて電話回線を通じてデータのやり取りを行うようになり、パソコン通信がはじまる。そしてインターネットヘと進んでいく。
 このインターネットの始まりは、軍事目的だったとされている。
 情報を迅速に伝え合うために、コンピュータ同志を結んだ軍事情報ネットワークが作られたが、パソコン通信のように中央のホストコンピュータと端末コンピュータがつながっている仕組みでは、そのホストコンピュータがダメージを受けたら一巻の終わりである。そこで各コンピュータをすべてつないだネットワークを作り、どこかのコンピュータが破壊されても、違う経路をたどって情報を伝達する仕組みを作った。これがインターネットの発祥である。
 やがてこの便利なシステムは、大学などの研究機関が利用するようになり、一般化していった。インターネットもコンピュータ同様に、多くの発明者・開発者の手を経て作り上げられた。
 ネットワーク構想とパケット通信のアイデアを提供したポール・バラン、インターネットの標準プロトコルTCP/IPを開発したビントン・サーフとボブ・カーン、WWWの父と呼ばれるティム・バーナーズ・リー、ブラウザソフトのモザイクそしてネットスケープを開発したマーク・アンドリーセン、Javaの開発者、ジェームズ・ゴスリング、UNIXを開発したケン・トンプソンなどなどである。
 発明は、単一個人から生み出されることも多いが、このように複数の発明者や開発者が関わって磨き上げられることもある。
 白熱電球の発明者はエジソンとなっているが、他にも多くの研究者がいたことを記憶にとどめておきたい。

h29/3/29

        パソコンとインターネット その2


 バベッジが生まれたのは18世紀の終わりごろで、父は金属細工師だった。幼いころから好奇心旺盛だったバベッジは、発明にも熱中した。
 ケンブリッジ大学を卒業した彼は、数表を機械で計算するというアイデアにとりつかれる。当時は電卓もコンピュータもなく、換算表としての数表の需要が多かったのである。だが、ミスも多かったようだ。
 バベッジの考えた階差エンジンは、いくつもの歯車を備えた円柱をハンドルで回転させ、桁上がりも自動的に行えるものだった。基本原理として階差法(差分法)を用いた仕組みで、階差を利用することで足し算のみで多項式を解くものだった。だが、正しく計算した結果を数表に表すとき、誤植があれば意味がなくなる。そこでバベッジは印刷装置も作った。

 この演算装置と印刷装置を合わせた全体の大きさは、高さ2.6m、幅2.3m、奥行き1mで、総重量は2トンを超えるものだった。
 歴史上はじめて大がかりな計算装置を作り上げたのである。
 しかし、機械装置は多くの部品から成り立ち、各部品の工作精度に左右される。バベッジの機関製作は多年を要し、巨費を投じたが、ついに完成には至らなかった。その後バべッジは新たな計算機械、解析エンジンに取り組んだ。
 この解析エンジンによって、バペッジはコンピュータの開祖と目されるようになる。コンピュータの定義として、プログラムに従って情報を処理する装置、あるいはプログラムに従って自動的に計算する装置というのがある。そのためには、入力装置、処理装置、出力装置、補助記憶装置が必要である。
 解析エンジンは、歯車からなるレジスタつまり主記憶装置と、演算装置とからなる処理装置部があり、パンチカードにプログラムをのせて、このカードにて制御して計算を実行させる自動計算機であった。
 つまりプログラム制御方式を用いた自動計算機だったのである。
 ただ、現在のコンピュータは2進法だが、これは10進法を用いるものだった。
 バベッジは、これを完成させようとずっと研究を続けたが、資金難などもあり、生存中に完成することはなかった。
 しかし、コンピュータの先駆的研究者として、その名は歴史に刻まれている。

h29/2/28

      パソコンとインターネット そのI


 今から30数年前、はじめてワープロにさわった。
 事務所にワープロが導入されたのである。それは横長のボディーに数インチの画面がついたもので、それでも当時は新鋭機だった。
 毎日、1時間ほどトレーニングして1ヶ月かかってどうにかこなせるようになった。フロッピードライブが一つしかなく、文書保存の度にFDを差し替えなければならないものだった。それでも、手書きに比べれば楽で、文書を呼び出してちょっと修正して使える便利さに感心したものだった。 さらに昔、貿易に関心を持ったことがあった。それで、英文タイプライターを購入し、通信教育で覚えた商業英語を打つ練習をしたが、そのタイプライターに教則本がついていて、打つときの指の位置、つまりホームポジションが書いてあった。それを見ながら10日ほど練習したら、ブラインドタッチまでではないが、そこそこには打てるようになった。それでワープロのときも、入力作業はそれほど困難ではなかった。

 時を経て、平成7年に念願のパソコンを購入した。デスクトップタイプである。接続して立ち上げるまではスンナリ進んだが、いろいろな機能を使おうとすると、ガイドブックが何冊もあって該当個所を探すのが大変である。
 ちょうどWIN95が出てすぐに買ったものだが、マニュアルがイマイチ分かりにくいのである。そのとおりやろうとするが、必ずどこかで間違える。
 さてどうしたらと、あれこれ読むが、どこにも書いていない。要するに、こうすれば正しい操作ですと云うことしか書いていないのである。
 間違ったとき、どうしたらよいかについては触れられていない。
 マニュアル制作者は、当然に内容を熟知しているが、当たり前のことは書く必要がないと思っているようで、まるっきりはじめてパソコンに触れる人の身になってできてはいないのである。
 (もっとも、最近のパソコンでは改良されているようで、買い換えたものにはセットアップ用のVTRまでついていた)
 つい最近、パソコンの販売台数(年間)がTVのそれを上回ったとか。
 急速な進展には目を見張るものがある。買って3年もたつと、性能は桁違いに進歩して、前のがまるで骨董品に見えたりする。何でも、3~4ヶ月に一度は新製品が出るらしい。
 さて、こんなに普及したパソコンは、いつだれが考えたのだろうか?
                            
 パソコンに先立つコンピュータは、電子計算機とも呼ばれていた。
 その前は機械式計算機の世界である。
 最初に実用的な計算機が作られたのは16世紀前半らしい。
 ドイツの天文学者で数学者のシッカルトが歯車を使って計算機を作ったとある。その後、かのパスカルが計算で苦しんでいる父のために計算機を作った。これを商品として売りに出したが、残念ながらさっぱり売れ
なかった。
 その次はライプニッツで、さらに進んだ機能を備えていた。
 ライプニッツの死後、その計算機をある事業家が改良して生産し、販売した。その後も改良が加えられ、実用計算機として長く使われることになる。
 電卓が普及するまで使われていた、手回し式計算機は、このライプニッツの計算機の改良型である。(今となっては、この手回し計算機を使ったことが懐かしい)
 そして、チャールズ・バベッジが登場する。
 数学に造詣の深いバベッジは、数表の作成のために、演算装置と印刷装置を組み合わせた階差エンジンと呼ばれる機械式の計算装置を作り上げたのである。

h29/1/31

           オイルフェンス


 以前にタンカーの油流出事故が問題になったことがあった。
 たしかロシアのタンカーが座礁して積んでいた油が流出し、多大な被害を被った。日本海沿岸にその油が漂着して、あわててオイルフェンスを設置したり、油処理剤を散布したりしていた。
 油は当然海水より軽い。一度流出すると、海面上に広がって収支がつかなくなる。だから、流出直後に、その油が拡散しないようにすれば、被害を最小限にとどめられるのではないか?
 今現在ある対処法は、すべて拡散後の対策である。何かよい方法はないだろうか………。
 思いついた。浮き袋のお化けを作ったらどうだろう?
 巨大な枠状の浮き袋を作るのである。ただ、このままでは運搬に不便である。それで、通常は折り畳んでおいて、イザと云うとき、これを海中に投入する。その浮き袋にはコンプレッサーが内蔵されていて、投入を感知して作動し、空気を浮き袋にドンドン送り込むのである。
 自転車の車輪を思っていただきたい。あの真ん中にコンプレッサーと電源があり、そこからスポーク状のチューブが四方八方に突き出ていく。
その先にはT形の部分があって、徐々にふくらんでいく。完成時はちょうど車輪のような形になる。投入して数分でこの形になれば、速やかに対処できる。
 抽出した油の中心めがけてこれを投げ込めば、この油は巨大な浮き袋の中に位置して、枠外への流出はなくなる。
 今度は油吸引機の出番である。この枠内の油をドンドン吸い込んで貯留する。大きさは直径100mかそれ以上あれば、必要に応じていくつか用意しておけばよいと思う。
 ここで一つ問題がある。それは、海が荒れたとき、どうやってその流出現場に近づくかと云うことである。

 普通の船では揺れが大きくなり、横波を受けて転覆でもすれば一大事である。どんな荒波でもスイスイ航行できる船はないものか?
 一つある。潜水艦である。しかし、それでは甲板作業は無理である。
 そこで思いついたのがカタマラン方式、つまり双胴船である。
 そして、胴体部分を長く高く作るのである。ただそのままだと横波をまともに受けるので、胴体部分は潜水艦方式で水中に沈め、この胴体から2本の太いパイプをそれぞれ立ち上げ、パイプ上部に甲板をつける。エンジンは胴体内に置き、必要な空気は甲板部分から取り入れる。
 こうすれば、いかなる荒波でも船は揺れることなく、目的地にたどり着ける。また、甲板中央に空隙を作り、ここにウィンチを取り付ければ、荷の上げ下ろしも容易である。人命救助にも役立てることができる。
 よいことずくめに思うのだが、建造費がどうなるかが問題である。
 しかし、これを数隻造って、要所に配備すればずいぶんと役に立つと思うのだが……。
h28/12/28

        囲碁と発明


 囲碁を覚えたのは、学生時代である。
 同じ下宿の人から教えてもらった。帰省したとき、囲碁を覚えたことが父に知れて、以後、帰省の度に手合いをさせられた。
 今から思えば、父の腕前もあまりスジのよいものではなかったが、下手いじめがうまく、やっつけられて悔しい思いをしたものだ。
 最初は井目(9子局)から始まり、すぐに7子局くらいにはなったが、そこからあまり進歩せず、しかし徐々に近づいてようやく5子局くらいになった。
 東京から北海道に帰ってきて失業状態が長く続いたが、時間つぶしに碁会所がよいを始めるようになった。すると、めきめきと上達してやがて父より上手になった。
 囲碁は白石と黒石とを交互に打ち合って陣地の広さを競うゲームである。ルールは単純だが、いろんな局面があり、奥の深いものである。
 普通に打っていれば5級くらいにはすぐになれる。
 石の形を覚えるとさらに上達して、1~2級くらいになる。
 そのあとがちょっとした壁になる。1級から初段までに時間がかかる。 盤面全体を見て打てるようにならないと有段は難しいのである。
 碁を打つとき、読みと感覚が大事である。石が混んできて、1手1手がしのぎをけずる場面では読みの力が威力を発揮する。こう打つと相手がこう来る。するとこう打てばこうなるのでは?この力を鍛えるのに有効なのが詰碁である。
 石の死活などはこの読む力の差が大きいと思う。
 一方、打ち始めのうちは石が混んでいないので、読みよりは感覚というか大局観が大切となる。全体の形やバランスを見て着手点を決める。 囲碁の覚えはじめは、とにかく数多く打って経験を積む。するとドンドン上進する。しばらくすると、上達が停滞するようになる。
 欠点をそのままにしているのである。いろいろ学んで効率的な石の働きを知るとまた上昇して先に進むことができる。
 さて、発明の場合はどうだろうか?

 発明も同じようにとらえることができるのではないだろうか?
 昔から、よい発明をするには、たくさんのアイデアを出して、その中から選べばよいと云われている。私もそう思っていた。
 ところが、ある本によれば、数多くの案を出すよりも、眼力を養うのが大事で、数多く打てば当たる方法は意味がないとある。
 さて、どちらが正しいのかといろいろ思案したことがあった。
 その結果、たどり着いたことは、「発明は、ニーズキャッチと、解決案の二つから成り立っている」ということである。
 つまり、発明のネタを見つけるニーズキャッチの段階では、眼力や観察力がものをいう。その次の解決案の段階では、様々な案を出して、その中から選ぶことが必要となる。
 今まではこの2つを区別せずに考えていたのである。
 そして、とりあえず最初のうちは場数を踏んでみる。たくさんトライする。それから今度は、よい発明と自分の案を見比べて、比較検討する。
 アイデアのみにとらわれず、製作工程なども視野に入れて考えてみる。そうすることで、よりよいものになるのではないだろうか?
 囲碁と発明、一見無関係のようだが、どこか共通する部分があるのかも知れない。
h28/10/29(ずいぶん前の話です)

      
はじめて発明が採用?


 秋は行楽のシーズンで、どこの行楽地もにぎやかである。いつも家族で近場へ出かける。あるとき、登別へ行くこととなった。マリンパークとかで水族館があり、それを見てから昼時になり、芝生の上で昼食となった。お弁当を広げ、自動販売機から缶ビールやジュースを買ってきてみんなで飲食した。
 芝生の上にシートを広げて、その上に缶ビールなどをおく。しかし、地面が平ではなく、どうにも危なっかしい。下手をすると倒してこぼすかもしれない気がして、少し落ち着かない。
 帰ってきてぼんやりしていると、突然思いついた。そうだ缶スタンドを作ろう。
 いろいろ考えて浮かんだのは、キャラメルの外箱を大きくしたものの上に、穴をいくつかあけ、その穴に缶ドリンクを差し込めば倒れないというものだった。
 サイズをいろいろ検討し、とりあえずはティッシュ箱を利用することにした。紙コップでも使えるようにと、種々のサイズのコップを買ってきてどの紙コップにも使える穴の大きさを計算した。すると、内径60mmと70mmの2つでだいたいOKである。
 ホームセンターから材料を仕入れて製作に取りかかった。で、一つのケースに3個の穴をあけたものを2つ作り、これをテープでつないでみた。
 合計6個のサイズ違いの穴があるので、少人数であれば役に立ちそうだ。実験してみると、なかなか具合がいい。 
 使用しないときは、押して平たくし、テープのところから折り畳むと、ちょうどティッシュ箱のサイズになる。(厚さはずっと薄い)
 これはよし!と思い、早速出願した後、各社に売り込んだ。
 すると、数社から返事が来たが、その中の1社は、今検討中で少し時間がほしいとのこと。しばらくして、採用したいとの返事が来た。
 私の試作品は段ボール主体であり、その会社も段ボール関係の企業である。ほかにもアイデアが寄せられていたが、総合的に判断した結果、貴方のアイデアを採用することになりましたとある。
 ヤッター!念願の発明商品化の道が開かれたと思い、思わず両手でVサインをした。

 それから、その企業の支店が札幌にあるとのことで、見に行ったりした。そして、そこで作った試作品も送られてきたが、どうも私の作ったものとは違う。その後もその会社といろいろやり取りしたが、結局商品にはならなかった。
 要するに、その会社が直にスポンサーになるのではなく、その関連会社にスポンサーにならないかと持ちかけてOKになれば、商品にするということだったのである。従って、その会社がスポンサーをつのったのだが、見つからずお蔵入りとなった次第。
 残念だったがこれもよい経験になった。
 それ以後も、行楽のたびにこの発明品を持ち込んで使っている。
 これを使っているのは、日本で自分たちだけだと思いながら……。

h28/1/30

        アイデアリストから④

○買い物袋の車用ホルダー

 
スーパーで買い物をすると、食品などは白色のシート袋に入れて持ち帰る。車で来ていると、一人のときは助手席にその袋をおく。
 この袋にはベロがあって、それを結ぶと中身がこぼれなくなるが、めんどうである。そうすると、カーブを曲がったり、急ブレーキのときは、袋が倒れてこぼれそうになる。
 それで、車の座席にすっぽりかぶせるシートを布で作ってもらった。
そのシートの前側にはポケットがあって、ポケットの入りロにはゴムひもが入っている。このポケットに例の袋を入れるのである。
 すると、ゴムで押さえられて安定し、倒れることもなく便利だ。
 一般の手提げ紙袋もすんなりと入る。これはもう数年間以上使っている。
 こんなものをつけている車は、日本で自分一人だろう……と勝手に思って満足している。(企業に売り込んだが、採用にはならなかった)

○車識別子
 
広い駐車場に車をとめて、買い物などを済ませてさて帰ろうとするとき、自分の車を探すのに手間取った経験はないだろうか?
 たいていは見当をつけて歩いていき、あたりを見回して見つけると思うが、ときには見つからなくてうろうろすることがある。
 特別な色とか、何か特徴があれば探しやすいだろうが、なかなかそうもいかない。ところで、車の屋根にはアンテナがある。このアンテナになにか目印になるものをつけたらよいかもしれない。カラーボールとか、旗とか……。
 あるとき、パーキングでそのカラーボールをつけている車を見た。
なんだ、もうあったのか……。しかし、すべての車がこれをつけると、結局同じことになるのでは……
 また、今ではスイッチONで車のドアが開くから、それを改良して車の位置が分かるものを作ったらよいかもしれない。

○音の博物館
 
博物館には昔のいろいろなものが展示されている。しかし、形のないものは展示のしようがない。音も昔の風物詩になるのではないか?
 金魚売りの声、バナナのたたき売り、とうふ屋のラッパなどなど。
 そこで、これらの音を収録して、スイッチ一つで再生できるようにするのである。昔の著名人の肉声、活動写真時代の弁士の声、古老の昔話などいろいろあると思う。

○ワイヤレスイヤホン
 
深夜などにテレビを見るとき、音量をしぼって聞くが、イヤホンを使うとよりクリアーに聴ける。だが、このイヤホンにはコードがついていて、ぶらぶらしてじゃまである。そうではなく、ヘッドホンスタイルにして、無線で音が聴けたら便利だ………とずっと思っていたら商品として販売になったらしい。
 まだ入手はしていないが……。

○ウォータージャケット
 
夏は暑い。薄着をしてもまだ暑い。何かかんたんに冷やす方法はないか?屋内であれば、扇風機やクーラーが使えるが、屋外ではそうもいかない。水の気化熱を利用すればよいかも……というわけでメッシュ生地の中に吸水素材を入れて、水を吸わせ、外出時に着ると涼しいだろうと思った。だが、これも某社から新商品として出たようだ。何でも、ボーシにも同様の仕組みのものもあるようだ。

○四色囲碁
 
囲碁は白色と黒色を使ってする陣取りゲームである。
 やり出すとなかなか奥が深いものがある。3人いると、二人が対戦し、残りの一人は見物と言うことになる。
 この2色の囲碁を3色とか4色にできないか?
 できれば、3人でも4人でも同時に楽しめるではないか。
 早速実験してみた。白石にグリーンの色をつけて、3色スタイルにしてみた。最初は問題なく進み、これは面白いと思った。しかし、石が込んでくるとなにかヘンだ。アタリにして石を取るときスムースにいかないようだ。コウのときも何かあやしい。ゲームのルールを変えれば、あるいはうまくいくのかもしれない。

h27/12/25

      アイデアリストから③ (10年以上前のアイデアです)

○ゲレンデウィンカー
 ゲレンデで滑るとき、スキーヤーがいっぱいのときは、下手に曲がろうものなら危うくぶつかりそうになる。とりわけ、初心者向けの緩いスロープは人が多い。 安全に滑るにはどうしたらよいのか………と考えていたら、ウインカーを思いついた。車のウインカーのようなものを両肩につけて、ストックの上にスイッチをつける。
 曲がろうとするとき、その方向のストックのスイッチをONすると、ウインカーが点滅して、後方のスキーヤーに注意をうながすことができる。
 だが、よく考えてみると、スキーを思うように操れない人がぶつかるのであって、曲がる方向を知ったとしてもさけてくれるかは疑問である。
 よって、これは珍発明のたぐいとなった……トホホ……

○パーティに使う肩章
 名札をつけてパーティに出ることがある。
 氏名や所属が分かって便利である。ところが、正面から見ないとわかりにくい。ましてその人が誰かと話していると、名札をのぞき込むのもはばかられるし、そうでないにしてもまじまじと名札を見てから、知らんぷりもしにくいものだ。
 そこで、この肩章の出番である。
 弱い粘着剤のついた紙を、人の肩に前後に振り分けるように貼り付けるのである。その紙の前と後ろには同じ情報、氏名、所属、関心事などを明記しておく。
 そうすれば、前から後ろからその情報を知ることができて、便利と思う。
 デザインに工夫すれば、スッキリスマートになるのでは?

○クリップ式携帯クツベラ
 クツべラは単機能商品の典型で、靴を履くときのみ有効である。
 (着脱兼用というのもあるが)
 しばらく前に、ある会合で飲んだことがあった。そこは靴を脱いで上がるスタイルだった。終わってさて、帰ろうと自分の靴を探したが見つからない。どうやら先に帰った人が間違えて履いて帰ったらしい。
 靴のサイズが違えば、はいてすぐ分かりそうなものだが、たぶん似たサイズで、酔っていたので間違えたのだろう。
 仕方なく、残っていたその靴を履いて帰った。ただ、幸いかどうか、その靴は私のより上等なものだったが……。
 で、例によって考えた。どうしたら靴の間違いを防げるか?
 あれこれ考えてでた結論は、クツ誤認防止機能付きのクツベラだった。
 普通の携帯用クツべラの下側中央に、スリットをつけたのである。
 普通のクツべラとして使ったあと、このスリットを左右のクツにまたがせて差し込む。するとクツベラのついているクツは他にはないから、自分のクツだとすぐに分かるし、他の人はこんなもののついているのは自分のクツではないとわかり、双方に便利だ。……と思っていたら、ある落語家が似たようなものをすでに商品化していた。 残念……
h27/10/31

        アイデアリストから②

  (10年以上前のアイデアです)

続きを書いてみる。
○伸縮おしぼりパック
 おしぼりは、よくポリエチレンに封入されて出てくる。
それを破って取り出すが、取り出したあとの袋はじゃまなだけである。
 風でも吹けば、テーブルから落ちてしまう。
それで、この袋が伸縮するようになっていれば、取りだし後は小さく縮まるので、後処理が楽になるのではと考えた。
(どうやって作るのか?)
また、ストロー袋も同様になればよいかと思う。

○潜在意識活用手帳
 サブリミナルテープというのがある。
音楽などとともに、小さなささやき声を入れ込んだものらしい。これを聴くと、そのささやく声の影響があるという。映像でも同じようなものがあるようだ。
 そこで、手帳に薄い小さな文字を一面に印刷しておく。
 たとえば、「私は成功発明者だ…」「私の発明は世に広まる…」などなど。そうすると、手帳を使っていれば、知らず知らずのうちに、その文字の影響を受けて、そうなってしまう……。(実験していないが、どなたかテストしませんか?)

○車内で使う、振動でキスする人形
 置物スタイルで、電動のものは見たことがある。
 これは、たとえば車内のフロント部分に載せて使うもので、走行中の振動で男女の人形がキスをする。少したつと離れ、またキスする。(動力は使わない)
 しかし、離れるようにするのはどうするのか分からなかったので、そのままになってしまった。

○缶がたてに出てくる自動販売機
 コインを入れてボタンを押すと希望のドリンクが出てくる自動販売機。しかし、ほとんどは横になって出るので、取り出しにくい。
たてに出れば簡単に取り出せる。(もうすでにあるかもしれないが…)

○拍手テープ
 カラオケで一曲披露したとき、盛大な拍手がもらえるとは限らない。
観客が少なければ、パラパラとさびしい。
それで、歌い終わりを感知して、録音済みの拍手テープを流すのである。 (かえってシラケルこともある?)
 ほかにも歓送迎会などに使えるかも?

○自分出演カラオケケテープ
 曲想にあった情景に、自分か出演しているテープを作り、そのテープをかけて自分か歌うもの。(準備が大変かもしれない)

○オプティカルハット
 ボーシの中に、光ファイバー発光器を内蔵させる。あるいは発光ダイオードでもよい。町中でチラシ配りをするときなど、これをかぶると、ピカピカ光って注目を浴びる。(とくに夜)一般の人が使ってもよい。
夜の一人歩きのとき、日立つので、交通安全にもなる。
 (人の目を気にしない人向き)

○くせ宇登録OCRソフト
 白紙になぐり書きをして、それを見ながらワープロソフトで打ち込んでいる。このとき打ち間違えがときどきある。また、スキャナーがあるが、認識率は100%ではない。
 そこで、自分のくせ字を登録しておけば、スキャナーに取り込んで高度の識字率となり、わざわざ打ち込まなくてもすむ。……と昔から思っていたら、最近は音声認識のがでたようで、必要度が薄くなったかもしれない。(この音声システムはまだ使っていない)

○ミラー名刺
 外出時、訪問時に鏡を持っていることは、男性の場合は少ないと思う。名刺の裏が鏡になっていたら、手軽に使えてよいのでは?
 あるとき、某発明研究会の会長さんから名刺をいただいた。
それは、名刺にレンズをはめ込んだもので、小さな字もよく見える。
 なるほど、この手があったか。すると、この二種の名刺があれば、鬼に金棒、名刺にレンズとミラー……

○ファッション眼帯
 眼科帰りの人が、よく白色の眼帯をしている。
形は決まっていて、なんだかいかにも私は病気ですという感じである。
この形を、たとえばハート形、花形とかにしたり、白色以外にピンク,ベージュなどにするのである。あるいは、いろんな図柄を書くのである。
遊び心が生まれてよいかと思うが……。
 マスクも同様に考えられると思う。
 勇気のある方は、試してみてください。

h27/9/28

        アイデアリストから①



エッセイもいろいろ書いてくると、ネタがなくなってきた。
もうすべて書き尽くしてしまったような感じである。
さて、どうしたものか? としばらく考えていたら、ひらめいた。
そうだ。過去のメモ帳を見てみよう……。
それで、今まで数百件のアイデアをメモしてきたが、その中からいくつかピックアップしてみた。(今から20年以上前の案です)

○手形・足形はえたたき
 普通のはえたたきは、四角い網状の板に柄がついている。
 この四角い板を手の平形や足の形にしたら面白いのでは?

○先の曲がったつまようじ
 つまようじは木製で、まっすぐな細棒である。
 だから使うとき、歯の位置によってはうまく使えないことがある。先を少し曲げてやれば、使いやすくなるに違いない。……と思ったが、製造は木では難しそうだし、プラスチックだと衛生面やゴミ問題が起きるみたいで、そのままにしてある。

○ダイエットスプーン                         
 ダイエットのために、糖分を控えることが多い。砂糖をスプーンですくうとき、普通のものでは加減がめんどうである。そこで、中央をくりぬき、その周囲をとい状にしたらどうか?普通にすくっても、そのとい状部分だけに砂糖がのるので、少量となるから安心して使えるのでは?

○みそチーズ
 みそラーメンにバターを加えたみそバターラーメンがある。
 コクがあってけっこういける。バターもチーズも原料は牛乳である。
 となれば、チーズにみそをプラスしてみそチーズというのはどうだろう?
(実験はまだしていません)

○携帯用薬バッグ(薬の財布)
 以前に通院していたとき、紙の小袋に薬を入れて渡された。どこの病院でも大体同じ方法である。薬を飲むとき、ガサガサと袋を開けて取り出す。部屋の中ならまだいいが、外出時に飲むとき、この小袋ごと携帯するか、薬のみをポケットにでも入れるかである。
 そこで、よくある二つ折りの財布を加工して、ポケット内にビニールチャックを貼り付け、小さなポケットをたくさんつけたものを作った。
そのポケットに薬を入れてスーツ内に納めておく。
 薬を飲むときは、おもむろにこれを取りだし、薬を出して使用する。
 これは実際にテストし、自分で使って重宝している。(出願済み)

○タイマー付ガステーブル
 調理でガステーブルを使うが、他の作業をしていると時間を忘れて煮すぎたりする。それで、タイマーでガスの使用時間をセットできれば、自動的に必要な時間だけガスを使うので、煮すぎることなく、経済的にガスを使えるのでは?

○ファッションしびん
 しびんはだいたいの形状が決まっていて、機能優先な商品と思う。
 使用者は、あまり人に見せたくないものらしい。
 そこで、このしびんをカラフルかつユニークな形にするのである。
 たとえば、ソウに似せて本体部分を仕上げ、ソウの鼻を少し上に持ち上げた形にする。この鼻に局所をあてがって用を足す……というのはどうか? ほかにもいろいろ考えられると思う。
 隠すよりも見た目に楽しいしびんはいかが?
 と、ここまで書いてきたが、実は先願調査も商品調査もしていない。
もっと良いものがすでにあるのかもしれないが……。

 メモは大切である。メモしないと忘れてしまう。
 私は、日付を入れるようにしている。またときにはイラストを入れる。
あとで思い出しやすく、いつ考えたのかもわかり、そういえばあのときは何をしていたんだっけ………と感慨にふけることもできる。
  みなさん、メモしてますか……

h27/8/29

            
「7年サイクル」


 物事には周期がある。人為的なものもあれば、そうでないものもある。
 オリンピックは4年ごとに開催される。景気にも周期があるらしい。
 そうすると、人生にも周期があるのではないだろうか。
 そこで、7年サイクル、つまり7年周期というのを考えてみた。
 この世に誕生して7年たつと小学校への入学となる。さらに7年たつとちょうど思春期であり、また7年たって21才になれば、社会に出る時期である。(多少の早い遅いはあるが)
 このように考えていくと、7年サイクルで状況が変化するのではないかという気がしてくる。人生を77年~84年と考えると、(人によって異なるが)7年周期が11~12個集まってできているということになる。
 で、4サイクル(28年)のころは結婚の時期だし、6サイクル(42年)は厄年で、サラリーマンの場合は先行きがそろそろ見えてくる時期でもある。8サイクル(56年)では定年間近であり、9サイクル(63年)のころになると、現役を退いて、自由の身となる。
 このように、7年サイクルで考えてみると、何だか具合がよいように思う。
 最初の3サイクル(21年)は一人前になるための養成の期間、その次の6サイクル(22年~62年)は人生の活動期、そして残りの2~3サイクル(63年~76年または84年)は休息の時期ではないだろうか。
 自分の経験を振り返ってみても、この7年サイクルが当てはまるような気がする。
 では、なぜ7年周期なのだろうか。5年とか9年の周期ではないのだろう?
 そこで思い出すのは、完全数である。(約数を足しても同じ数になる)そうすると、6年周期でもよさそうであるが、物事はデジタル的に"ポン"とは変化しないのではないか。変化の間のつなぎの部分が必要なのではあるまいか。これを1年とすると、1+6=7で7年周期となってつじつまが合う。
 さて、人生にはいろいろと試練の時や好調のときがある。
 22才~62才の活動期をサイクルで考えるとほば6サイクルである。
 このうち、試練期をIサイクル、好調期Iサイクル、ほどほどのときを4サイクルと仮定する。すると、たまたま試練期であっても、7年以内に脱出できると思えばどうか。あるいは好調期にあっても、7年すぎると変化すると考えれば、流されずにすむのではないだろうか。
 また、7年たてば状況が変わるのであれば、それに備えておくということもあるかもしれない。

h27/7/29

          
「1/5の法則」


 書店で「20対80の法則」という本を見かけた。
 これを見て、ふと思い出したことがあった。
 だいぶ前から、1/5の法則というのがあるのではないかと、何となく思っていたのである。人間の集団や組織があるとして、その中で熱心に活動するのは、全体の二割なのだそうである。逆に、不活性なのが二割で、ほどほどなのが六割とすれば、つじつまがあう。
 また、肉食動物は草食動物を捕食して生きているが、獲物に襲いかかって、見事にしとめるのもやはりI/5の確率であるというのである。
 さて、ではなぜI/5なのだろうか。
 そこで思い出したのが6という数字である。
 たしかピタゴラスだったと思うが、完全数というのを提唱した古代の学者である。彼は6という数を完全数と定義した。6の約数(割り切れる数)は、1と2と3である。この約数をすべて足すと6になり、またすべて掛け合わせてもやはり6になる。それゆえ、この6を完全な数としたのである。
 周囲を見回してみると、この6という数が自然界において、重要であることに気付かされる。まず、蜂の巣は六角構造である。この構造は耐久性に富んでいて、この六角を取り入れたボードも開発されている。
 雪の結晶もやはり六角形が基本となっている。空中に浮遊する微細なチリを核として結晶に成長するのだが、どういうわけか自然に六角になるのである。花びらも六弁のものが多い。鉛筆の断面も六角形である。 こうしてみると、この6という数が、神秘的に見えてくるから不思議である。
 さて、そこで6分割の法則というのを考えてみた。
 あらゆるものは、2分割、3分割が可能であるという考え方である。二つに分ける考え方は、昔から陰と陽、プラスとマイナスなどで知られている。三つに分けるのは光の三原色や、何とかの三要素などである。
 二分割ができ、かつ三分割ができれば六分割も可能になる。そこで、ある集合体をまず6つに分ける。
 6段階に分けるのである。で、最上クラスの手前のクラスをさらに6段階に分けて、その中の最上部分を、先に分割していた最上クラスと合体させるのである。
 つまり、1/6+1/36である。これを次々と繰り返していくと、1/5に無限に近づき、結局1/5とイコールになる。これが、1/5の法則の基本原理ではないかと考えている。

 さて、千に三つというコトバがある。
 発明がヒット商品となる確率である。なぜ、千に三つなのか考えてみた。1/5を少しゆるめて、1/4~1/5としてみる。これを一つの壁と考えて、この壁が四つあるとすると、1/4×1/5×1/4×1/5=1/400となり、0.25%となって、近似的に0.3%つまり3/1000となるのである。
 ということは、4~5分の一が越えられる壁が四つあると考えて、この壁を一つ一つ乗り越えて行けばよいのである。千三つと思うと大変そうであるが、このように分割して考えると、できそうに思えてくるものである。このやり方は、他にも応用が利くと思うので、いろいろ試してみてはいかがだろうか。

h27/6/29

         「初めて食べた人」


 人はいろいろな食物を口にする。
 地域、国別、年代、時代などで食材は異なるが、ほとんどのものが食されている。しかし、いったい最初に食べたのはどんなことからなのだろう。
 日本人の主食は米である。今では栽培されているが、大昔よりもっと前は、たぶん野生の原種だったに違いない。生ではかたくて歯が立たない。これをそのまま食べていたのだろうか?
 いや、焚き火というのはしていたろうから、そのそばに稲穂を立てるか、おき火に投げ込むか、あるいは穴を掘って中に埋め、蒸し焼きにしたりして食していたのではなかろうか。
 なまこは酢料理として一般的である。外見はグロテスクで、最初はとても食べる気にはなれなかったと思うが、始めて食べた人はどんな状態で、どんな方法で食べたのだろう。
 有毒かもしれないものを、警戒なしに食べるとは考えにくい。
 漁をしたついでに、このなまこを手に入れたが、だれも気味悪がって食べようとはしない。それで、浜に投げておいた。それを腹を空かせた犬が様子をうかがっていたが、ついに決断しておそるおそる食べてみる。食べても別に何ともないので、別の犬もそれに加わる。
 これを見ていた人間が、これは安全だと思い、我慢して食べて飢えをしのいだ。これが習慣化し、また調味料も研究されて、現在のようになった……。
 などと推測したが、いかがだろうか?
 キノコも同様に考えられると思うが、ただ有毒種が結構ある。
 有毒かどうかは昔は食してみなければわからなかったに違いない。
 すると、多くの人が毒キノコを食べて命を失い、その上に現在のキノコ判別があるのではないか。今でも有毒か無害かはっきりしないキノコがあるという。
 野菜サラダなどによく使われるトマト。このトマトはたしか南米原産と記憶しているが、ポピュラーな野菜である。
 これが世界に広まったが、アメリカにも輸入された。だが、あの真っ赤な色が災いしたのか、はじめはだれも食べようとはしなかったという。有毒だとの噂も立った。そこで、当時の有力者が公衆の前でトマトを食べて、無害で美味なることを証明して、それから一般に食べられるようになったらしい。これから思うに、やはり未知のものには人は警戒心を持つので、最初はなかなか普及しないもののようだ。
 ところで、発明は半歩前進したのが受け入れやすいと言われる。
 2歩も3歩も進んでしまうと、人々の感覚が追いつくのに時間がかかるようだ。そのため、商品化してもあまり売れずにじり貧になることもある。しばらくたって、別の人が改良して売り出すと、飛ぶように売れたなどということもあるようだ。
 発明にもタイミングが必要なのかもしれない。

h27/4/30

           「転職経験④」


 日曜発明学校の事務局は、小野寺さん自宅の二階にあった。
 そこは札幌市中央区の一角であったが、近々その家を売却するという。そこにビルが建つことになり、家を売って別の場所に建てるというのである。一階をとりあえずは臨時の事務所として使い、新築の家は一階の半分を食堂(定食屋)に使い、もう半分を発明工学会の事務所にするということだった。
 スタッフを集めて女の子一人を含む4人でのスタートとなった。私は生まれて初めてのチーフ役として活動することとなった。小野寺さんのコネで商工会議所会員のリストを入手し、工学会宣伝のDMを送り、会員募集にて200名ほどが入会した。
 発明特許の指導機関としてスタートしたのである。
 昼食は近くの海鮮居酒屋のランチが主で、バイキング方式でマグロの刺身を大量に食したものである。新築の家は円山地区で、一階には共同のトイレがあったが、食堂と事務所の共用で、入り口が二つあるという珍しいものだった。
 民間で特許関係の資格があるが、その受験セミナーを定山渓で一泊二日で行っていたが、私も臨時講師としてお手伝いした。しかし、30分も話すとのどがからからになって不調になったことがあり、それ以降はきちんと台本を作り、セミナーと同じ時間配分で練習してからはうまくいくようになった。
  発明展にも参加した。スタッフとして展示物の管理や受け入れと発送には、以外と手間のかかるものである。満月会という、発明に関心のある人たちが集い、一献傾けながら胸襟を開いてコミュニケーションする会合があって、ときには外部講師を招いて話をしてもらったりした。
 方向性を同じくする人同士は、すぐにうちとけができて楽しいものである。お互いに未来志向なので、和やかに話が弾む。一つとして同じ発明はなく、各人各様に取り組んでいる。発明をしていると、あるときピカッとひらめく瞬間がある。まるで眼前の霧が晴れていくように感ずる。これがまことに気分爽快なのである。
 今、この瞬間に、こんなことを思っているのは日本中で自分だけはないかと勝手に想像すると愉快になる。これが発明進展の原動力かもしれないと思う。
 日曜発明学校は、札幌では毎月第三日曜日に、中央区民センターで午後一時から五時まで開いており、大体毎回20名ほどが参加している。発明の講義や発明発表(希望者)そしてアイデア商品のテストなどを楽しく行っている。発明は一人でコツコツ取り組むことが多いが、他の人の発明情報も結構参考になったりする。また、毎回参加するメンバー同士で交流ができて楽しいものである。


 あれから多くの年月が過ぎた。
 恩師の小野寺氏も亡くなり、今は後を継いでこの組織を運営している。当初いたスタッフもちりじりになり、事務所を移転し、私一人で活動している。
 今想うと、人との出会いは不思議なものである。
 最初会ったころは、まさかこんなふうになるとは思ってもみない。
 しかし今になれば、その影響の大きさに感嘆するのである。月例会の講師として緊張して講義したこと、札幌近郊の温泉で行った一泊二日の講習のこと、小野寺さんの代理として講演したり、何度かTVに出演したことなどが思い出されてくる。
 今想えば、いろんな経験が今の仕事に生きているように感じている。  技術屋として設計していたこと、セールス経験、そして昔、発明に取り組んでいたこと、そのすべてが今役立っているように思う。長い回り道をしているなと思ったこともあったが、無駄ではなかったのである。
 発明の相談をして、相手が満足して帰っていくとき、この仕事を選んでつくづくよかったと思う。よき人達と共に歩みながら、夢と希望に続く道を進み続けたいと思っている。
 (多くの人に助けられたこと感謝いたします)

h27/4/11

          「転職経験③」


 相変わらずのブラブラ暮らしが続く。
 朝、ゆっくり起きてぼうっとする。
 昼飯を食いながらTVを見る。そのころは、12時からベルトクイズQ&Qとかいうのをやっていた。そのあと、連続ドラマのおりんを見る。
 そして、徹子の部屋を見て、終わると散歩に出かける。それが日常の生活パターンとなっていた。
 さて、そのうちに、隣の親戚から、いずれ部屋を出てくれと言ってきた。取り壊してアパートを建てるのだという話である。だから、早いうちに仕事を見つけろと言う。そんなころ、電話がかかってきた。生命保険会社からだった。前に損保代理店に勤めていたとき、その会社では生命保険も扱っていたので、講習を受けたことがあった。その講習者のリストを見て、外交員として働かないかという話だった。
 渡りに船とはこのことで、そこに入ることにした。
 再び、講習を受けた後、商店をおもに飛び込みセールスからやらされた。班長というのがいて、その人とともに店を回る。店に入って話をするが、簡単には保険に入るとは言わない。しばらく話をしていて、班長がコトバを投げかけたら、すんなりと入ってくれた。そのときは、魔法でも見ているかのような気がした。後からそれはクロージング、つまり客に決断させるコトバであることがわかったのであった。
 そのK保険会社は、業界では10番目くらいの規模であり、掛け捨て保険が主力であった。
 ロールプレイイングというのをやらされた。
 スタッフの一人が客になりすまし、他のスタッフがセールストークをするというものである。何度かこなすうちに慣れてきて、あるとき、一人で店に入り、話をしたら、すらすらとコトバがでて、契約を取ったことがあった。この会社には9ヶ月ほどいた。成果が上がらないと、給料が減って行き、辞めざるを得なくなるのである。

 ちょうどそのころ、前の部屋を出て、その親戚の友人が経営しているアパートヘ移ることになった。
 今から考えると、断熱材のない古い木造の家で、冬になると日中でも水を落とさないと凍ってしまう。それで、大きな四角いポリバケツを購入して、そこに水を溜めておき、ひしゃくですくって使っていた。ある寒い日に、蓋を開けてひしゃくですくおうとして入れたら、とたんに水が凍り始めてみるみるシャーベット状になった。初めて見たときは驚いたが、あとでこれは過冷却状態であることがわかった。水は零度で普通は凍るが、静かにした状態では零度以下でも凍らない。刺激がくると突然に凍るのであった。
 また、雪が降ると家の外壁に集めるようにした。この雪が断熱材の代わりとなって暖かいのである。
 移ってまもなくのころ、隣の部屋へ、私と同年輩のある男性がたずねてきたが、不在だった。トントンと私の部屋をノックし、その部屋の住人について尋ねてきたので、話をしているうちに長くなり、私の部屋へ招き入れていろいろと話をした。
 彼は、電気店をやっていた。そのうちに親しくなって、こちらも暇なので彼の店の手伝いを臨時にしたりした。そうしながら、またA生命に外交として働き出すことになった。しかし、保険の外交と電気店の手伝いを、いったりきたりしているうちに、どっちつかずになり、結局、両方ともに縁が切れてしまった。
 そのアパートの大家さんも、昔、A生命の外交をしていたらしく、印鑑をたくさん持っていた。ノルマ達成のための架空契約なども覚えて、ずいぶん印鑑の世話になったものである。
 そのころ、ある雑誌でお茶の通信販売を見つけて、代理販売をすることにした。ハイビスカスの花茶で、美容と健康によいというもので、試したところ効果があったのである。札幌市内の分割地図をいろいろ買い込み、車で幼稚園や保育園、一般家庭などをずいぶん回ったものである。 しかし、なかなか売れず、売り上げはガソリン代にもならなかった。
 またそのころ、K生命で知り合った知人に頼まれて、損保代理店を始めたりした。その友人の客を受け持つことになったのである。
 講習を受けて普通資格を取ったりしたのだが、しかしこれもあまり収入にはつながらなかった。

 そこで、年が明けると、宝石の訪問販売会社へ勤めることにした。占いに観てもらったところ、美的方面がよいということだったからである。
 ここは、―ヶ月少しの間、勤めて辞めた。成績不良で追い出されたのだった。その後、三日間だけアルバイトをした。
 消化器の詰め替えのセールスである。ちょうど厳寒期で、長靴で外を歩き回ると、足先がジンジンしてくる。そんなとき、偶然にもある発明家と出会ったのである。その発明家は、消火装置の発明研究をしていたので、セールスにきた私に自分の発明を聞いてもらいたいというのであった。
 東京にいたころ、発明に興味を持って、研究したり、特許関係の資格を取ったりしていたことが思い出された。そして、これを契機に、次第に発明に関心がもどっていく。当時、貿易にも関心があり、通信で商業英語の勉強をして、海外のカタログを取り寄せたりしていたのだが。
 発明特許の分野で取り組んでもうまくいくかどうかはわからなかった。
 しかし、もうこれ以外に選択肢は無いと思った。やるしかない。
 決心したとき、心の奥底で何かがうごめくような感じがした。
 これでいこう。そう決めたのだった。

 札幌に日曜発明学校というのがあることを知り、そこへ出かけていった。そこで会長の小野寺という人物に出会う。この人との出会いが、私の人生を変えたのだった。
 いろいろと相談に乗ってもらい、助力を受けることになる。その後、M生命に10ヶ月ほど勤めた後、特許管理研究所を作り、特許調査を主体に活動を始めることになる。企業リストを作って飛び込み訪問をしたが、以前のセールス経験が役に立った。50軒回って成果は2件ほどであった。しかし、どこでも丁寧に話を聞いてくれた。
 半年くらいたったころ、今度新たに組織を作るから来ないかと小野寺さんから誘いを受けて、その発明工学会のスタッフとして参加することになった。
 小野寺さんは、発明啓蒙に尽力されていたが、さらに具体的に指導をする機関の設立を考えていた。企業や発明家向けのコンサルティングが主体の組織であり、昭和61年にスタートしたのであった。
h27/3/13

             「転職経験②」


 数力月が過ぎて、春になった。
 このまま、無職状態を続けるわけにも行かないので、しかたなく職を見つけた。そこは、玄関フードのメーカーであった。
 北海道では雪が降り積もると、玄関先に雪がたまり、出入りしにくくなる。ドアが開けにくくなるのである。だから、しょっちゅう雪かきをしなくてはならない。この玄関フードというのは、アルミ枠にガラス板を取り付け、これを四角の箱形にして、玄関先に取り付ける。そしてその前面は引き戸になっている。だから、これを取り付けると、玄関の出入りが楽になり、風除けにもなる。そして、このフード内に除雪具などを置くことができる。かなりの数の家がこれを装備していたが、まだのところもいっぱいあった。
 その会社で私は、設計をした。家によって玄関の形・大きさはまちまちなので、個別に設計するのである。現場へ出向いて採寸などもした。
 そこは二ヶ月足らずで辞めてしまった。本社が本州にあり、新たに北海道に進出したのだが新任の上役がやってきて、辞めざるを得なくなったのだ。
 最初に失業したときのような、インパクトはなく、またかという感じで受け止めるようになっていった。そして、以後は放浪のように、いくつもの仕事を転々とするようになっていく。どこへ行っても辞めるはめになるので、だんだん働くのがイヤになってくる。そこで、今度はアルバイトをすることにした。アルバイト情報誌を数冊買い込んで、適当なのを物色する日々が続く。
 その中から選んだのは、薬品の実験研究所である。
 もともと研究的なことに興味があったのと、アルバイトなら気楽にできるという思惑もあったからだ。
 そこでは、マウスをたくさん飼っていた。研究員が何名かいて、このマウスに薬品を投与し、定期的にデータを取っていく。マウスは、定温状態が保てるように、恒温設備の中で飼われていた。一つのゲージに一匹のマウスを入れて飼っているのだが、マウスの糞処理をしなければならない。私の役割は、この糞処理である。
 毎日、防塵服に身を包み、中へはいる。マウスゲージを取り出し、大きな槽に湯をはって、ゲージを洗ってから乾燥させるのである。マスクをしているが、ひどい臭いがする。最初は専任の人と一緒に、教わりながら仕事をした。その人はもと駅長で、合間に四方山話をしたが、人は役割を受け持つと、地位に立つと、ちゃんとできるようになるよとか言っていたのを思い出す。
 ニヶ月ほどでそこを辞めたとき、それまでそこで働いていたことが、夢の中だったような気がした。あまりにも突然に辞めてしまったからだ。
 すると、再び碁会所通いがはじまる。

 そこへ行って相手をすると、碁の力量だけがものを言う。年令・性別・職業などは関係ない。こちらがどんな状態であっても、いつものように碁が打てる。私にとっては格好のストレス解消の場所だった。コロコロと仕事が変わっても、いつも通りに碁が打てるこの場所は、私にとってのオアシスみたいなものだった。
 しまいには、碁を打っているのが日常で、働いているのが非日常であるかのような、妙な感覚を味わったものである。
 さて、どこへ行っても長続きせずに辞めてしまうので、どうしたものかと考え込んだ。その結果は、何か技量を身につけて、自立しようというものだった。しかし、とりあえずは何かで収入を得なければならない。
 そして得たのは、写真現像所でのアルバイトであった。そこは、写真店に持ち込まれるネガフィルムを回収し、現像してまた写真店へ配送する仕事で、私は配送の仕事をしたのであった。人間、目標ができると働き具合もちがってくるもので、そこでは割と一生懸命に働いたと思う。
 しかし、ある日、イライラして運転していたとき、冬の日だったが、交差点でもう少しで老婆を轢きそうになった。そして、これを契機にそこを辞めることになったのだった。ちょうど年末で、そこの忘年会に呼ばれて酒を飲んだのが想い出になった。

 仕事を辞める度に、だんだん選択範囲が狭くなっていく。税理士とか司法書士に関する本を買って読んだりしたが、どうもピンとくるものがなく、それきりになってしまった。
 ある民間の紹介所から、セールスの仕事を持ちかけられた。そこは、建物の外壁塗装を請け負う会社で、そこのセールスマンとして働くことになった。自分は口ベたで、セールスには向かないと思っていたのだが、経験を積むのも悪くない、そこで働きながらまた探せばよいのではと説得を受けて、働くことになったのである。
 そこは、社員が3入しかいなかった。女の子一人と、私と同期入社の男性である。その会社で、はじめて飛び込みセールスを経験した。
 その男性のKさんと二人で車に乗り、町中を流していて、ハゲた建物を見ると、そこへ入って塗装のセールスするのである。社長は、現場上がりのオッサンのような風情で、セールスの仕方を教えるという。
 会社の受付で話を切り出すと断られるのがオチだから、受付を無視して堂々と中へ入っていき、恰幅の良さそうな、責任者らしき人物の前に行って、パンフレットを見せて話をしろというものだった。その通りやると、不思議に話はできたが、あるとき、その手順で入って話をしたら、外をみろという。外では外壁の塗装を始めたところだった。意味のないセールスをしたのだった。
 そこには1ヶ月半ほどいた。給料が、最初の話とちがって少なくしかもらえず、結局、そこにいた3人全員が辞めたのである。
 どんな仕事にも、慣れがあるものである。
 この仕事を始めてからは、車で走っていても、すぐにハゲだ建物が目につくようになり、会社を辞めてからも、しばらくの間はやはり目につくのだった。

 ヤレヤレという気持ちで、また職安通いが始まった。
 壁に損保代理店の職員募集が貼ってある。こう考えた。この仕事はきついだろうから、たぶん長くは続かないだろう。だったら、経験しておいてもよいかもしれない。そこは、弁護士、税理士、司法書士へ損害保険を提供していた。こういう人々と接すれば、何かキッカケがつかめるかもしれないという気持ちもあって、入ることにしたのである。
 そこでもぶっつけ本番でセールスをやらされた。慣れないこととて、緊張で喉をからからにしながら話をした記憶がある。
 先輩からのイジメもあった。あまりしつこいので、社長に直訴したらその先輩の態度が軟化した。
 社長は、顔を見る度に契約を取れとハッパをかける。―ヶ月くらいたったころ、まだ1件も成果が上がらず、少々あせっていた。その日、今日契約が取れなければ、辞めようと思い、見込み客を全部回ったが成果はなかった。さて帰ろうとしたとき、廊下の奥に看板が見えた。ダメでもともとのつもりで入って話をしたら、所員全員が契約してくれた。
 これが、私がセールスの世界に入ってはじめての契約だった。
 その日、心の中で、バチッと何かがはじけたように感じたものである。
 その後はあまり成果も上がらず、そこにいたのは1ヶ月半であった。

h27/2/17

            「転職経験①」


 学校を卒業して、初めて勤めた会社にずっつと在籍できる人は、どのくらいいるのだろうか。
 私の少しの経験では、約半数の人が途中でやめて、別の会社に勤めたりするのではないかと思う。
 同期入社した仲間が去っていくのは、寂しいものである。しかし、いつのまにか新人が入ってきて、また仲間が増えていく。私の友人がやめたとき、自分もまたこの会社を去るなどとは、つゆほども思わなかった。
 気がついてみると、同じようにやめて、別の会社に勤めていた。
 私が最初に勤めたのは、東京のある計測器メーカーである。専門が工学系だったので、技術者として就職したのである。いっしょに入った同期の仲間に地方出身者がいて、住まいも近かったので、よく飲みに行ったりした。
 その会社では、設計と現場を受け持って、5年半ほどいた。
 勤めだして四年余りたった頃、オイルショックが起こった。そのうちに、配置転換の対象となり、別のセクションに回された。在庫管理のいわば閑職である。次第にプレッシャーがかかるようになり、さらに他の部門にも回されたりで、ついにやめてしまった。そのときは、まだエンジニアとして生きたいという気持ちがあったのである。
 次に勤めたのは、圧力調整器のメーカーだった。
 ガスボンベについている機器で、炭酸ガスなどをボンベから出すときに必要なものである。職安(職業安定所・現在のハローワーク)にも通ったが、以前いた会社からそう遠くないところにある会社に勤めることになってしまったのだった。
 初めて失業経験をしたのだが、最初の1ヶ月は、背中に羽が生えたような感じである。朝早く起きて出かけなくてもよい。ゆっくりと寝たいだけ寝て、起きたいときに起き、TVを見ながらぼ1つとしている。
 昼飯を食ってから、一服した後、ブラブラと散歩にでる。時には書店めぐりなどをして、時間をつぶしたりする。こうして毎日がゆっくりと過ぎていく。そんな日が1ヶ月くらい続くと、少し飽きてくる。
 何か張り合いがない。することといえば、時折、職安へ行って給付金をもらうくらいである。求職情報はいろいろあったが、技術屋としての募集はなかなかないのである。―ヶ月が過ぎ、ニヶ月が過ぎるころになると、焦れてきて、どこでもいいからまた働こうかなという気持ちが起きてくる。そうして、その圧力調整器の会社に勤めたのであった。
 その会社には同郷の出身者がいて、その人に仕事を教わり、ともに飲む間柄となった。会社近くの飲み屋へよく連れていってもらったものだ。ときには飲んだ後、彼の部屋に泊まり、翌朝二日酔いでガンガンする頭をかかえて出勤したものである。
 その会社は20人くらいの小さなものだったが、何かこうパッとせず、いずれここも辞めるだろうなという予感があった。そんなころ、父の退職などもあって、北海道に帰ることになった。都合7年ほどになる東京生活にピリオドを打ったのであった。

 北海道へ帰ってきて最初に勤めたのは、できたばかりの集塵機メーカーである。新聞の募集欄を見て応募したその会社は、札幌の町外れにあった。海岸からそう遠くない場所にあるその会社は、プレハブスタイルの工場と、そのそばの小さな事務所があって、風の強いところである。
 そこで、新しい集塵機の開発を、一緒に入った少し若い同僚と行っていた。その会社は、木材会社が親会社で、その子会社として出発したのだが、一年ほどたったころ、親会社が倒産した。そのあおりで、その会社も倒産してしまった。そんなわけで、また無職になったのだった。そして、ほどなく次の勤め先が決まった。
 今度は工事管理会社である。元請けから工事の仕事をもらい、現場監督を派遣して工事の監理をするのである。車に機材を積み込んで、工事現場へ向かい、投宿して毎日現場へ通う。工事人の監督と、現場写真の撮影、そして資材の調達などが主な仕事だった。現場にあるプレハブハウスで、他の会社からやってきた監督と話をしたり、お茶を飲んだりもするが、外でヘルメットをかぶってずっと立っていると、首が痛くなる。下水処理場とか、し尿処理場が多かったが、あるとき、ガスタンクエ事の監督で、型枠の上に昇ったことがあった。
 直径と高さが10m位の円い筒ができていて、その上に立つのである。まわりにはなにもつかまるところがない。落ちたら一巻の終わりである。そのとき、はじめてわかった。そういう高所にいると、大事なところがキュツと縮むのである。慣れるとそうでもないかもしれないが、何しろはじめての時、そうなるものだとわかったのだ。一つの現場に入ると、1~3ヶ月は帰ってくることができない。ずっと宿屋泊まりである。夜になると暇を持て余して、飲みに行く。結局、手当分は飲み代に消えていって赤字になるのである。
 何度か、いろいろな現場に入ったが、あるときはちょうど高校野球のシーズンだった。ハウスでTVを見ていると、試合開始前の対戦高校の紹介があって、耳になじんだメロディーが流れてくる。やるせない思いで聞いていたものである。
 さて、そうこうしているうちに、その会社でも内部組織に変化が起こり、またまた辞めるはめになった。この仕事は肌に合わないなと感じていたのでホッとした気持ちもあったが、また失業したくないという思いもあり、頑張ったこともあったのだが。
 仕事を辞めてすぐには、働きたくないものである。
 しかし、やることがないとしょうがない。そこで、近くの碁会所を見つけて、そこへ足繁く通うようになった。囲碁は、学生時代に覚えたが、帰省の度に父に相手をさせられて、少しは打てる状態になっていた。
 碁会所へ行きだしたころは、たしか6級くらいではなかったかと思う。
 一日400円で、何時間も時間をつぶすことができ、アッという間に日が暮れる。
 熱心さのかいもあったのか、棋力は次第に上昇していく。月例大会などもあって、あるとき、誘われるままに参加したら、優勝してしまった。
 生まれてはじめて、ちゃんとしたトロフィーをもらったのだ。そのときはうれしくて、抱きかかえて部屋に帰り、テーブルの上に置いてじっと眺めていたものである。
 当時は、親戚の所有する空き家に住まいしていた。
 家賃はタダで、水道・電気代と地代を払えばよいだけである。昼過ぎに出かけていって、夜十時まで囲碁を打つ。帰ってくると、冬は部屋が冷え切っていて、まきストーブに火をつけて、夕食にありつく。ラジオを聴きながら、部屋で一人飯を食う。そんな日がしばらく続いた。

h27/1/26

             ロケット


 ジェットエンジンとロケットエンジンの違いをご存じだろうか。外気の酸素で燃料を燃焼させて、燃焼で膨張した高圧ガスを噴出するのがジェットエンジン、燃料と酸化剤を用いて、外気の酸素に頼ることなく燃焼させるのがロケットエンジンである。
 ジェットエンジンは、ジェット旅客機、ジェット戦闘機など、ロケットエンジンは、人工衛星の打ち上げやミサイル、宇宙開発などに各々使われている。
 そして、ロケットには、固体ロケットと液体ロケットがある。いうまでもなく、固体燃料を使うのが固体ロケットであり、液体燃料を使うのが液体ロケットということになる。

 歴史的には、固体ロケットが早く現れた。
 13世紀初頭に中国で発明されたとある。このロケットは、黒色火薬を用いたものだった。黒色火薬とは、硝石(硝酸カリウム)、硫黄、木炭の混合物で、文字通り黒色の火薬である。この黒色火薬も中国で発明されたが、不老長寿の薬を作るために、様々な調合を行った際に発見されたらしい。
 ロケットに使う黒色火薬は、爆薬として使う場合に比べ、調合成分の比率を変えて、より燃焼速度が遅くなるようにして用いられた。
 中国で発明された固体ロケットはその後、兵器として活用されるようになる。1232年に、中国河南省での戦いで、敵地の天幕にロケットを発射して炎上させた記録が残っている。その後もヨーロッパと北アフリカの戦いにも使われ、15世紀以降、ロケットはおもに敵艦の帆などに火をつける海戦兵器であった。
 初期のロケットには翼がなく、長い竿を取り付けて安定を図るものだったが、1847年、イギリスの発明家、ウィリアム・ヘールが翼を考案し、以後は現在のようにロケットの後部に安定翼がつけられるようになる。
 19世紀にはいると、ロケットの平和利用の道も開けてくる。難破船の救命ボートを海岸に導く臨時灯台としての利用、捕鯨用のモリを投射するためのロケットなどである。また、第1次世界大戦中、ロケットはおもに信号弾として利用されることになる。
 アメリカの物理学者ロバート・ゴダードは、無煙火薬の固体ロケットを開発したのち、燃焼ガスを集めて外部に放射するノズルを考案している。また、その20年後、ヒックマンは小型ロケット技術を研究して、バズーカ砲(対戦車ロケット)を開発した。第2次大戦後に固体ロケットは、とくに誘導ミサイルのブースター(補助ロケット)として開発された。

 一方、液体ロケットは、1920~30年に開発が始まり、1926年に初の発射実験がアメリカで成功している。その後は、ドイツ、ソ連がそれぞれ液体ロケットを打ち上げている。この液体ロケットもやはり兵器として利用されたが、ドイツの物理学者フォン・ブラウンの開発したV2号は有名である。
 現在では、兵器以外に宇宙開発にとってロケットはなくてはならないものとなっている。コンピューターの発達とともに、ロケット制御技術も進歩し、惑星探査も行えるようになった。
 ところで、ロケットは戦争とともにより進化して、現在の技術にたどり着いたように思う。戦争がなかったら、あるいはもっとゆっくりとした進歩だったかもしれないのである。これはなにもロケットに限らない。
 一説によると、コンピューターも、砲弾の軌道計算をすばやく行うために発達したともいわれる。
 また、かのノーベルが発明したダイナマイトも、戦いでの使用が顕著だったのではなかろうか。してみると、科学技術の進歩は好ましいことではあるが、問題なのはその使い方である。両刃の剣とも云えよう。
 技術の進歩に伴って、人間も進化しなければならないのだ。しかし、技術は積み上げができるが、人間自体はそうではないようだ。つまり、他人の技術を利用して、さらに良いものにすることはできるが、他人の経験を取り入れてよりよい人間とはなりにくいものである。
 このバランスが大きくずれているのが、現代社会であると思う。技術が進めば進むほど、ちょっとしたミスが命取りになる。人間の心が進化していかないと、いつまでたってもこの問題が解決されることはない。
 道具とその使い方、心すべきことである。

h26/11/15

             スピード競技


 オリンピックなどいろいろな競技会があるが、力・技・スピードを競うものが大部分である。陸上競技、水泳、競馬、競輪、競艇、スキー、スケートなど枚挙にいとまがない。
 スピードを出すには当然のごとくパワーが必要で、スピードに伴う風や水などの抵抗にうち勝って前進しなければならない。とくに陸上競技では、2本の足を使って直立疾走するので、空気抵抗が大きくなる。
 人間以外の動物で2歩足で速く走るのは、ダチョウくらいではなかろうか。
 ダチョウは頭が小さく、首は細く、胴体は卵形になっている。つまり、空気抵抗を受けにくい体形なのである。時速60キロ以上で走るともいわれる。
 そこで、ある実験を思いついた。
 人間の体は平板状で、風圧を受けやすい形で走っている。だからスピードが出にくいのではと考えた。
 で、どうするかというと、体の前面と後面に半球状のお椀のようなものを取り付け、このスタイルで走るとどうなるか?
 新幹線のノーズ部分を思っていただきたい。あの形が体の前後につくのである。平板を立てたまま空気中を移動させると、板の後ろは負圧になる。すると、周りから空気が流れ込んで渦ができる。この渦が抵抗となって移動を妨げる。つまり、人間が立って走っているのはこの状態である。これを防ぐには、流線型にすればよい。それで、前述のような手段を考えてみたのである。奇異に感じるかもしれないが、案外効果的かもと思う。
 競技のルールから外れると思うので、あくまでも実験だが、これをつけることで100メートル走で0.1秒でも違えばけっこうなものである。
 水泳もいかに水の抵抗を減らすかに苦心していて、最近ではざらざらした鮫肌にヒントを得て水着の表面に特殊な凹凸をつけて、抵抗を小さくするものができている。水泳競技は、水着と帽子のみの着用となっていると思うが、たとえば水掻き手袋とか足ひれをつけて泳いだら、ずいぶん速くなってこんなスタイルの競技もあったら面白いかなと思う。あるいは、シュノーケルをつけて、潜水したままでのスピードを競うとか。
(すでにあるのかもしれない)
 野球(軟式)やゴルフのボールには小さなくぼみ(ディンプル)がついている。これも空気抵抗を少なくする工夫で、負圧を低下させている。より遠くに飛ばすために考えたものと思うが、他にも応用できそうである。飛行機、高速列車、レーシングカーなどだが、現在使われていないところを見ると、コストがかかりすぎるかあるいは気づいていないのかもしれない。
 ところで、スピードは何も競技だけとは限らない。仕事や思考にも関連しているはずである。はやりのパソコンや携帯電話、インターネット、電子メールなどもスピードアップに大いに関係している。
 さて、思考についてはどうなのだろう。ゆっくりじっくり考えるのも大事だが、素早く、スピーディに考えるのもときに有効かもしれない。
 アイデアを出す訓練に、10分以内に多くの案を出すというのがある。
なれないと5~6個出て終わりということもあるが、だんだん多く出るようになる。このアイデアを多く出す手段として、昔から発想法があり、多数の方法がある。これはいわばボールのディンプルのようなもので、案出の抵抗を少なくする効果があると考えている。しかし、この発想法にとらわれているうちはまだ練習段階で、自然にアイデアがわき出るようになって、本物となるのかもしれない。

h26/10/31

            新ゴルフ


 以前、友人に誘われてゴルフをしたことがある。
 アップダウンの多いコースで、ゴルフというのは歩くスポーツということがわかった。プレー中に雨が降ってきて、びしょぬれで、終わった後の風呂でやっとスッキリした。初めてクラブを握って振ったとき、ボールに全然当たらない。室内練習場へも行ったが、真っ直ぐに飛ばすのはなかなか難しいものだ。
 いったいだれが、こんなものを考えたのだろう。
 そこで、ゴルフの起源について調べてみた。
 これには諸説があるのだが、その一つは、ホッケーに似たオランダのゲームがスコットランドに伝わったとするもの、次は、スコットランドの羊飼いたちが、羊を追いながら石を転がして遊んだのが原形という説、第三は、革製の球を杖で打つ競技が、ローマ帝国のスコットランド占領中に浸透して、ゴルフになったという説がある。 
 しかし、現在行われているゴルフの原形は、15世紀半ばのスコットランドで始まったと見られている。これがやがてイングランドにも伝わった。そして、1754年、セントアンドルーズゴルフクラブが誕生する。その後、各地で競技会が開かれるようになり、1860年には世界最古の歴史を誇る全英オープンが始まった。やがてゴルフはアメリカヘ移入され、日本へも伝わることとなる。
 1901年(明治34)、六甲山に最初のゴルフ場ができ、1924年には日本ゴルフ協会ができた。
 ところで、ゴルフは最初はドライバーで飛距離を稼ぎ、アイアン、パターと次第にきざんでいく。最小打数でカップインさせるのが目的なのだが、とりわけパターが難しい。入りそうでなかなか入らないのだ。
 傾斜や芝目のちょっとした変化で、ボールの転がりがちがってしまう。 そこで新ルール。リーチルールを設けるのだ。
 ポールを中心として、半径2mのところに円を描く。この円の外側にボールがあるときに、リーチがかけられるのである。このリーチをかけたときは、一打でカップインしなければならない。見事に一打でインのときは、トータル打数から一つ引く。つまり、パーで入ったときはバーディーとなり、ボギーで入ったときはパーになるのである。ただし、一打で入らず、二打や三打になると、一打プラスされる。こうすると、実力にラッキーチャンスの要素が出てきて面白いのではないか。
 さらに、ダブルリーチルールも考えられる。半径4mのところにさらに円を描き、この円の外から一打でカップインすると、二打分か引かれる。二打以上のときは一打プラスされる。あるいは、麻雀のドラに相当するものを設ける。18ホールのうち、どれかのホールに、最初にカップインした人は、二打ないし三打引くというものである。事前にどのホールにするか決めてもよいし、事後に抽選で決めてもよい。変則かもしれないが、こんな方法があっても面白いと思う。まだ試したことはないのだが、いかがであろうか。
 ゴルフも近頃は、パークゴルフやターゲットバードゴルフなど、いろいろな遊び方があるので、ゴルフにも新(珍)ルールがあってもよいのではと思っている。

h26/10/16

            サッカー


 今やサッカーを知らない人はいない。
 TVでJリーグの試合に一喜一憂する人も多いことだろう。サッカーは、世界的なスポーツ競技で、とくにヨーロッパや南米で盛んである。これほどの人気を博すサッカーは、いつ頃から始まったのだろう。
 どうやら古代から、似た競技があったようだ。
 中国、ギリシヤ、マヤ、エジプトなどの古代国家で、ボールを足であつかう競技が存在していたらしい。
 時を経て、近代サッカーが誕生したのは、19世紀のイギリスである。
イギリスでは、ルールの異なる様々な形式のフットボールが発達したのだが、いずれも手と足の両方を使ってプレーするものだった。
 それが、1863年に開かれたロンドン・フットボール協会の会合で、ボールを手に持つたまま走ってもよいラグビーと、手の使用を禁止したサッカーとに分けて、サッカーの最初の統一ルールを決めたのであった。
 サッカーは正式名称を、アソーシエーション・フットボール(association footbaIl)といい、その略語ASSOCがくずれてサッカー(soccer)となったらしい。
 19世紀末になると、イギリス商人や船員、労働者たちによって、サッカーは世界中に広まって行く。ヨーロッパではドイツ、イタリア、オーストリアが、南米ではアルゼンチン、ウルグアイ、ブラジルなどが、サッカーを積極的に取り入れた。1930年には第1回世界選手権大会が開催された。ワールドカップの名で知られるこのトーナメントは4年ごとに開催され、世界でもっとも人気のあるスポーツイベントとなっている。
 日本では、1873年(明治6年)に、日本海軍を指導するために招かれていた、イギリスのダグラス少佐が、日本の海軍兵学寮の生徒に教えたのがサッカーの始まりとされている。

 ところで、サッカーは相手チームのゴールにボールを蹴りこんで得点を重ね、その得点の多少によって勝敗を決めるものだが、他の球技に比べて得点数が少ないように思う。広いスペースを走り回るためなのか1~2点の差で勝負が決まることが多いようである。チャンスと思っても決められず、ボールがいったりきたりすることも多い。これが野球とかバスケットボールのように、もっと多くの得点が可能になったとしたらどうだろうか。当然、ルール変更が必要である。
 そこでふと考えたのだが、ゴールを三つにしたらどうかと思うのである。現在は、フィールドの一番奥にそれぞれゴールがあるが、さらにフィールドの側方に一つづつ設けるのである。そして、一番奥のゴールに入れたときと、サイドのゴールに入れたときとは点数が異なるようにする。たとえば、奥のゴールは3点、サイドゴールは1点などのようにする。そうすれば、単純計算で3倍かあるいはそれ以上の得点が得られるようになる。また、奥のゴールをねらうと見せかけて、実はサイドのゴールに蹴りこむなどの作戦もでてくる。あるいは、サイドゴールのサイズを小さくして無人、つまりゴールキーパーを置かないようにする手もある。こうなれば、より変化に富んだ試合展開が楽しめるのではないだろうか。独断的な考えかもしれないが、一度試してみたら面白いと思う。

h26/9/29

            和名球技


 最近はサッカーが盛んであり、JリーグのことがよくTVで報道されている。また、野球も盛んで、プロ野球を始め、大学野球や高校野球がよく話題になる。ところで、サッカーや野球は球技の一つであるが、この球技は和名として漢字で表現される場合と、洋名というかカタカナで表現される場合とがある。たとえば、「野球」と「ベースボール」のたぐいである。 そこで、他にどんなものがあるか探ってみた。
 サッカー=蹴球
 バスケットボール=寵球
 バレーボール=排球
 ピンポン=卓球
 テニス=庭球
 ビリヤード=撞球
 これらの競技は、もともとは外国から入ってきたのだろうから、当て字として漢字を当てはめたと思われる。競技の様子がうまく表されていて面白い。
 さて、以上のもの以外に、他にもいろいろな球技があるが、ふつうはカタカナで表現されている。これをあえて、漢字にしてみたらどうなるかと考えてみた。
 まず、ソフトボールであるが、野球より少し大きめの柔らかいボールを使うので、「軟野球」と名付けてみた。次はラグビーである。辞書によると、蹴球の一種とあるが、ボールをパスしながら進むので、「渡球」としてみた。アメリカンフットボールは「米渡球」である。
 いかがだろうか。ボーリングは、ピンを倒すので、「倒球」となる。ゴルフは芝の上でするので「芝球」、パークゴルフは同様に考えて、「草球」もしくは「園球」である。そして、ゲートボールは「門球」。バドミントンは「羽球」である。正しくは球ではなく、羽根のついたシャトルコックを打ち合うので球技とは云えないのかもしれないが、このように名付けてみた。
 さて、ビーチバレーボール、これは「砂球」としてみた。あるいは「浜球」でもよいかもしれない。ハンドボールは、手に待ったボールをゴールめがけて投げ込むので「手球」、学校でよく遊ばれるドッジボール、これはドッジという人物が考えたゲームらしいが、人に当てるので「当球」としてみた。アイスホッケー、これも薄い円盤形のタマを打ち込むので球技とは言い難いが、「氷打球」としてみた。
 カーリング、これは丸い石の球を氷上に滑らせるので「滑球」、ポロは馬上からスティックで球を打つので、「馬球」。そしてこれは競技ではないが、パチンコは「弾球」としてみた。独断と偏見で名付けてみたが、いかがであろうか。
 しかし、野球とはうまく名をつけたものである。
 初期のころに野原で遊んだので、こういう名にしたのかもしれないが。

 さて、「発明」というコトバがある。
 だれがいつ名付けたのかはわからないが、この名もうまく考えたものである。逆さに読むと「明発」つまり、明かりを発するのである。すなわち、世の中を明るくするのが本当の発明といえるのではなかろうか。また、逆さということは、常識にとらわれない発想が必要なのだろう。
 ところで、「発見」という語もある。
 人為的に新しく生み出せば発明となり、たまたま新たに見つけたら発見となるのだが、これを「見発」と書いてみた。すると、見てハッ(発)とするのが発見であるということがわかった。
 何かを見てハッとして、それから新しいものを生み出して、世の中に明かりを発する。
 発明と発見の、深い関係が見えてくるようである。

h26/9/18

           シンクロニテイ


たとえば、こんな経験はないだろうか。
 あるとき、知人のことを話していたら、ひょっこりと当人が現れた、あるいは知人のことを思っていたら、その人から電話がかかってきた、何となく書店に立ち寄りたくなって行ったら、素晴らしい本に出会ったなどなど。一般常識では、これは偶然の一致と見なされる。たまたま起こっただけのことであると。
 私にも経験がある。
 朝、事務所へきて、少しの間ゆったりとする。
 そして、仕事に取りかかると、まるでそれを待っていたかのように、電話が入るのである。仕事にかかるまでのぼんやりしているときは、めったに電話がこない。
 また、時々来客があるが、客と話し出して話が佳境にはいると、決まって電話が入るのである。5回のうち4回は電話が来るように思う。不思議なことである。
 以前は別の場所に事務所があったが、バス通りに面していた。近くに雑貨屋があったので、タバコなどを買いに、日にI~2回は寄っていた。店に行こうとして玄関の戸を開けて外へ出ると、2回に1回はバスに出会うのである。バスは日中は20分とか30分間隔で運行されている。別にその時間を意識しているわけではない。仕事が一段落したとか、タバコが切れたなどのときに出るのだが、どういうわけかバスにめぐり合うのである。
 また、街中を歩いているとき、バッタリと知人に弟くわす。ところがその知人とは、ある決まった人なのである。他の人とはこういうことはない。その特定の知人とは、何回も外出中に出会うのである。
 これはいったい、どういうことなのだろう。
 そこで思い出すのは、シンクロニティである。

 これは、著名な心理学者カール・グスタフ・ユングが名付けたもので、共時性と訳されている。まったく無関係ないくつかの出来事が、意味ありげな関係を結ぶ現象を意味する言葉である。
 今世紀前半、こういったことがらに興味を抱いた学者が現れた。オーストリアの生物学者、パウル・カンメラーである。彼は生涯を通じて、偶然の符合現象に強い興味を寄せ続け、1919年、身近に起こった例を集めて、「連続性の法則」という本を発表している。
 カンメラーに続いて、偶然の一致の問題を追求したのは、スイスの心理学者のユングであった。ユングもまた、こうした偶然の一致としかいいようのない出来事をいくつも体験していたためである。
 ユングは様々な事例を検討した末に、こうした現象に「シンクロニティ」という名称を与えた。これは単なる偶然の一致ではなく、内的な精神状態と外的な物理現象が互いに呼応し合う場合を指すのであり、それが交わる部分が人間の中に潜在していると考え、そのような領域を「集団無意識」と呼んだのである。そこには人類が今まで体験してきた記憶のすべてが刻印されているという。

 ところで、昔読んだある本の中に、興味深いことが載っていた。それは、人間の意識の奥深い部分は互いにつながっているというものである。たとえていえば、海に立つ波を各人の意識とすれば、海そのものは一つであるようなものである。つまり、意識の集合体のようなものがあるのだ。この理論によれば、テレパシーも説明しやすくなる。ある人が発した念というか意識を波動と仮定すれば、この波動は意識の深部を通って相手の深部に伝わり、それが意識の上層部、顕在意識に上がってくると、相手の発した念を感知することができる。こう考えるとテレパシーがなぜ起こるのかを説明することができる。あるいはもしかすると、意識の奥ではすべてのことを感知しているのかもしれない。
 ダウジングロッドというのがある。
 両手に折れ曲がった棒を持ち、両手を近づけた状態で歩いていると
目的物の位置に来ると、その棒の間隔が開いてその場所がわかるというものである。水脈の探知などによく利用されているらしい。
 しかし、現在の物理法則では、これを説明することができない。なぜ感知できるのかがわからないのだ。
 これを先の意識論によれば、説明しやすくなる。
 すなわち、ダウジングをする人間が、すでに目的の場所を感知していると考えるのである。ただ、顕在意識ではわかっていない。だから、目的の場所へ来ると、手が独りでに少し動き、この動きをダウジングロッドで拡大するので、わかるのではなかろうか。
 似た現象に振り子がある。
 たとえば五円玉に20cm位の糸を結びつけて、この糸を手に持って五円玉をぶら下げる。そして紙の上に同心円を描いたものを、ぶら下げた五円玉の真下におく。このままの状態で、ある事を念ずる。左右に振れよとか円を描いて回れとかである。すると、この五円玉がその通りに動き出すのである。
 手を動かせば当然そうなるが、手はそのままにしておいて、念じるだけでこのような動きになるのである。だから、先のダウジングロッドの場合でも、目的の場所にきたら棒が開くと念じておけば、意識の深部がその場所を感知して、手の動きを誘発し、ロッドで拡大されてわかるのではないだろうか。

 さて、予知能力というのがある。
 ある出来事が起こる前に、それを察知するという能力である。この能力を有する人は、予知能力者いわゆる超能力者ということになるのだろうが、普通人の我々にもそれが備わっていると考えられないだろうか。
 しかも、それを意識してはいない。ある人の話をしていたら、ひょっこりとその人がやってきたということを書いたが、その話をしていた人が、ある人がやってくることを無意識のうちに予知していて、話すという行動をとったとは考えられないだろうか。そうすると説明がつくのではないか。あくまでもこれは私白身の推測でしかないのだが。
 意識と予知、あるいは偶然の一致と思われる現象、これらの間には、密接な関係があるように思えてならない。今後、科学の進歩によって解明してもらいたいと思う。

h26/8/30

              音楽と発明


 朝、事務所へ来ると、まずCDをかける。
 大体はバッハやバロック音楽である。聞いているうちに、次第に頭がハッキリしてくる。頭脳に刺激が与えられて、目覚めるように感ずるのである。器楽曲は右脳に働きかけるといわれている。それで頭がスッキリするのかもしれない。もともとクラシックが好きなので、毎朝と午後の開始時に聞いている。
 今では一つの条件反射みたいになってしまい、ミュージックをかけないと仕事がはじまらないのである。
 ところで、いつも聞くのはオーケストラの演奏によるものである。オーケストラといえば、各種の多数の楽器を用いて演奏するものだが、この楽器自体も発明品といえるにちがいない。もっとも、最初は素朴だったものが、幾多の改良や発明が加えられて、現在のようなものになったのだろう。
 さて、楽器にも発明者の名がついたものがある。
 サクソフォーンである。
 これはシングルーリードの管楽器で、ベルギーのアドルフ・サックスの発明によるものである。1846年にパリで特許を得ている。このサクソフォーンは、金属製であるにもかかわらず、リードを用いて発音し、キー・システムを持つことから、木管楽器に分類されている。
 発明者サックスの意図は、木管楽器と金管楽器の中間的な音色の楽器を作り、吹奏楽で両者の音色が溶け合うようにすることであった。サクソフォーンには、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス、コントラバスの7種類があるが、アルトとテナーがもっとも多く使用されている。サクソフォーンは、吹奏楽やオーケストラ以外に、ポピュラー音楽、とくにジャズに多用されている。
 もう一つ、発明者の名がついた楽器がある。
 スーザフォーンである。
 マーチを演奏するとき、後ろにとりわけ大きな楽器がある。これがスーザフォーンであり、低音部を受け持っている。アメリカの作曲家、ジョン・フィリップ・スーザによってこれは発明された。
 スーザはマーチ王とよばれ、「星条旗よ永遠なれ」「ワシントンポスト」「エルカピタン」など数多くの行進曲を作曲したことで知られている。スーザは、ワシントンの海兵軍楽隊の指揮者として活躍したのち、みずからスーザ吹奏楽団を結成、世界的な演奏旅行を数回行い、好評を博した。スーザフォーンはチューバを改良したものだが、チューバが手で抱えて演奏するのに比べ、このスーザフォーンは体を楽器の中に入れて支えることができて、行進しながら演奏できるところに特徴があるようだ。 音楽史に名を残したサックスとスーザは、自分の名が楽器名となった数少ない発明家なのである。
h26/7/29

             発明神社


 発明神社というのがある。
 発明・発見でめざましい業績を残した故人を祭っているものである。これは、故豊沢豊雄氏(社団法人発明学会会長)の発案によるもので、発明学会事務所内にある。人間、ここぞというときにはとかく神頼みになるが、そういうときは神社へ行ってお願いする。神社に祭られている神に、願いが達成できるように祈るのである。ところが、発明の神を祭っているところは、日本全国どこにもない。それでこの発明神社ができたのである。この神社には20名ほどが祭られており、おもな人々を紹介する。
 聖徳太子   (和紙の発明)
 岡崎五郎正宗(名刀の発明)
 柿右衛門   (錦手焼の発明)
 関 孝和   (高等数学の発明)
 華岡青州   (麻酔薬の発明)
 北里柴三郎 (ペスト菌の発見)
 二宮忠八   (飛行機の発明)
 鈴木梅太郎  (ビタミンBの発見)
 御木本幸吉 (養殖真珠の発明)
 豊田佐吉   (自動織機の発明)
 島津源蔵  (鉛粉製造法の発明)
 池田菊苗   (味の素の発明)
 田熊常吉   (タクマボイラーの発明)
 松戸覚之助 (二十世紀梨の発明)
 八木秀次 (八木アンテナの発明)
 東久邇盛厚 (発明学会名誉総裁)

 いずれもそうそうたる方々である。とりわけ、聖徳太子の名が載っているのを意外に思われた人が多いのではなかろうか。
 聖徳太子は推古天皇の摂生として補佐にあたり、冠位十二階の制度や十七条の憲法を定めたことで知られているが、発明の分野でも業績を残している。
 当時の紙は、本の皮のスジをならべて作っていたので、品質の悪いものだった。それを灰汁や熱湯を使って、純粋の繊維をつくり、これを漉いて糊で固めたものを作ったのである。これが鳥の子紙とよばれる和紙のはじまりだったのである。
 かって、第一次世界大戦の講和条約文を作るとき、永久保存するのでどこの国の紙がよいか研究したが、日本の和紙が最良とされ、採用されたのである。それほど優秀な紙を、聖徳太子が発明したのである。日本の紙幣が世界に優れているのも、この和紙を使っているかららしい。一万円札に聖徳太子の肖像が入っている(当時)のも、こういったことからかもしれない。
 さて、前記した中に、二宮忠八という人がいる。
 飛行機の発明者ということになっているが、疑問を感じた人も多いのではないだろうか。たしかライト兄弟によって、飛行機が発明されたはずだがという疑問である。じつは、二宮忠八は飛行機の先駆的研究者なのである。彼は愛媛県宇和島の人で、丸亀の歩兵連隊に入営し、1889年の演習中に鳥の飛ぶのを見て、飛行機の研究を志した。そして、ゴム動力による紙製模型飛行機を試作する。日清戦争に従軍中、飛行機の設計図をつけて飛行機研究の重要性を軍に進言したが、却下される。そこで独力で発明を完成させるべく、製薬会社に入社、やがてみずから製薬会社を設立し、研究を続けた。
 しかし、1903年のライト兄弟の飛行成功を知り、研究を断念したのである。結果論だが、もし軍が彼の研究を受け入れていたなら、もしかしてライト兄弟より先に初飛行に成功していたかもしれないのだ。そうなれば、彼の名は永久に、人類史に残る発明者として刻まれただろう。
 そういうことで、二宮忠八の名が発明神社に祭られているのである。
 なお、当会(発明工学会)の設立者、小野寺明氏は発明学会の承認のもとに、発明大神のお札を頂き、事務所内に神棚を設けて発明神社としている。

h26/7/17


          パソコングーム


 パソコンを購入したら、ゲームソフトが入っていた。
 おもにトランプゲームである。その中にフリーセルというのがあった。やってみるとこれが面白い。やみつきになってしまった。これは頭を使うゲームである。いつもうまく行くとは限らない。それだけに、うまく上がるとスカッとする。ソフトを呼び出してスタートをクリックすると、トランプがならんでいる。上から下へ、順に重なっている。
 このトランプの中で動かせるのは、一番下にあるカードだけである。そして、フリーセルとよばれる場所に、カード4枚までは移動できる。エース(A)が出たら、別の場所へ移動できる。こうして、AからKまで赤黒交互に重ねたら上がりである。
 このゲームは序盤が難しい。中盤以後は割とスムースになる。この頭脳的なところが気に入って、一日3~4回はトライしている。一時は卜ランプカードを買ってきて、自室でも遊んだものである。

 ところで、トランプはいつ頃から普及しだしたのだろうか。調べてみると、その起源は定かではないらしい。中国、インド、エジプトを各々起源とする説があり、決定的ではないようだ。ただ、東洋で発生し、それがヨーロッパに伝えられて現在の形態になったということである。トランプは正しくはプレイイングカードという。
 もともと「トランプ」は、カードゲームの用語で、切り札のことをいい、カードのことをトランプというのは日本だけのようだ。
 現在、一般に用いられているのは、52枚のカードと、ジョーカーが1枚または2枚ついているものである。トランプには4種類のスーツがあるが、スペードは剣をあらわし、ダイヤは貨幣、クラブは棍棒、ハートは心臓を各々あらわしている。これはフランスで使われたスーツの変化したものである。
 タロットカードというのがあるが、これにもスーツがあって、剣は王侯・貴族、棍棒は農民、聖杯は僧侶、貨幣は商人を象徴したもので、このタロットが変化して現在のトランプカードになったらしい。だから、各スーツにも強弱があるのだろう。
 日本には、戦国時代にスペイン、ポルトガルから伝来したカードを変形して「うんすんかるた」「天正かるた」ができ、さらに「花札」へと変化していった。
 それで、遊び方にも似たところがあるのだろう。     
 トランプは、いろんな遊び方ができる。
 ババ抜き、七ならべ、ページワン、ダウト、神経衰弱、ホイスト、ラミー、コントラクトブリッジ、ポーカー、ブラックジャックなどなど。また人数もあまり限定されることがなく、これも人気の一因かもしれない。
 この前、電気店のパソコンコーナーを見ていたら、パソコンソフトが置いてあった。その中に麻雀があったので、安かったこともあり、さっそく購入して楽しんでいる。暇つぶしには最適で、また気分転換もできる。仕事に一段落すると、ゲームでリフレッシュの毎日だが、ついついゲーム時間が長引くのが悩みの種である。
h26/7/1

         パソコンソフト


 ずいぶん昔のことになるが、あるときパソコンを購入した。
 今まではデスクトップ型のワープロを使っていたのだが、漢字の変換効率が悪く、仕事がさっぱりはかどらない。
 それでパソコンを買うことにしたのである。
 購入前に雑誌を見て見当をつけて、N社のデスクトップタイプを購入した。しばらく前からパソコン導入を考えていたのだが、WINDOWS95が話題となり、その発売まで待ったのだった。
 セッティングは無事に終わったが、マニュアルの多さにはうんざりしだ。装置の他に搭載されている各々のソフト別にもマニュアルがある。それを読んで理解しなければ使えないのである。WINDOWSについてのマニュアルを読んだ後、ワープロソフトのマニュアルを読む。
 今まで使っていたワープロとは、その操作方法が全然違うので、最初から学ばねばならない。テキストを読みながら一つ一つ覚えていく。ところが、どうしても間違う。初めてであるから無理もない。
 しかし、テキストは正しいやり方しか書いていない。間違ったとき、どうすればよいのかは書いていないのだ。もう一度読む。やっぱりわからない。しかたなく、サポートセンターヘ電話するとつながらない。何度かけても話し中である。同じように困っている人、つまりユーザーが全国に
たくさんいるらしい。
 ちょっと考えて、地方支店へ電話すると、やっとつながった。パソコンを立ち上げた状態で、指示を仰ぎ、ようやく解決した。こんなことが何度もある。
 他の人に聞いてみると、やはりマニュアルがわかりずらいという。そうなのだ。マニュアルを書くのは、当然のごとくパソコンやパソコンソフトについて詳しい人が書く。ということは、パソコン等についてわからない人の立場では書いていないのである。だから自明のことについては書かれていない。しかし、初心者はその自明のことがわからないのである。
 パソコンを使っていて、突然、画面が止まり、どのキーを押しても、ウンともスンともいわなくなることがある。フリーズ(凍結)というらしいが、こんなとき、再起動のボタンを押すと解決する。(キー操作でも可能)だが、この再起動のやり方は、テキストの中にあったが、探しながら読んでやっと見つけたのである。もっとわかりやすく、すぐ見つけられるように書くべきだと思うのだが。
 最近のパソコンソフトには、ヘルプ機能が付いている。操作中にわからなくなったとき。ヘルプを呼び出して、その説明を読んで解決するということらしいが、必要最小限のことしか書いていないのだ。これでは、ヘルプを理解するためのヘルプがまた必要にも思えてくる。
 そこで、トレーニングソフトというのがあったらどうだろう。もちろん初心者用である。
 このソフトをまずインストールし、呼び出して使用する。操作中に誤ったとき、どこが間違ったのか、どうすればよいのか、その解決法が画面に指示される。その指示に従って操作すると、問題はたちどころに解決し、ミスと解決法が頭にインプットされる。
 一部のソフトに似たようなものがあるが、それをもっと高度化したものが、他のソフトにもあると、ずいぶんと楽なのではないだろうか。
 付属のテキストは、正確にはちがいないが、なにしろわかりにくい。しかたなく市販の本を買ってきて併読する。この市販本は、わかりやすいが、すべての事項を網羅しているわけではない。だから併読しながら、理解を深めていくしかないのである。わかりやすく、かつ詳しく表現するとなると、相当のボリュームになる。それで、現在のような形態になっているのだろう。でも、マニュアルも商品のうちである。他の電気製品などは、製品が主体でマニュアルはその付属物であるが、パソコンについては、マニュアルも製品と同等に考えるべきではないかと思う。   
 さて、しばらくかかって、やっとワープロや表計算ソフトを何とか使えるようになった。覚えてしまうと、なかなか快適である。文字変換は、以前に比べると断然早い。表計算も初めて使ってみたが、集計は一発でOKだ。努力の甲斐があったというものだ。
 さて、当会の会員から、CAD(作図ソフト)を教えてもらった。これを使うと、画面上で作図できるとのこと。さっそく購入したのだが、WINDOWS95上では使えないらしい。何とか使えないかといろいろ探ったが、どうしてもダメである。これはどうやらフリーソフトというもので、通常の市販ソフトとはちがうらしい。そこで、手助けを得て、ハードディスクの一方にDOS5を入れ込み、このDOSにCADを入れてもらった。今度は、CAD操作の勉強である。―ヶ月のトレーニングで何とか使えるようになった。CADのよいところは、作図した図形の移動・複写・消去が極めて簡単なところである。とくに、単純図形を数多く作らねばならないときに威力を発揮する。現在は、このCADと手書きとを併用している。(現在ではwincadを使っている)
 一時は、パソコン教室に通おうかとも思ったが、あまりに初歩的なことからはじまるのでやめにした。今現在は、どうにか使いこなせるレベルであるが、少し前からは、パソコン通信を勉強中である。次はインターネットにチャレンジしようかと思っている。(2000年当時に起稿しました)

h26/6/13

          ラッキー体験


私は若いころより本が好きだった。
小学校3年生のころ、児童年鑑を買ってもらい、小脇に抱えて歩いていたらしい。
あるとき、学校の試験で天文関係のテストがあった。それで、その年鑑の内容から回答した。ところが、ばつ印となって戻された。年鑑に載っているくらいだから、正しいはずなのに。そこで分かったのだ。授業で教えていないことを回答すると、正解とは見なされないのだと。それ以来、自分で調べて正しい知識を得るようにしたのだった。

 高校生のころ、妹が学校の図書室からある小説を借りてきた。それは「若草物語」で、それ以来すっかり海外文学に魅了され、次々と読むようになった。
毎週1〜2冊は購入し、これが40数年続いている。月6冊として、1年で72冊、40年では2880冊読んできたことになる。
 若いころは文学書を読み、社会人になってからは、発明の本、超心理学、囲碁、エッセイ、自己啓発書などを読むようになった。十分吟味してから購入し、買った本は必ず精読してきた。これはと思う本は捨てずに所蔵している。
 60歳を過ぎると、だいたいの本は読んだ感じになってあまり本を買わなくなった。
最近よく行くのは、古書店である。店によってはかなりの種類があり、値段も安く、よく買うようになった。
 ある日、ふとその古書店に行きたくなり、いらない本を抱えて出かけた。その本を売り、その代金でまた古書を買おうという算段である。本を売り、どの本を購入しようかと物色し、2冊を選んだ。人生をよりよく生きるための指南本のたぐいである。
 さて、もう1冊、何かくだけた読みやすい本をと思い、書棚からある本に目をつけた。それはエッセイで、昔読んでいた佐藤愛子氏の本である。
 抜き出して、手にとってパラパラとページをめくった。すると、なんとお札がはさまっていた。3000円それも新札である。えっ!ほんとう?ラッキー!こんなことってあるのか。ぞくぞくした。さて、見つけたはいいもののどうしようか。こっそり抜き取ろうか。しかし、購入前はその店の所有なので、それはいけない。
それで、そのままその本を買うことにした。もし発覚して没収されたら、その金は自分には縁のないものだったと思うことにした。そして、そのお金を丸ごとちょうだいできたのである。
 以前、朝の散歩で千円札を1枚拾ったことがあったが、今度のはそれを上回る金額であった。その本にはさんでいたお札は、もしかしてへそくりだったのかもしれない。
それをうっかりして本ごと売ってしまったのかもしれない。
 近々、妹たちと食事をするので、その金で奢ろうと思っている。
 たぶん、これからもその古書店に足繁く通うことになるに違いない。

h26/5/28

          初めての本

 私が発明の世界を知ったのは、ある本がキッカケである。今から三十
数年前のことになるが、当時私は東京に住んでいた。学校を出て勤めた会社が、東京の大田区にあったのである。専門が工学系だったので、駆け出しのエンジニアとしてそこに勤めていた。
 その会社は計測器メーカーで、エンジンテスト用の制御盤とか、それに付属する各種の機器が主力製品であった。私の担当は検出器というもので、これはエンジンをテストするとき、トルク試験をするのだが、このトルク(回転力)を検出するものである。先輩につれられて、よく自動車メーカーヘ行ったものだが、工場の一室にエンジンテスト装置があって、その側にハカリがおいてある。このハカリに検出器を取り付けてデータを取るという仕事である。ヘルメットをかぶり、工具箱とカウンター(デジタル表示器)を持って現場へ入り、ハカリに検出器を取り付ける。それからハカリにウェイトを載せたり降ろしたりするのである。あまり運動したことのなかった私には、格好の運動で、昼飯がうまかった。一年ほどたつと、仕事にも慣れてきて、一人で出張に行くことが多くなった。
 そんなある日、千葉にある会社へ出向いて仕事をしたのだが、電車で帰るにはまだ時間がある。そこで、近くの書店へぶらっと入った。書棚を物色していると、ある本が目に入った。手にとってパラパラとめくってみる。それは「パテントエンジニア」という本で、読み進むうちに、次第に引きずり込まれていった。
 技術者は技術の世界だけにとどまらずに、アイデアを生かせば飛躍できると書いてある。この本が、私に発明の世界を教えてくれたのだった。
 サラリーマンとして勤めだして二年目のころで、組織社会の息苦しさを感じだしていたころ、何かもっと目分を表現できる世界を探し求めていたとき、この本に出会ったのである。
 その本の著者は、豊沢豊雄氏で、社団法人発明学会の会長である。 この団体では、発明家向けに発明・特許の通信講座を開いていた。さっそく入会して、勉強を始めたのだったが、同時に並行して、自分でも発明をやりだした。

 発明というのは、身の回りにある不便さを見つけて、その解決を考えるというのが常套手段なのであるが、この発明のネタを発見したときは、うれしくてゾクソクしてくる。こうしたら、ああしたらと、いろんな解決案を考えるのも楽しいものである。そうして、いくつか発明をして、特許出願を済ませて売り込んだりしていたのだが、会社の先輩と一緒に飲んだとき、発明の話をしたら、自分も興味があるという。そこで、お互いに協力し合うということになったのだが、無料奉仕でその人の案をいくつか出願したものだった。
 発明を始めたころは、ちよっとしたアイデアが、とても大きなものに思われて、すぐにでも大金が転がり込むように思うものだが、実際はそうはならないものだ。発明を続けていくうちに、だんだんとその辺のことがわかってくる。しかし、根が好きだからやめられないのである。続けていると仲間も増えてきて、グループミーティングを繰り返すようになってきたのだったが、自分の都合で北海道へ帰ることになり、それ以後、発明とは縁遠くなってしまった。
 帰ってきてからは、定職が見つからず、いろんな仕事をしたが、あるアルバイトをしていたとき、偶然にもある発明家と出会い、再びこの道にはいるようになった。

ところで、日曜発明学校というのがある。
 日本全国に、○○発明研究会というのが数十ヵ所あり、この日曜発明学校つまり、発明月例会を開いているのだが、東京にいたころは、品川区大井町で開かれていた。何度か顔を出したが、広い会場に200人近くの人が集まり、各々自分のアイデアを発表したりして、質疑応答が繰り返される。発表者はさも自信ありげに話すのだが、ポイントをついた質問でペシヤンとなったり、ジョークで応答したりで、聞いているだけでもなかなか面白いものだった。
 北海道に帰ってきてから札幌に住んだのだが、札幌にもこの日曜発明学校があるというので、出かけていった。
 そのときに出会ったのが小野寺さんで、当時は会の事務局長をしていた。人との出会いは面白いものである。初めて会ったときは、それほど重要には思えないのだが、後になって考えてみるとまことに大きな意味を持つ人だったりする。この小野寺さんはまさにその通りで、今こうしていられるのはこの人のおかげである。小野寺さんは、身体を悪くしていて、奥さんが食堂をしており、その二階が事務所になっていて、書類などがうずたかく積み上げられていた。何度かその事務所へ発明の相談に押し掛けたりしていたが、その場所にビルが建つことになり、売り払って引っ越すことになった。そして引っ越した先で、新たに発明工学会という組織、発明のコンサルティングを主体とする会を作ることになり、そのスタッフとして入ることになった。
 あれから数十年になるが、その間、小野寺さんが亡くなり、今こうして後を継いで運営している。
 発明家というものは、自分の発明を何とか世に送り出したい、商品化したいと思うものであるが、私もご多分にもれず、一発花火を上げたいと、ずっと思っていた。しかし、なかなか思うようにならない。そしてまた今は、発明相談という形で人の秘密をあずかる立場になってしまったので、自分の発明については少し抵抗がある。(最近はその抵抗も無くなってきた)
 そこで、ちょっと方向転換をすることにした。
 それは、本を書くということである。
 亡くなった小野寺さんも、本を出すべく努力されていたが、とうとう出ずじまいに終わった。私にも本を書けと何度も勧められた。そんなことから、一念発起して、本それも発明の本を書こうと決心したのである。発明関係の本もいろいろあるが、同しようなものではつまらないと思い、いくつかプランを書き出してみた。今までいろいろと発明関係の本を読みあさってはきたが、発明をクイズ仕立てにしたものは見たことがなかった。そこで取りかかったのだが、その手間のかかること、原稿を書くだけで半年以上もかかってしまった。
 発明の歴史の中から、いくつかのネタを選び、三択問題として提供するもので、正解の他にダミー解答を二つ作らなくてはいけない。これが以外と面倒なのである。ダミーがすぐわかってしまうとクイズにならない。だから、紛らわしく、簡単にはわからないように作らねばならない。
 仕事が終わって自宅へ帰り、毎日原稿を書くのだが、途中でいやになり、一休みしようと思ったこともあったが、自らにむち打って書き続けた。 手書きの原稿をワープロで打つと、スッキリして見やすくなり、手を加えては書き直す。そのときはずいぶん書いたつもりだったが、今思うとかなり分量が少ないように思う。そうこうしながらも徐々にまとまっていき、ようやく全体が仕上がった。

 さて、次は出版杜探しである。
 30社ほどリストアップして、原稿の一部を目次とともに送ってみた。すると、なんと原稿が届いたその日の夕方、事務所に電話が入った。 全文を見たいから送ってほしいというのである。そうして原稿を送ってしばらくしてからOKの電話が入った。出版してくれるのだ。思わず笑みがこぼれて、Vサインをしてしまった。
 何という幸運だろう。初トライでうまく行くなんて!
 今まで、自分の発明を企業に売り込んではみたものの、はかばかしくない結果を繰り返してきただけに、そのうれしさはひとしおであった。
 さてその後、出版契約を結び、やりとりしながら進めていき、いよいよ出版間近となってきた。そして、その出版社からFAXが送られてきた。本のカバーデザインだった。それを見たとき、またまたうれしくなり、現実に本になるのだという実感がわいたものである。北海道も含めて、全国で発売されるということだったが、発売当日、どんなふうに自分の本が置いてあるのか見に行った。すると、あった。平台に平積みにされていたのだ。そこで、近くの別の本を手に取り、立ち読みのフリをして、だれか買わないかなと思って、しばらくそこにいたのだが、残念ながらそのときに買ってくれる人はいなかった。他の書店に行くと、そこにも置いてあった。 そこは棚の中に収まっていた。見つけるとうれしくなって、何回もそこに目をやったりしたものである。
 さて、しばらくしてから、たまたまある本屋へ入って立ち読みをしていたら、何か見覚えのある内容が書いてある。アレと思って巻末の参考文献を見ると、なんと自分の本のタイトルがその中に入っていた。この本は、記念に買って大切に保存している。
 さて、私の本はいくらかは売れたのだが、その後減少に転じて、ついに廃本処分になってしまった。しかし、私の初めての出版本として、数冊は大切に保管している。
  発明についての初めての本、パテントエンジニアと、クイズ発明・発見は、私にとっての記念すべき思い出である。


h26/4/28

            社交ダンスと考案

 昔、社交ダンスを習ったことがあった。
 今の仕事について二年目に入り、少し余裕ができたせいか、無性に別の世界を覗いてみたくなり、習い始めたのである。
 本によると、社交ダンスは、原始的求愛の踊りや、社交的種類の踊りから発達したものらしい。そして、20世紀初頭に、アメリカのカッスル夫妻が現代の社交ダンスの基本的なステップ・動作を考案し、急速に西ヨーロッパ諸国を中心に普及したとある。
 してみると、ダンスにも考案者がいたわけである。     。
 たぶん、この考案のおかげで、現在の各種目が決まったのではあるまいか。
 社交ダンスは、モダン種目とラテン種目とに大別される。モダン種目は、ワルツ、タンゴ、フォックストロット、クイックステップ、ウィンナーワルツの5種類、ラテン種目は、ルンバ、サンバ、チャチャチャ、パソドブレ、ジャイブの5種類である。この10種類のダンスを習うが、他にブルース、ジルバ、マンボ、ディスコダンスなどもある。
 最初に習ったのはブルースである。動きも緩やかで、ステップもあまり難しくなく、覚えやすかった。ついで、ワルツ、ウィンナーワルツヘと進んだ。ワルツも動きは緩やかだが、ライズという体の上下動が少し入る。ウィンナーワルツはクルクルと回るので、はじめのころは目がまわった。そして、動きの早いクイックステップ、独特の動きのあるタンゴ、一番難しいらしいフォックストロットヘと進んだ。
 社交ダンスは、男女が腰の一部を合わせて、片手を組み、男性は右手を女性の腰に、女性は左手を男性の肩におく。このホールドの姿勢を保って、ステップを踏むのであるが、はじめのころは腕に力が入ってしまい、痛いと注意されたものである。
 ラテンは、モダンに比べて開放的な感じがある。
 モダンのようにピッタリ組むのではなく、離れて踊ったりする。ルンバなんかは、腰を揺するような動きがあり、何だか気恥ずかしく、うまくできなかった記憶がある。レッスンは、個人とグループとがあって、私が受けたのはグループレッスンである。最初はレッスン部分が多かったが、進むにつれて、自由に踊る時間が増えてきた。グループの仲間とも親しくなって、レッスンのあと、ディスコヘ繰り出したりもした。
 しかし、ダンスというのは、かなりの運動量である。続けて3曲くらい踊ると、額にうっすらと汗をかくのである。レッスンで何曲も踊った後、ディスコヘ行くのだから、しまいにはへとへとになった。また、土曜日の夜は、自由に踊る時間が設けられていて、その場で相手を見つけて踊ることができる。これもずいぶん通った。込み合ってくると、こちらの進行方向に別のカップルがいたりして、方向転換をしなければならなくなる。これが案外難しい。レッスンでは、決まったステップ、シークエンスしか教わらないので、いざというときの対処がなかなかできないのである。
 あるときは、踊っているうちに、別のカップルの女性のヒールが私の靴の中に入ったことがあって、ビックリしたものだ。
 ダンス発表会も開かれた。私はもっぱら観賞側であるが。このときの女性は、衣装のせいもあるとは思うが、なかなかに美しく見えることがある。とくに若い女性なんかは普段と見違えるばかりで、目の保養になつたりしたものだ。
 初級から中級へと進んでいったが、一年半ほどすると仲間も減っていき、こちらもやめてしまった。でも、たまにTVでダンス選手権があると、昔を思い出しながら見ている。人間は未知のことについては抵抗感が伴うが、一度でも経験すれば、次は取りかかりやすくなるものである。だから、ダンスを始めようと思えばいつでも始められると思う。またいつの日か再び踊るようになるかなと思っている。


h26/4/16


             気功とヒラメキ

以前、気功を習ったことがあった。

 いつも事務所にいて、運動不足だなと思い、なにか体を動かすことをしようと思って、いろいろ物色した中で、気功を選んだのである。
 はじめは、ヨガにしようか気功にしようかと迷ったが、ヨガのポーズは体のかたい自分には難しいのではと考えて、気功にしたのである。
 市内のカルチャースクールで、「気功太極拳」というのがあったので、これを受けることにした。いってみると、受講生の大半は女性である。男性は全体の1/4ほどで、私を含めて4人だった。
 教室は30畳くらいのフローリングで、運動着に着替えてはだしで行うものだった。最初は準備運動で、ソアイショウというのをする。
 肩幅に足を開き、足先を平行にする。そして、膝を少しゆるめる。このまま両手をブラブラと、体の回りに巻きつけるように振る。右左右左と5分くらい行う。このとき、首も左右に少し振れることになるが、はじめのうちは何だか目が回りそうに感ずるが、慣れてくるにつれてなんともなくなった。
 その次は、「連功18法」というのをする。これは、一種の体操のようなもので、10分くらいで終わるが、普通の体操よりは動きが柔らかい。こうして次第に体がほぐれてくる。そして、「太極拳」に移る。
 最初は簡単に考えていたが、これがなかなか難しい。動きはゆっくりなのだが、手の動きと足の運び、そして重心の移動、この三つがそろわないと、スムースな動きが出ないのだ。手の動きに気を取られると足の運びがおろそかになり、足に注意すると手があいまいになる。また、中腰の姿勢を保ちながら手足を動かすので、腰の移動、つまり体の重心移動も重要である。どうにかこなせるようになるまで、3年くらいかかった。
 太極拳のあと、一休みしてから、「らくらく気功」をする。これは、イスに腰掛けて行うもので、両手をゆっくり開き、体の前で合わせるように動かし、臍下丹田に気を納めるようにする・首回しや体全体の回しなどの動きも入ってくる。
 人間の体には、ケイラクという気の通り道があって、気がスムースに流れていると、健康なのだそうである。ソアイショウになれてくると、指先から手のひらがシーンとしてきて、それがだんだん上がってひじくらいまでになる。こうなると、気が出てきているのだそうで、とくに指先と手のひらの中心から気が出るらしい。それを、目や耳に当てて、気を送り込むことも教わった。また、こういうときは、どうも脳波がアルファ波状態になるらしい。
 昔から、アルファ波が出ているときに、よくヒラメクといわれている。それで、気功でアルファ波がよく出ると、よくヒラメクのようになるのではないかという気もあって、この気功を受けたのであるが。結果は良くわからなかった。でも、一連の動きをしたあとでは、体が軽くなり、気分爽快になる。そして、ときには先生を囲んで、仲の良い数名で、居酒屋で一杯やることもある。話も弾んで楽しい思いをした。
気功研修旅行というのも経験した。
日本最北のブナ林のある黒松内へ、一泊二日で行ったのだが、翌日6時からの早朝トレーニングはさわやかで、すがすがしい思いであった。 仕事が忙しくなってやめてしまったが、3年くらい行ったので、体が動きを覚えていて、今でも時々は部屋の中でおさらいをしている。
 考えてみると、日本語には「気」のつくコトバが多い。気がかり、気になる、気が合うなどなど。だから、自然のうちに気に関することをしているのかなと思う。 これを意識的に行うのが、気功のようにも思えてくる。そういうわけで、今後、また機会を見つけて、気功をしてみたいと思っている。


h26/3/29


        ブレーンストーミング


 アイデアを出すとき、多人数で行う方法がある。
 これがブレーンストーミングである。
 三人よれば文殊の知恵ではないが、多数の案を出し合って、その中から良い案を見つけるという手法なのである。但し、これにはルールがある。
 ①批判厳禁、②自由奔放、③質より量、④ただ乗り歓迎の四つである。
 会議などでは、だれかが意見を出すと、その意見に対して反論がでる。するとその反論に対して、さらに反論なり賛成意見がでてくる。つまり、甲論乙駁となって、なかなか結論がでないし、反対されるかもしれないので意見が出しにくくなる。それで、ブレーンストーミングでは、案出と評価を別々に行うのである。
 アイデアを出しているときは、そのアイデアについての批判や評価を一切しないのである。すると、自分の案が否定されることがないので、案を出しやすくなる。これがルールの一つ、「批判厳禁」である。人間誰しも、固定観念を持っている。これはこうあるべきだ、これはこのようなものだなどと、その人あるいは世間一般の考え、つまり常識といわれるたぐいである。しかし、アイデアの世界では、この常識ばかりにとらわれていると、良い案は出にくくなる。それで、常識の枠を取り払って考えようというのである。 
案外、常識を越えたところに、グッドアイデアがひそんでいるものである。
これが二番目のルール、「自由奔放」である。自由闊達に考えて、より広範囲なアイデアを出そうというわけである。
 さて、三番目は「質より量」である。
 良い案を出そうとすると、力んでしまってなかなかアイデアが出てこない。最初からホームランは出ないことが多いのである。それで、良くても悪くても、とにかく多くのアイデアをまず出そうではないかというのが、この質より量なのである。
 昔から、「下手な鉄砲、数撃ちや当たる」といわれるが、数多く打てば、一つくらいはまぐれで当たるという意味かと思っていたが、そうではなく、数打てば、最初は下手でもだんだんうまくなって当たるようになるということなのである。だからアイデアも、とにかく数、数、数なのだ。数多く出していると、そのうちに良いものも出てくるのである。
 「質より量」これが三番目のルールである。
 そして、「ただ乗り歓迎」である。
 人の意見の中のささいなところを批判する、いわゆるあげ足取りというのがある。これをすると、その本人は不快になって、黙ってしまったり、相手を攻撃したりする。ところが、これとは逆に、だれかが発表した意見や考えに便乗して、さらに別の案を出すというのが、このただ乗り歓迎なのである。
 アイデアを出し続けていると、完成された案がポーンと出ることはむしろ少ない。どこかに欠点や改良の余地が残されているものである。だから、人の案をヒントに、さらに別の案を出すことも大切なのである。人に便乗するというのは、ときに嫌われることもあるが、ことブレーンストーミングに関してはまったくかまわない。だから、連鎖的というかイモズル式に、アイデアを出すことができるのである。
 以上、四つのルールを守って、自由に案を出し合うブレーンストーミングは、アイデアの創出という目的の場合は、なかなか有効である。ただ、あまり人数が多いと終始がつかなくなるので、数名程度がよいとされている。また、司会者が必要である。普通は、司会者がその進行を管理し、自由発表が特定の人にかたよらないようにする。雰囲気も大切である。気楽さが必要なのである。上司とか上役がいると、どうしても固くなりがちで、同じ立場同志の集合が望ましい。
 これとは別に、同種の仕事の人ばかりよりは、いろんな仕事をしている人の集合であると、より変化に富んでくるので、集まる人の選択も必要である。
 とくに司会者の選択は重要で、その力量が効果に影響する。また、テーマの絞り方も重要で、あまり広いテーマだと、焦点がぼけてくる。以上、基本的なことについて書いたが、何事もトレーニングが大切で、繰り返し行っているうちに上達してくるものである。
 さて、あるテーマについて、ブレーンストーミングを行った例をご紹介したい。
○テーマ:あなたは数人の仲間とともに、無人島に漂着しました。救助者が近くにきたとき、すぐに見つけてもらえるように、対策を考えることにしました。
 さて、その手段・方法を考えて下さい。
  (船に積み込んでいたものも近くに漂着しています。但し、無線機は故障して使えません)
●回答例:
 *地面に大きくSOSを書く
 *草をSOS形に刈る
 *布をつないで旗を作り、木に掲げる
 *ペンキを海に流す
 *油をまいて火をつける
 *のろしを上げる
 *楽器をならす
 *凧を揚げる
 *銃を撃つ
 *ビンに手紙を入れて流す
 *鳥を捕まえて、足に手紙をつけて離す
 *臭いを発生させる
 これ以外にもあったが、とりあえずこんなところである。いかがであろうか。ご自身の考えと比べてどうだろうか。機会があれば、このブレーンストーミングをやってみては……


h26/3/15

             発明の売り込み


 その発明を、世に認めてもらいたいという気持ちを持っている。世に認めてもらうこと、それは商品化である。だから、発明したあとは、それを企業へ売り込んで、何とか商品にしてもらおうとする。ところが、一般的に発明家はプレゼンテーションが苦手である。売り込み先は、大体は本州のメーカーになるので、手紙とか売り込み用の書類を作り、それを企業のトップ宛に数十通出すのが普通である。
 発明は、その特徴や効能を、わかりやすく表現するのがよいのであるが、詳しく書きすぎたり、肝心のポイントが不足だったりするのである。また、2~3通しか出さない人もいる。発明は、人によって好き嫌いがあるので、ある程度の数を出さなければ、売り込みの効果は期待できないのだ。
 売り込みに対して返事が来るが、大体3~4割程度である。全部に対しての返事はまず来ないものである。相手の都合を考えずに、勝手に出すのだから仕方がないのだけれど…
 アマチュア発明家の最大の弱点は、その発明を製造する場合の製造工程とコストについて、知識が希薄であるということなのである。その業界にいれば別だが、そういう場合はむしろ少ない。だから、企業サイドで検討すると、「コスト高になる」という理由で断られることも多い。
 また、当社の業務範囲外であるといわれることもある。だから、少なくとも製造に関する多少の知識を備えておくことが望ましいのである。一方、メーカー側は、発明というより、商品という目で見る。すると、発明としては結構なものだが、商品としてはイマイチの場合、その発明の商品化は難しくなる。発明という素材をうまくアレンジして、商品にこぎつけるすべを知らないのである。

 金銭がからむと、行動は慎重になる。
 発明家は、何度失敗してもかまわない。むしろ、失敗は成功の元とて、失敗を恐れていては成功はおぼつかない。しかし、企業では、一度の失敗が命取りになる場合もある。いきおい、慎重にならざるを得ないのだ。従来品の延長的なものは、過去のデータからある程度の予測が立てられるが、そうでない場合は賭になるのである。
 大企業を除けば、企業の業務範囲は狭いことが多い。それで、自分の発明にピッタリの企業を見つけるのはチョットばかり難しい。だから、数多くの企業に売り込まねばならないのである。
 企業内に、発明のよき理解者がいると、売り込まれた発明の長所、可能性をうまく導き出すことも可能と思うが、現実にはなかなかいないものらしい。また、発明するよりも、その商品化のほうが何倍も難しいといわれる。しかし、アマチュアの発明家は楽しみで発明をするので、実際には逆で、発明に大半のエネルギーを使い、売り込みには少ししか使わないことが多いのである。もっとも、商品化だけを目的として、発明をしているわけではないのだが…

 小説家という職業がある。
 ジャンルがあって、純文学、恋愛小説、時代小説、推理小説、SF、官能小説などいくつもに分かれていて、大体は一人の作家はどれかのジャンルを得意として活動している。だから、職業として成り立つのだろう。もっとも、近ごろはいくつものジャンルに挑戦している作家もおられるが。 ところが、発明家の場合は、いつどこでヒラメクかが決まっていない。あるときは日用品、またあるときはゲーム、食品などその分野が決まっていない。それが成功しにくい要因の一つではないかと思う。これが一つのジャンルに、得意分野を決めて発明にいそしめば、より深く追求することができて、成功つまり商品化の確率も高まるのではないかと思う。楽しみと商品化、この狭間で活動しているのが、アマチュア発明家なのである。


h26/3/1

                 発明法 その2


③用途開発法

 これは、新しい使い道を考える方法である。
 発明は、最初からある目的を持って作り上げることが多いが、新素材とかあるいはあるモノを見てその用途を考え、それが発明となる場合もある。
 スライドファスナーというのがある。別名でジッパーとかチャックなどともいう。このファスナーは、今ではいろいろな用途に使われているが、もとはといえば、靴の開閉具としてアメリカのジャドソンが発明したものである。当時のおしゃれ靴は、すねの方まで掛けボタンがあって、いちいちそれに紐を掛ける、編み上げ靴が大部分だった。そのため、靴を履いたり脱いだりする手開が大変だったのである。
 ジャドソンは、一回の操作で全部の開閉ができないかと考えて、長年の苦心の結果、スライドファスナーを発明したのである。しかしこれは、いくつかの欠点があったので、あまり売れなかった。これをスエーデンのサンドバッグという電気技師が改良を加え、現在使われているようなファスナーを開発した。これは当然のごとく、靴にも使われたが、ある人物にこれを見せたところ、数時間のうちに新用途、財布やバッグの開閉具としてのアイデアが生まれ、それからいろいろな使い道が生み出されたのだという。
 つまり、新用途が開発されたのである。これも、広い意味では発明に値するのではないかと思う。また、懐中電灯は、あるモノの用途を考えて生まれたものである。
 これを発明したのは、コンラッド・ヒューバートだが、彼はあるとき、電気植木鉢(電球のついた管を植木鉢に立てて照らすもの)を見た。そしてこの特許権を買い取り、販売を始めたがさっぱり売れない。困った彼は、鉢から管を切り離し、円筒形にして「持ち運び電灯」を作り、特許を取って売り出した。この持ち運び電灯は、軽くて携帯に便利なためか、良く売れてヒューバートは大金持ちになったという。
 ちょっとした方向転換が成功への階段を昇らせた例である。他にも吸い取り紙、トレンチコート、バター、魔法ビンなども用途開発によって生み出されたモノである。


④逆利用法


 欠点を逆手にとって発明してしまおうというのが、この逆利用法である。ふつう、発明は欠点の改良を考える。これがうまくできればよいのである。しかし、ときにはこの欠点を逆に利用できないかと考えるのもよい。欠点が逆に利点となる場合もあるものだ。
 マジックテープ(登録商標)、これはスイスのメストラルによって発明された。彼は秋のある日、山へ狩りに出かけた。山の中を夢中で散策しているうちに、ズボンや服に山ゴボウのイガがついてしまった。これがなかなか取りにくく、面倒な思いをした。そこで彼は、なぜこんなによくつくのかと、拡大鏡を使って観察してみた。すると、イガの表面にカギ型のとげがたくさん生えていて、そのカギが衣服の毛に引っかかっているのを発見した。そこで彼は、これを人工的に作り出せば、ファスナーの代わりにならないかと考えたのである。試行錯誤の結果、彼は現在の面ファスナーすなわちマジックテープを発明したのだった。
 もしメストラルが、不便さの解消にだけとらわれていたら、たぶんこの発明は生まれなかったに違いない。この不便さを逆に利用できないかという、発想の転換をしたからこそ、この発明ができたのではなかろうか。
 またある人は、静電気に着目して発明品を生み出している。静電気は日常生活では嫌われ者である。身体にたまった静電気が、ドアのノブなど金属に触れたときに、パチッと放電していやな思いをする。あるいはTV画面などにホコリがすぐ付着してしまう。ところがこの人は、この嫌われものの静電気を逆に利用することを考えた。静電気は摩擦によってよく起きるが、この静電気の起きやすい布を短冊状にしてたくさん束ね、ハタキにしたのである。このハタキを振ると、布がこすれ合って静電気が発生する。これでモノの表面をはらうと、ホコリが吸い寄せられてよく取れる。静電気利用のハタキである。彼はこれを某メーカーに売り込んで、1000万円のアイデア料をもらったという。
 困ったことの原因を突き止め、これを逆に利用できないかと考える。これも発明法の一つなのである。これまで書いてきた発明法は、基本的なやり方であり、必ずしもこれにとらわれなくてもよいが、こうした考えもあるのかなということを、頭の片隅にでも置いておくと、何かのときに役立つこともあるのではと思う。よい発明をするには、まずよいネタを見つけることが必要で、その一助になればと思っている。


h26/1/30

                 発明法 その1

 発明法というのがある。
 よい発明をするための方法である。
 発明家は、みずから発明のネタを見つけて、その解決案を生み出す。よいネタを探し、よい解決案を案出すると、よい発明になる。要はこの二点なのである。
 そこで、よいネタを見つける方法を考えてみた。
 それがこの発明法である。
①不便さ解消法
 昔から、「必要は発明の母」といわれている。
 自分にとって、必要だと思われるものを探すのである。つまり、身の回りを見渡して、こういうものがあったらいいな、もっとこうならないかなというネタを探せばよいのである。人類の歴史は、まさにこういったことの積み重ねであり、様々な発明品が誕生した。
 昔は、洗濯機というものはなかった。だから、川で洗濯をしたりして人力に頼っていた。それが当たり前だった。 それが、1860年ころになると、木箱に衣服を入れて、ハンドルでぐるぐる回すというものが現れた。そして、改良が加えられて、1920年代になると、今日のような洗濯機が登場する。さらに、遠心脱水機が開発される。もっと楽に、洗濯をしたいという願望、必要性から洗濯機が生まれたと云える。また、洗濯中に出る糸くずを何とか除去したいという願いから、クリーニングボール、すなわち、洗濯機の糸くずとりネットが、アマチュア発明家によって発明されて、一般化している。
 このような例は枚挙にいとまがない。
 掃除機、コピー機、タイプライターなども、身近な不便さをもとに開発された発明品といえるだろう。発明をする上での、もっとも基本的なやり方、それがこの「不便さ解消法」なのである。

②改良法
 これは、従来品の欠点を見つけて、それを改良するという方法である。 世の中の商品で、現在出回っているものは、そのほとんどが改良商品である。この改良した結果が発明となる場合も多い。あるものを新しく生み出して発明となった場合、その時点ですでに完成の域に達することもあるかもしれないが、大半はどこかに欠点や課題を持っている。
 これらの課題を解決しようとすると、その構造が変化してくる。同じ目的のものであっても、構造が変わると別の発明になる。すなわち、改良することによって、新たな発明が生まれるのである。昔、中世のころは、筆記用具は羽根ペンだった。鳥の羽の先にインクをつけて書いていた。それが19世紀になると、鉛筆が広く使われるようになる。
 鉛筆は、羽根ペンのように、いちいちインクをつけなくても書けるので、その便利さが人気を呼んだのである。
 最初、鉛筆が出始めたころは、丸い棒状だった。これは書くには便利であるが、机の上などに置くと、コロコロと転がって下に落ち、芯が折れてしまうという欠点を持っていた。これが後に改良されて、六角断面となるのである。六角にすると、持ちやすく、転がりにくいのである。
つまり、従来品を改良して発明となったのである。 

 別の話もある。昔、貧乏画家のハイマンという人がいた。彼は鉛筆を使って絵を描いていたのだが、絵を消すには消しゴムを使う。ところが、使っていると消しゴムがすり減って小さくなる。すると何かの拍子に転がってどこかにいってしまう。この不便さにしばらくは耐えていたのだったが、ついに決心して、発明に乗り出した。
 そして、考えたのが「消しゴムつき鉛筆」であった。
 鉛筆の先に丸い消しゴムを取り付けたものを発明したのである。彼は、この発明を友人の協力を得て、ある大きな鉛筆メーカーに売り込み、2億円の収入を得たという。こんな例は他にもいろいろあると思う。従来品の改良を考えて、今までにない新しさと便利さを持つものを生み出す。これも、立派な発明法なのである。


h26/1/15

               あなたも発明家


 発明家と聞いて、どんな人たちだと思うだろうか。

 風変わりな人、凝り性の人、普通の人とはちょっとちがっている人たち、こんなふうに思ってはいないだろうか。だが、いわゆる発明好きな人、発明家といわれる人は、普通の人と何ら変わらない人たちである。ただ、発明とかアイデアについての興味が大きいだけである。また、その発明内容も十人十色で、一人として同じ発明ということはない。それぞれの顔が皆ちがうように、発明の中身もまた千差万別なのである。ただ、時々、同じ分野の発明とか、類似の発明となることはあるのだが。
 では、発明家はどうやって発明家となったのだろう。いろいろ聞いてみると、その源泉はどうも好奇心のようだ。小さいころ、買ってもらったオモチャの仕組みを知りたくなって分解したら、後で元に組み立てることができなくて叱られたというような経験を持った人が少なからずいるようだ。
 私なんかも、ごく小さいころ、親戚の台所にあった一升瓶の中身を知りたくなってちょっと飲んだら、それが酢で、むせて吐き出した記憶がある。また火が好きで、マッチでイタズラしてずいぶん怒られたらしい。これは覚えていないのだけれども。
 好奇心はだれでも持っている。大体、人間というものはマンネリを嫌うものである。いくらおいしい料理でも、三日間同じものを出されたらうんざりする。ちょっとした変化がほしくなる。ただ、その人なりの傾向があって、変化に富んでいればどんな食べ物でもよいというわけではないのだが。また、変化に富んでいるとは行っても、よい方向への変化、料理でいうと、おいしい方向への変化が好ましいのである。だから人間はマンネリを避けて、いろいろと変化、つまり改良を企てるようになるのである。

 そうやって、文明が生まれたのではなかろうか。
 そしてまた、この改良が今までにない新しさやよいところがあると、発明になるのである。 発明とはいっても、無から有になるのではなく、今までのものを改良したり、AとBを結びつけて新しいものにしたりする場合がほとんどである。要は、改良すべき点をいかに見つけるか。その改良点をどうやって展開していくか、まとまったものにするかなのである。
 発明というと、難しいもの、とても自分にはできないなどと思っている人もあるかもしれないが、決してそんなことはない。誰にでもできるのが発明なのである。ただ、その発明を商品化するには、より一層の工夫と運が少し必要なのであるが。
 別に発明家でなくても、発明をしてしまう人もいる。
 知らず知らず、発明をするのである。
 たとえば、いつも作っている料理をアレンジする、あるいは料理のバリエーションを考える。こんなことはないだろうか。オリジナル料理でもいい。
 これを、発明の条件に当てはめてみる。
 ①今までになかったかどうか。②今までにない良さがあるかどうか。この二つの条件をクリヤーしていれば、それは立派な発明なのである。
 あるいは料理の仕方でもいい。また料理の保存方法でもよいのである。この二つの条件に当てはまっていれば、発明と呼べるのである。当然、料理以外のことでもいいのである。新しい食器、調理器具、食事用具などなど何でもOKである。

 北海道在住のKさんは、身障者用のスプーンを考え出した。手が不自由だと箸が使えない。けれどスプーンなら使える。こういうとき、スプーンは汁を飲むには都合がよいが、ものをつまむことができない。そこで考えたのは、ピンセット型のスプーンである。
 スプーン自体が縦に二つに分かれていて、根本の部分でつながっている。つまり、ピンセットの先に、スプーン形の半分がそれぞれついているというものである。これを握って、少し力を入れると先がピッタリくっついて普通のスプーン形状になる。だから、ものをつまむこともできるし、汁を飲むこともできるのである。
 これは現実に商品化されているが、これなども構造的には少しも難しいところはない。けれども立派な発明品なのである。
 あるいは、ウィンナーカットという商品がある。
 これは、主婦の発明を企業が採用して商品となったものである。子供のお弁当に、ウィンナーソーセージを入れるが、フライパンで少し炒める。このとき、味が浸みるように、ウィンナーの側面に包丁で切り込みを何本か入れるのだが、これが少々わずらわしい。
 そこで考えたのが、このウィンナーカットだった。
 半円形の板を二つ蝶番のように動くようにしてつなぎ、この板の内側に斜めに仕切板を、何枚か付けたのである。こうすると、この板にウィンナーをはさんでギュッと握ると、ウィンナーの側面に見事に切れ目が入るのである。これはのちに、バリェーションを考えて、三点セットで売られるようになった。
 フリーサイズの落とし蓋というのもある。
 煮物をするとき、味が浸みるようによく落とし蓋をする。鍋のサイズより少し小さめの木の板を使うが、この鍋とフタのサイズが適当でないと、うまくいかない。
 これも主婦の発明なのだが、ご主人の協力を得て、円形状態を保ちながら、大きくも小さくもできるものを考えたのである。扇状の金属板に溝を付けて、これが複数枚がスライドしながら開くものである。重宝なためか、よく売れているらしい。

 今まで紹介した発明は、なにも難しいものではない。だれにでもできそうに思えるくらいである。だが、先の二条件にマッチするので、発明なのである。
 いかがであろうか。発明の基本形は、今まで不便と思ったことの改善を考えることである。これを行っているうちに発明が生まれてくるのである。今までの生活を振り返ってみて、何か新しい工夫がなかったか、探っていると、あるいはすでに発明してしまったものが見つかるかもしれない。発明を特別なものとは思わずに、身近なことから始めたらいかがだろうか。そこから新しいものが生まれ、創意工夫の力も高められるにちがいない。


h25/12/27

             日曜発明学校

 札幌に、日曜発明学校というのがある。
 発明好きが集まった、同好会みたいなものである。
 北海道には他に、旭川、和寒、苫小牧、函館に同じような組織があり、各々活動している。さらに全国では、九州までを含めて、60ヵ所近くの○○発明研究会がある。これらの各地の研究会では、月例会を開いている。日曜日に開催するので、日曜発明学校というのである。
 札幌では、毎月第3日曜日に月例会を開いていて、だいたい20~30名ほどが集まるが、年輩の男性が大半を占める。
 会は伝達事項から始まり、会長のアイデア商品のテストがある。(私は事務局長で、司会役である)
 これは、市販のアイデアグッズを2点買ってきて、皆でその改良案や新用途開発などを考えるというものである。そして、希望者にはその商品をプレゼントする。但し、宿題つきである。次回までに、その商品について改良案を考えてきて、発表してもらうのである。宿題を忘れたら、バケツに水を張って手に持ち、廊下に立ってもらうということになっている?が、このような例はまだない。
 さて、休憩時間のあとは、いよいよ発明発表である。これも希望者であるが、自分の考えた発明なりアイデアを皆の前で発表し、意見やアドバイスを受けるのである。
 一般に、発明家は自分一人で発明し、コツコツと試作品を作ったりしているものだが、発明者は自分のアイデアに惚れ込んでいる。だから、あばたもエクボで、その欠点がよく見えない。それで、発表して意見をもらい、さらなるレベルアップに役立てるのである。
 発明者は、発表のとき、すべてを話そうとする。
 発明のキッカケから苦心したところ、従来のものの欠点などなど。しかし、聞いている身になると冗長で飽きてくるし、時間が足りなくなる。これを調整するのも、司会者である私の役目である。けれど、その場の雰囲気、盛り上がりなどを考慮して、時間的な切り上げのタイミングが難しい。
 会場は1時~5時までとなっているので、タイムキーパー的な役目もある。また、特定の人ばかりが発言したがる傾向があるので、そのコントロールも必要だ。しかし、終わってみると、すがすがしさが残ってなかなかいいものだ。ふだんは使うことの少ない右脳・ヒラメキ回路が刺激されるからだろう。
 しばらく前、全国の発明研究会の有志が一堂に会する、全国発明研究会・研修交流会が札幌で開催された。第1回の浜松大会のあと、第2回目が開かれたのである。北は和寒から南は九州の大分まで、総勢80名が集まった。10ヶ月くらい前から準備を始めて、開催にこぎつけたのだが、終わって見れば盛会で、大成功のうちに幕を閉じたのであった。
 中でもアトラクションが素晴らしく、発明の歌や寸劇、発明ファッションショーなどが人気だった。それで感じたことだが、発明を志す人々は互いに心が通じやすいのではないかと思う。
 そんな仲間が一堂に会すると、話に花が咲いて、古くからの友人のように思えてくる。二次会、三次会まで流れ込んで、有意義な二日間であった。 


h25/12/14

                 TV出演


 私がはじめて出たのは、いまから二十数年前で、たしかSTVテレビの番組、「ズームイン朝」だったと思う。TVに出たとはいっても、エキストラみたいに一瞬画面に映っただけなのだが。
 当会の会員で、T氏の発明品、遠投式釣り具のときだった。投げ釣りのときは、竿を振ってルアーを遠くに飛ばすのだが、T氏の発明したのは、バネ仕掛けで飛ばすものである。つまり、だれでも技術のうまい下手に関係なく、ルアーを遠くに飛ばせるというシロモノである。
 さて、TV局との打ち合わせがすみ、本番の日がやってきた。その日は、局がゴルフの練習場を借りて、そこで遠投の実演を行い、その様子を生で放映することになっている。
 朝5時に起きて車に乗ろうとしたが、ドアが開かない。厳寒期だったので凍りついているのである。しかたなく、キーの差込口を手で暖めたり、ライターであぶったり、しまいには舌でペロペロしてみたが、全然ダメである。ワゴンスタイルの車だったが、思案したあげく、後ろから入ることを試みた。後部のキー差込ロは突き出ているので、どうにかならないかと思ったのだ。
 すると、うまいぐあいに開けることができた。そして後ろから入って運転席にたどりつき、やっとの思いで取材場所へ向かうことができたのであった。
 現地に着くと、局のバスが待機している。レポーターをはじめとするスタッフがすでに準備を始めている。やがてT氏がやってきた。もう一人、当会スタッフのN氏もやってきた。T氏の実演前に、普通の投げ釣りで飛ばし、両方の比較をするのである。
 そして、そのときがやってきた。
 レポーターの口上のあと、N氏が竿を振ってルアーを飛ばした。つづいて、T氏の出番である。 T氏の装置は2本あり、私は彼の後ろでこの装置を持ち、発射のあと、もう一本を渡す役である。バネを圧縮し、引き金を引いた。すると、どうしたことか、2~3m先にルアーがポトリと落ちた。予定では数十m先まで飛ぶはずだった。明らかに失敗である。私が次の装置を渡す予定だったが、あまりのことに忘れて呆然として立っていた。
 あとで本人に聞いたところ、前日に練習しすぎて、バネの調子が悪くなっていたらしい。残念だった。でも、はじめて自分の姿がTVに写ったのはうれしかった。
 この時以来、今まで数回TVに出していただいた。
 年に1~2回くらいはTV局から電話が入る。それもだいたいは放映間近になってからである。どうも、ネタ切れになると、こちらにコンタクトしてくるみたいである。毎回、数人を紹介し、その中から選んでもらうようにしている。生放送のときもあれば、録画してから編集して流れることもある。
 当会に局のスタッフがきたことがある。
 ディレクター、カメラマン、照明係、助手など4~5人がやってきた。打ち合わせの後、リハーサルを1~2回すませて、本番となる。録画取りの時間を含めて、1~2時間くらいかかった。放映当日、どんなふうに出るかなと見ていたら、ほんの数分だった。
 あれだけのスタッフ、時間をかけて、わずかな時間しか流れないのであった。それで、TVの番組というのは、ずいぶんと多くの労力と時間をかけて作っているのだなあと実感したのであった。


h25/11/30

           コンニャクのルーツ


 このコンニャクは、サトイモ科の多年草で、球茎があり、走出枝を出して子球を作る。つまり、われわれが食べているのは、コンニャクの茎の部分なのである。
 これは東南アジアが原産で、作物として広く栽培されている。日本へは平安時代以前に、中国を経て伝わったと考えられている。古くは古渥夜久(こにやく)といった。 当時の製法は、球茎をつき砕いて餅とし、濃い灰汁に石灰を加えて煮て固めたものであったが、江戸中期に現在のような粉コンニャクの製法が開発された。
 常陸国の百姓藤右衛門が、腐敗しやすく保存・輸送にたえないコンニャクイモの改良を考え、1776年、イモを輪切りにして乾燥させ、砕いて粉末とする方法を発明した。以後、販路は拡大し、当時は全国の中心産地であった。
 コンニャクは、製粉に水を加えて糊状のものとし、石灰を浸出したアルカリ液を加え、型に入れる、線状に突き出す、団子状に丸めるなどして湯でゆで、凝固させて作る。 コンニャクイモには、グルコマンナンが多く含まれ、これがアルカリによって凝固する。石灰水の代わりに、木灰の灰汁を使うところもある。ところで、こんにゃくそのものには味がほとんどない。しかも、イモはそのままでは食べられない。こんなものを、なぜ、どうやって食材にするようになったのだろう。

 大昔は、人類は野生のものをそのまま生で食べていたのだろう。木の実、魚介類、獣肉などである。火の使用を知ってからは、煮たり焼いたりして食べるようになる。その方が味よく、柔らかく、楽に食べられる。今ほど食材が豊富ではなく、飢えたこともあったと思う。すると、何でもいいから口に入れたくなる。
 あるとき、コンニャクいもを見つけ、これを持ち帰ってゆでてみた。とても食べられたものではない。長時間ゆでているうちに、その汁が下の灰に落ちた。灰はアルカリだから、その汁が固まって、プルプルしたものになった。それをおそるおそる口にすると、何とか食べられる。その後、コンニャクイモを砕いてゆで、濃い灰汁で固め、これに味を付けて食するようになった。というのが、私の想像である。
 いろんな食材があるが、味のないものはめったにない。そういう意味では、貴重な食材といえるだろう。つまり、プルプルした食感を楽しむ食べ物なのである。
 さて、コンニャクには、板状のものと線状のものとがある。板コンニャクは型に入れて固めてから、適当に切り、数時間加熱して作る。また、湯の中に線状に突きだしたものが糸コンニャクあるいはしらたきである。これらのコンニャクは、その弾力ある歯ざわりが好まれ、酢味噌で食べたり、白和え、鍋料理、汁の実、おでん、田楽、煮しめなどに用いられる。
 主成分のグルコマンナンは、ほとんど消化されず、ビタミン類も少ない。成分の96~97%は水分で、カロリーも少ないため、ダイエット食品としてよく利用される。また、昔から腹の砂をとるといわれている。このコンニャクを食べるのは人間だけだろうが、食感を楽しむ意味合いが強いと思われ、そういう意味では刺身のタコもそれに近いのてはないかと思う。まったく、人間は何でも食べる動物なのである。


h25/11/15

            おからの利用法


 おからは、豆腐を作る際、豆乳を絞った残りかすである。卯の花あるいは雪花菜ともいう。卯の花は、生け垣などに植えられているウノハナに形状が似ているところから、雪花菜は、雪のような感じからつけられた名である。おからは、豆腐製造の副産物とでもいうものであるから、歴史的には豆腐の製造とともにあったといってもよい。
 成分としては、繊維質が多いが、大豆中の油、ビタミンBI、タンパク質、糖質なども一部残っている。このため、乳牛の飼料にすると、搾乳量が増え、以前は肉牛の肥育にも使用されていた。 おからは、そのままでは味がほとんどなく、かさかさしているので、料理のときは、植物油を使用してコクを出す。料理には、卯の花炒り、卯の花汁、卯の花寿司などがあり、各地の郷土料理の中にもおからを使ったものが多くある。
 現在は、料理以外の利用としては、飼料や肥料として一部使われるが、大部分は廃棄している。日本全国では毎日、数百トンのおからが排出されるが、廃棄処分科にトンあたり一万円近くの費用がかかる。消費量と比べて、圧倒的に捨てられる部分が多いのである。
 そこで何か他の有効な利用法がないかと思って、新聞のスクラップ記事を見ていたら、緩衝材の記事があった。
 物品を運ぶときに、破損しないようにその物品のまわりに詰めるものである。これは、おから70%、ポリプロピレン30%を混合して、押し出し成型機でチューブ状に成形し、一定の寸法に裁断して作るものである。生分解するため、容易に処理でき、原料も低コストですむという特徴がある。
 また別の記事には、おから醤油というのが載っていた。基本的な製造工程は従来と同様で、大豆を原料とするものに比べ、淡い色で薄口に仕上がるらしい。また、熱処理が不要のため、コスト的にも採算が合うという。おからは、菓子にも一部使われている。おからを混入して焼き上げた煎餅やビスケットがある。
 さて、他にも何か有効な利用法がないものかと考えていたら、いくつかヒラメイた。
 その一つは、「おからトレイ」である。
 スーパーに行くと、食品売場に、パッケージされたいろいろな食品がならんでいる。これらの食品は、白い発泡スチロールのトレイにのせられ、透明なポリエチレンシートで覆われて売られている。この発泡スチロールの代わりに、おからトレイを使うのである。前述した緩衝材の手法を使えば、可能ではないかと思う。しかも、生分解するので地球にやさしい素材になると思うのだが。
 あるいは、「おから燃料」というのはどうだろう。
 おからは80%以上が水分だという。この水分を除けば、あとは繊維質が大部分である。これに廃油(天ぷらの残油など)を吸収させるのである。よく燃えそうな気がしてくるのだが、いかがだろうか。また、「おからふりかけ」というのも考えた。
 おからを乾燥させて粉末にして、これに味付けして、ご飯にふりかけるのである。繊維成分の補給源としても有効ではあるまいか。
  「おからボード」、これはおからを乾燥させたあと、木屑と混ぜてから、圧縮して合板状にするのである。実験してみないとわからないが、原理的には不可能ではないと思う。ただ、乾燥をどうやってするかが問題かもしれない。コストの面でほどほどになる手段を探さればならない。防腐処理も必要になるだろう。
 それから、「ペット用敷き材」というのはどうか。
 ペットにも、鳥や犬、猫などいろいろだが、つまりふん処理剤に使うのである。おからは、吸収性がよいので、役立つと思うが、ただ乾燥させた状態にしなければならないので、ここでもやはり乾燥手段がポイントかと思われる。
 使い捨てから循環システムヘの移行が課題となっている今、考えるに値するテーマといえるかもしれない。


h25/10/30

    大豆から生まれたもの②


 大宝律令(701)には、醤、くきとともに未醤(みそ)という調味料が現れ、この未醤が味噌の前身であると思われる。味噌は多くの種類があり、全国各地に特徴のある味噌がある。味噌は材料の違い、気候、風上の差によって各地に独自のものが発達した。「手前味噌」は、自分の家で造った味噌の味を自慢したことからきたコトバである。
 味噌はいろいろに分類され、色、味、使用する麹、粒の有無、産地などに分けられる。産地別では、江戸味噌(赤色の甘口米味噌)、仙台味噌(赤色の辛口米味噌)、信州味噌(淡色の辛口米味噌)、八丁味噌(赤色の辛口豆味噌)、西京味噌(白色の甘口米味噌)などがある。
 味噌の味の嗜好は、気温によっても異なる。一般的に、寒い地方では辛い味噌が、暖かい地方では甘い味噌が好まれる。味噌の製法は、大豆を蒸してつぶし、これに米、麦、大豆などで作った麹と塩を混ぜて発酵・熟成させてつくる。米味噌の場合は、大豆を水に浸した後、蒸してつき砕き、米麹と塩を混ぜて容器にきっちりと詰める。これをゆっくり発酵させる。仕込みは晩春から初夏にかけて行い、一夏を過ごして一年で出来上がりとなる。
 味噌は、大豆のタンパク質が、醸造によってアミノ酸などの消化吸収しやすい状態に変化しており、過去の日本では大事なタンパク質給源として、その役割を果たしてきた。また、ビタミンBIが多く、味噌の醸造中にできる酸類とアルコール類が酵素作用により、エステルを作り、これはガンを予防する免疫的な働きがあるといわれている。料理としては、味噌汁がもっとも多く利用され、他に味噌煮、土手鍋、田楽、味噌和えなどにも使われる。
 ところで、いったいどのようにして味噌が造られるようになったのだろうか。
 人類最古の調味料は、塩とされている。
 古代人は、魚介類は海水の塩味をそのまま調味料代わりにしたのだろう。日本の塩生産の歴史は、縄文時代後期の土器製塩までさかのぼる。土器で海水を煮詰めて塩をとるのである。これが奈良時代になると、塩田が始まる。砂浜に海水をふりかけては乾燥させ、これを繰り返したあとに、この砂を集めて煮て、塩を分離するのである。味噌を造るには、塩が必要で、ちょうど中国あたりから伝わった味噌の前身の製法にもこの塩田が役だったにちがいない。
 では、人類最古の味噌はどんなものだったのだろう。塩を使った塩蔵は古くからあったと思われる。すると、豆を煮て塩蔵することも行われていたと思う。この塩蔵の豆に、たまたま麹がついて、味よいものになったのかもしれない。こういった偶発的なことが、発明や発見にはしばしば登場するものである。

 さて、味噌とともに広く利用されている調味料に醤油がある。この醤油の原型となったものは、穀類や鳥獣魚肉、野菜・海藻などの材料に塩を加えて発酵させる醤である。醤油はこの中の穀醤が変化発展したものとされている。この穀醤に、中国からの技術が加えられ、発展して日本独特の醤油となった。また、紀州の由良に興国寺を開いた禅僧覚心が、金山寺味噌の製法を中国からもたらし、これから醤油が生まれたとも伝えられる。
 この金山寺味噌は、いり大豆、大麦麹に塩を加えたもので、これに野菜が漬け込まれた。そしてこの桶の底にたまった汁が、調味料として優れていることが発見され、紀州の湯浅ではじめて新しい調味料として売り出されたという。
 この新調味料がやがて溜まり醤油に発展し、室町時代になると、ほぼ溜まり醤油の形が確立する。そして、江戸中期以降になると、溜まり醤油中心から濃い口醤油中心に変化した。とくに関東で発展した。一方、関西では濃い口醤油から淡口醤油ができた。 濃い口醤油の製法は、まず大豆や脱脂大豆を蒸し、炒って砕いた小麦と種麹を加え、麹室で菌を繁殖させる。これに食塩水を混ぜて仕込む。この混合物がもろみで、これを半年から一年かけて発酵・熟成させ、絞って殺菌(火入れ)したものが濃い口醤油である。
 淡口醤油は、濃い口醤油より濃い食塩水を用い、色がつかないように熟成を短くし、また火入れも色が薄くなるよう低温で行う。醤の中に魚醤があるが、これは魚を原料にして作った醤油で、秋田のしよっつるはその代表的なものである。小魚に塩をして熟成させ、液状になったものをろ過して作る。ベトナムのニョクマムもこの一種である。

 醤油も味噌も、大豆が関係しているが、一方は液状で他方が固形物というのが面白い。現代人は、当たり前のごとく、これらの調味料を使っているが、もし古代人にこれを使わせたらどんな感想をいうのだろう。ちょっと試してみたい気もする。食料の保存には、他にもいろんな手段がある。保存が利き、かつ味よくなる調味料の出現は、食文化にとって革命的なことだったにちがいない。食糧確保とともに、その得た食料の保存は、古代人にとって非常に大切なことだったろう。それで、塩蔵や乾燥をはじめとする、各種の食料保存法が発展してきたのだと思う。生活にとって必要欠くべからざるもの、それが食料の保存であり、調味料の発達ともなったにちがいない。


h25/10/12


            大豆から生まれたもの①


 私は豆腐が好きだ。口に入れてすりつぶすようにして食べると、ほのかなうま味が感じられてよいものだ。夏は冷や奴、冬は湯豆腐など日本人に好まれる豆腐。そして納豆もよく食べる。温かいご飯にかけて食べると、食が進む。これらの豆腐や納豆が大豆から作られることは誰もが知っている。
 さて、ではいつ頃から食されるようになったのだろうか。調べたところによると、大豆の祖先は東アジアに広く自生するツル豆であるという。このツル豆は古代から食料とされていた。そしてツル豆から栽培大豆が作られるようになったが、その起源地は中国東北部、シベリア、アムール川流域とされている。この栽培型が、紀元前3世紀から紀元後7世紀にかけて、中国南部、朝鮮半島南部、東南アジアの諸地域に伝わった。
 また、古代日本では、各地で自生しているツル豆を食料としていたが、縄文あるいは弥生時代に中国から栽培大豆が渡来したとある。この大豆は、たぶん煮たり焼いたりして食べていたのだろうが、消化が悪いので消化しやすい形に加工された食品が多く開発されたらしい。
 その一つが豆腐である。
 大豆の加工食品の中では、豆腐が一番多く、年間約30万トンの大豆が豆腐に加工される。そのほかに、油揚げやがんもどき、凍り豆腐、湯葉などにも加工されるが、油揚げは年間約15万トンの大豆がこれに使用される。豆腐は、中国前漢の高祖の孫、淮南王が紀元前に発明したという伝承がある。それで昔は豆腐のことを「かいなん」ともよんでいた。日本へは奈良時代に仏僧によって紹介され、はじめは寺の精進料理や貴族階級の食べ物だった。庶民の間に広まったのは、茶道が普及して、懐石料理が発達した室町時代以降であるとされている。
 また、豆腐は「おかべ」ともよばれていた。色や形が白壁に似ているためである。
 豆腐の中で、もっとも古くから作られていたのは、木綿漉しとよばれるものである。
 水に漬けて柔らかくした大豆を、水を加えながら粉砕機(以前は石臼)ですりつぶす。これを呉というが、呉にさらに水を加えて煮て沸騰させる。この加熱によって大豆の青臭みがとれる。次にこれを布袋に入れて絞り、豆乳とおからに分ける。
 豆乳が70度Cくらいにさめたところで、凝固剤を加える。凝固剤は、以前は天然にがりが使用されていたが、現在は人工にがり、硫酸カルシウム、塩化カルシウムなど各種のものが使われる。凝固剤を加えると、豆乳中のタンパク質が固まってくるので、そのまましばらく静置したあと、箱に流し込む。この箱は四方に小穴をあけたもので、木綿布を敷いてある。余分の水分は、木綿布で漉され、小穴から流れ出る。型箱の上には落としフタをして重石をのせ、水気をきる。豆腐が充分固まったら、箱のまま水に入れて豆腐を抜き出し、しばらく水に浸す。こうすると余分の凝固剤が溶けだして味がよくなる。適当に切って製品とするが、これが木綿豆腐の作り方である。大豆lkgからは、約4~5kgの豆腐がとれる。
 絹ごし豆腐というのがある。
 これは、木綿豆腐のように水切りをせず、豆乳全体を固めたものである。水分が多く、柔らかなところからついた名称で、絹布で漉すわけではない。

 ところで、豆腐はどのようにして作られるようになったのだろう。
 たぶん、海辺の近くに住んでいた人達が生み出したのではなかろうか。
 大豆は生のままでは固いので、煮たり焼いたりして食べていたのだろう。煮るときは、鍋のようなものを使ったにちがいない。豆を煮て食べたあとに、海水でこの鍋を洗ったとする。海水にはにがり成分が含まれているので、豆の煮汁と混ざったときに、凝固したのではないか。
 このプヨプヨした妙なものをすくって食べてみると、けっこうイケル味だ。などということで、今度は豆の煮汁を大量に作り、海水を混ぜるとより多くの豆腐状のものが得られ、これが広まって豆腐となったのではあるまいか。
 豆腐は味が淡泊で、いろんな加工品としても利用されている。まったくウマイものを作ってくれたと思う。


 さて、豆腐とともに身近な大豆製品に納豆がある。
 この納豆には、塩辛納豆と糸引き納豆がある。塩辛納豆は、昔は「鼓」(くき)とよばれ、奈良時代に中国から伝わって、宮中でも作られていたようだ。この塩辛納豆は、寺で作ることが多かったため、寺納豆ともよばれた。現在は、京都の大徳寺納豆、静岡の浜納豆などがある。納豆の名の由来は、寺院の納所で作られるので、納所豆から納豆になったとも、カメや桶に納めて貯蔵するところからきているともいわれている。
 塩辛納豆は中国から渡来したが、もう一つの糸引き納豆は日本独特のものである。後三年の役(1085~87年)で、八幡太郎義家が、陣内で大豆を煮させているとき、敵の来襲を受け、その豆をわら俵に詰めておいたところ、後日、戦いが終わってみると納豆ができていた。それが糸引き納豆の始まりだとされている。
 食糧確保でわらに詰めたものと思われるが、このわらについていた納豆菌と、適度の保温状態がうまくマッチしてできたのだろう。この糸引き納豆は、江戸時代になると関東各地で食べられるようになり、書物や歌などにその名が多く現れている。糸引き納豆は、大豆を水に浸し、充分膨らんでから蒸す。蒸し上がった大豆を別の容器に移し、培養した納豆菌を大豆に混ぜ合わす。これを容器に包装して、40度C程度の発酵室に入れる。16時間おいたところで、発酵室から出して冷却し、菌の繁殖を止める。これが糸引き納豆の製法である。
 この糸引き納豆は、どちらかといえば関東以北でよく食され、関西方面ではあまり盛んではないようだ。納豆のタンパク質は納豆菌によって分解され、消化吸収されやすくなっている。また、発酵によりビタミンBIも多く生成され、栄養的に優れた食品である。なお、納豆の粘質物は、納豆菌によって作り出されたタンパク質の分解物によるものである。
 ところで、納豆にはいろいろな食べ方があるようだ。よく練ってから、しょうゆとカラシを混ぜて食べるものと思っていたが、先日見たTVでは、砂糖、マヨネーズ、酢、ケチャップなどで味つけて食べるのが紹介されていた。ものは試しと、ケチャップを混ぜて食べてみた。まんざらでもないが、やはり食べ慣れたのがよいようだ。皆さんも一度試してみては……


h25/10/1

               禁煙について


 禁煙といっても、ほんの少しの間だったが、なかなかつらいものである。体調が悪く、今日はタバコを吸うまいと決心して、一日をスタートする。
 午前中を何とかクリアーして、昼食となる。食後に一服したくなるのをこらえて、午後になる。仕事が一段落すると、また一服したくなるが、ドリンクを飲んでごまかす。夜、タバコに関係する灰皿やライターを、目につかないところにしまい、なるべく刺激物を取らないようにする。酒やコーヒーを飲むと、つい吸いたくなってしまうからである。
 やっと一日が終わった。ここで、一本くらいならいいだろうと思って吸うと、必ず二木目を吸いたくなる。二本吸うと、たちまち三木目に手が伸びる。3本吸ってしまうと、後はなしくずし的に普通の状態にもどってしまう。だから、気を抜けないのだ。
 かくして寝につき、翌日も同じようにすぎる。
 三日目にはいると、体調がよいのがわかる。何となくからだが軽い感じがする。そして午前中がすぎ、午後に入ったとき、ついに一本吸ってしまった。
 タバコは習慣性があるが、いつも吸っていると、一種の条件反射のようになっている。朝、起きてまず一服する。仕事始めにまた数本吸う。すると、頭がハッキリしてくる。これをやらないと、頭がボーツとしたままで、何ともしまらないのである。それでついつい吸ってしまうのだ。
 大昔は、このタバコなるものはなかったと思う、というより喫煙の習慣はなかったはずである。あるとき、だれかが持ち込んでから普及したはずなのだ。
 そこで、ちょっと調べてみた。

 タバコは、ナス科の多年草である。
 ナス科には、ジャガイモ、トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子など身近なものが含まれている。ナス科の中にタバコ属があり、そのタバコ属は60種以上があり、栽培種と野生種とがあるらしい。栽培種は、南アメリカ大陸の北部や中部が原産で、古代マヤ族が最初に用いたらしい。それが北アメリカの先住民に伝わり、儀式などに使われた。
 1492年に、コロンブスがサン・サルバドル島に上陸したとき、アラワツク族がトバゴという管を使って、タバコを吸っているのを見たことから、タバコと呼ばれるようになった。
 1556年にはサントドミンゴからスペインヘもたらされ、1585年にイギリス人の航海者ドレークがイギリスに持ち込んだ。そしてイギリスの探検家ローリーが宮廷にパイプでの喫煙を紹介し、たちまちのうちに広まった。
 日本にタバコが入ってきたのは、ポルトガルやスペインのアジア進出の時代である。天亀から天正年間(1570~92)にかけて、船員が持ち込んだといわれる。 つづいて慶長年間(1596~1615)に種子が渡来し、各地で栽培されるようになった。17世紀半ばには、全国各地でタバコが栽培されるようになったが、幕末には、薩摩藩などが専売制を取っていたらしい。1904年に、明治政府はタバコの製造・販売を政府の専売としている。

 タバコには習慣性があるが、少量で動物に強い生理作用を及ぼすアルカロイドという成分が関係している。 このアルカロイドは「アルカリのような」という意味であるが、タバコに含まれるのはニコチンである。ニコチンは、中枢神経・末梢神経を興奮させ、血管を収縮させて血圧を高める作用がある。
 これがよくわかるのは、風呂上がりである。
 風呂から上がってほてった体のとき、1~2本吸うと、たちまち体温と言うよりは皮膚の温度が下がるのがわかる。スキーに行って滑っているとき、ゲレンデで一休みしようとして一服つけると、頭が締め付けられるように感ずることがある。寒さで血管が縮まっているときに、さらに血管が収縮するのである。こんなときは吸うのをやめて、ロッジに帰ってからあらためて吸うことにしている。
 さて、近年は嫌煙運動が盛んで、公共の場では禁煙場所が多い。もっとも喫煙場所が別に設けられていたりするのだが。でも以前のようにどこでも自由に吸えないのは残念である。
 タバコは「百害あって一利なし」とよくいわれる。物理的にはたしかにその通りだと思う。しかし、喫煙習慣のある人が、突然タバコをやめたときに、口寂しくなって、飴やガムを口にすることもあるのではなかろうか。その結果、糖分の取り過ぎなどで、体調を崩したりしたら、どちらがいいのかわからなくなる。タバコのみの言い訳みたいであるが、そういうわけで、いまだに吸い続けているのである。禁煙のための飴や茶などがあるが、いっそのこと、禁煙タバコというのを開発してもらいたいと思う。つまり、タバコを吸いながら禁煙するのである。
 こんなタバコができたら、真っ先に買おうと思っている。
(今現在は、離煙パイプを使いながら少量を吸っている。煙草がやめられない最大の理由はニコチンであることがようくわかった)


h25/9/13

               不思議体験


 今から数十年前、こんな体験をした。
 当時私は下宿住まいだった。母方の親戚の家が近くにあって、時々訪ねたりしていた。その親戚の家は、となりに空き家を持っていた。 祖父が体調を崩して、その空き家に寝泊まりしていた。 祖母と顔を合わす度に、いつ越してくるのかと何度も訊かれていたが、「ここは静かでいいですね」といったのをキッカケに誘われるようになっていた。
 引っ越して二~三日後のころ、その祖父がいよいよあの世への旅立ちが近くなり、親戚一同が集まった。
 あるとき、床に伏していた祖父がタバコを吸いたいと言い出した。
 そのときは、親戚の中のある中年の女性が近くにいたのだが、勝手が分からないといって、私に助けを求めたので、私はパイプにタバコを詰めて火をつけ、寝ている祖父に渡した。
 そのときである。この女性は以前、私の母親だったことがあるという直感を得たのである。そのときまでは会ったこともない女性に対して、こういう思いがわいたのである。妙なこともあるものだとそのときは思ったのだが。人間に前世があるとすれば、その前世でその人が母親だったのかもしれない。
 最近読んだ本に、「前世療法」というのがある。
 この本によると、人はいくつもの前世を持ち、何かのキッカケでそれが甦るものだという。退行催眠がその一つの手段らしい。さて、その女性はその後、亡くなったということを人づてに聞いた。それから数年後、また別の体験をした。

 仕事が一段落して昼食に出かけた。
 その帰り道で、ある交差点にさしかかったとき、信号待ちで道路の向かいに、若い二人組の女性がいた。一人が自転車を持ち、もう一人の友人らしい女性と話をしていた。信号が青になって歩き出して、道路の中程ですれ違ったとき、自分がいたらない人物であるとの思いがわいてきた。その二人組の女性の雰囲気が、全然違うのである。
 まるで、天界からたまたま降りてきたかのような、天国のような雰囲気が漂っていたのである。すれ違ったとき、自分を10ワットとすれば相手は100ワットくらいの違いを感じたのである。ただそれだけのことであるが、今までに感じたことのない新鮮な驚きだった。
 こういう体験は、コトバでは十分に伝えることはできないと思うが、何とも不思議な気がしたのであった。
 そしてさらに数年後、知り合いの紹介である女性と食事をすることになった。
 その女性は、こちらより少し若く、どちらかといえばボーイッシュな
感じを持っていた。喫茶店で少し話をした後、居酒屋へ誘った。しばらくして、その女性がトイレに立った。私は飲み食いをしていたが、その隣の席へだれか座ろうとする。目の隅で中年男性のようだと思い、注意しようとして、その人物を見上げたとき、なんとトイレから帰ってきたその女性だったのである。雰囲気からしてまさに男性だと感じたその人物がである。人に前世があるとすれば、たぶん、その女性の前世は男性だったのではあるまいか。後でそのように解釈したのだった。世の中には、ずいぷんと不思議なことがあると思うが、以上の三つの経験は、私にとって十分に不思議な体験であった。


h25/9/2

                     


 最近、よく夢を見る。それも朝方、目覚める少し前である。起きる直前に見ていた夢はよく覚えているものだが、そのうち忘れてしまう。 夢にはパターンがあって、夢を見ていながら、これは前に見たなとか思うこともある。
 私の夢には、決まって家族が何人か登場する。 母とか妹が多く、父親はめったにでてこない。やはり、親しさの多い方が出現の機会があるみたいである。しかし、なぜ夢にパターンがあるのだろうか。 自分でパターンを作っているとは思えないのだけれど、なぜかそうなってしまう。
 夢の中では、いろんなことができる。
 以前は、空を飛んだり、お金を拾ったり、ごちそうを食べたりする夢をよく見た。ところが、これが現実だといいなと思っていて、夢でなければいいのにと感じていたりして、しかし夢だとわかってガッカリすることがあったものだ。この夢がさめなければいいのにとか、好きな夢が見れたらいいなとか思ったことはないだろうか。
 そこで、自動夢選択機械というのがあったらどうだろう。寝る前にこの機械をセットする。プログラムがたくさん用意されている。その中から好きなものを選んでセットするのである。あるいは、オリジナルコースというのがあって、こちらは自分でプログラミングする。
 その場合、いくつかのピースがあって、これらをうまく組み合わせて作るのである。色つき色なし、登場人物の設定、時間帯の設定など、自由自在である。 ただ、あまり現実から離れた内容にしてしまうと、夢から覚めたときに、興ざめするかもしれないが。
 人生もまた一つの夢のようなものかもしれないとすれば、生きている間に、多くの夢が楽しめれば、これはこれでステキなことである。

 邯鄲(かんたん)の夢という故事がある。
 昔、中国、唐の玄宗皇帝のころに、道士の呂翁が邯鄲の家で廬生(ろせい)という少年にあった。この少年は立身しようという志を翁に伝えた。翁は一つの枕を出して与え、これを枕にして眠ると、思いのままの栄華が得られるといった。少年が枕を借りて眠ると、たちまち良家の娘をめとり、進士に合格し、ついに趙国公に任ぜられて、長年の栄華を楽しむことができた。
 さて、目が覚めると、彼が眠りにつく前に翁が炊きかけた飯が、まだできあがっていないほどの短時間であったという。
 廬生はこれで人の世の栄華のはかなさを悟ったという。
 これは中国の故事だが、しかし、自在に好きな夢を見ることができたら素晴らしいと思う。
 だれか、こんな機械を発明してくれないだろうか。
 これもまた、夢である。


h25/8/15

             早いもの勝ち


 発明と特許は深い関係にある。いわば、二人三脚みたいなものである。発明をして特許出願を済ませて、商品にする。これが普通のやり方である。
 東京の千代田区霞が関に特許庁があり、ここですべての出願を受け付けている。特許出願ということは、特許願の書類を作り、この特許庁へ持参もしくは郵送することである。他にパソコンを端末として、電子的にデータを送付する方法もとられている。
 特許庁では、早く受け付けたものを優先している。 特許法に決まりがあるので、そうなるのである。だから、一日でも早い方がよいのである。

 昨今は携帯電話が流行しているが、この電話はもとはといえば、アメリカのベルによって発明されたものである。ボストンにある聾唖学校の教師、アレキサンダー・グラハム・べルは、聾唖者にコトバを伝える装置を研究していた。そして、1876年、音叉を電気で振動させて音楽を伝える装置を考えているうちに、電話機を発明した。ところが、エリジャー・グレイという人物も、べルと同じ仕組みの電話機を発明しており、特許出願をしたのだが、べルの方が二時間ほど早かった。
 それで、べルが電話の発明者として、後世に名を残すことになったのである。しかし、電話的なものとしては、別の人物がすでに発明していた。1862年に、ドイツのライスという教師が、人間の耳をまねた送話器と、縫い針をコイルで巻き取ってこれをバイオリンの上に取り付けたものを発明していたのである。 しかし、残念なことにこれは周囲に認められなかった。

 さてその後、ベルは電話会社を設立することになるのだが、あのエジソンから送話器の特許を譲り受けている。エジソンも電話機の研究をしており、優れた送話器を開発していたのだった。 さて、日本では特許法により、出願の先着は日単位になっている。つまり、一日でも早い方が優先される。だから、発明家は一日でも早く出願しようとする。
 内容が違えば関係ないのだが、ほとんど同じ内容であれば早いもの勝ちなのである。 ところで、同じ日に同じような出願があったときはどうなるのか? この場合は、出願人どうしで協議を行う。そして、協議の結果、どちらかが降りて、残った方に出願が認められるのである。では、降りた方はどうするのかというと、実施権設定という手がある。つまり、その出願内容について実施してもよいという許諾を、その相手からもらうのである。なにしろ、先の協議が成立しなければ、どちらにも出願が認められなくなるのであるから、少々の譲歩はやむを得ないということになる
のである。 だがこういうケースは滅多にない。
 私のところへも、いろいろ相談にやってくるが、一人として同じ内容ではない。人間一人一人顔が皆ちがうように、発明内容も同じではないようである。 また、一度出願してしまうと、その内容については後で変えることが難しい。だから、内容を練ってから出願しても遅くないことが多いのである。
 早く出すか、練って出すか、そのころ合いに頭を悩ますのが、発明家なのである。


h25/8/3

              珍発明


 私の友人のN氏は、アマチュア発明家である。 彼は80才近くになるのだが、いまだに独身である。そのためか、実際の年より10才は若く見える。 あるいは発明をしているせいかもしれない。
 発明をする人は、気持ちが前向きになって、だいたいは若く見えるものである。
 発明年令というのがある。これは、発明をする人は、年令の一割ないし一割五分ほど若く言っても通用するというものだ。ホントかなと思うかもしれないが、いろんな発明家と出会った限りでは、そのように思えてくるのである。
 さて、N氏の得意分野はユーモア発明である。自分も楽しみ、人も楽しませる発明なのである。彼のユーモア発明第一号は、「アメンボー型健康運道具」である。かんたんに言うと、ゲタの底にキャスターをつけたものである。これを四つ用意して、手と足にはく。そして四つん這いになって歩くのである。キャスターがゲタの底に一つしかついていないので、フラフラして安定しない。だから手と足に力を入れなければならない。この状態で手足を動かして歩くのだから、かなり力がいる。そうすると、少ない時間でかなりの運動量になるから、つまりダイエットになると本人は言う。しばらく前に、彼がテレビ出演したとき、この発明をスタジオで実演したら、爆笑の渦で、他の出演者も試してみたらコケてしまい、またまた大爆笑になった。アメンボゴッコというネーミングをつけたのだが、なぜかというと、水面を走るアメンボの格好に似ているからということだった。
 彼の二作目は、「健康精米器」である。
 箱にローラーを取り付け、このローラーの表面に人工芝が貼ってある。箱には手すりがついていて、この手すりにつかまってローラーの上に人が乗る。そして足でこぐとローラーが回り、運動になるというものである。このローラーには仕掛けがある。それは、ローラーが空洞になっていて、フタがついている。使用前にフタをあけて、玄米と大理石のカケラを入れるのである。もうおわかりと思うが、ローラーが回ると中の玄米がかくはんされて、白米になるというシロモノなのである。運動しながら精米ができるというわけだ。はたしてどの程度が白米になるかは定かでない。
 この発明もテレビで笑いをとったが、どうも今は使っていないようである。
 発明家は、どちらかというと現実性のあるネタに取り組むことが多いものだが、こんなユーモアのある発明も楽しいものだ。笑うことは健康によいのだから、利益を無視したこんな発明があってもよいのだ。さて、彼の発明には、少しまともなものもある。
 それは、「スキーかつぎ器」というものである。
 スキーを運ぶとき、スキー袋に入れて片方の肩に掛けるのがふつうである。だが、片方の肩に重量が掛かるので、体のバランスがくずれる。そこで、カーブしたアルミパイプを肩幅の長さに作り、両端にパットをつける。 そしてこのパイプの側面に、スキー袋を取り付けるのである。
すると、パイプの両端にあるパットがちょうど両肩にのって、バランスよく重量を支えられるという発明である。この発明は、いつだったかニューヨークで開かれた発明展で銅賞を受賞した。

 話によると、メキシコから参加していた人物と仲良くなって、メキシコで販売したいということになったらしい。ただ、今現在、どうなっているのかは聞いていない。だいたい、珍発明というものは、発明者にとってはマジメなものなのである。しかし、まわりからみると「珍」なのである。ほのかな笑いがそこにある。珍発明やユーモア発明をする人は、あまり多くないので、そういう意味では希少価値がある。彼には、これからもドンドンとユーモアのある発明を生みだしてもらいたいものだ。


h25/7/18


               セッカチと発明


 寒い時期になると、あったかい麺が食べたくなる。
 あつあつの天ぷらそばがうまい。行きつけのそば屋へいくと、揚げたてのエビ天がのっていて、箸で沈めるとジュツと音がして、まことによろしい。
 鍋焼きうどんもいい。ふたを取ると湯気が立ち上り、土鍋の中でグツグツと煮え立っている。ふうふういいながら食べると、身体がほかほかしてくる。
 麺類は夏もいい。とくにザルソバなんかは夏の食べ物の代表格のように思える。そばはのどごしがよく、ツルッとすするのがふつうだが、ロの中でよくかんで食べると、そばの甘みが生きてくる。そして、冷やしソーメン。生姜の香りとともにいくらでも食べられる。
 どうも麺食は日本人に好まれる食べ物のようだ。
 そこで、麺類のルーツについて調べてみた。
 まず、そばである。
 そばは、そばの実を食するものだが、中国が原産である。もともとは中国南部の雲南地方からタイの山地にかけて分布していた野生そばを栽培するようになり、朝鮮を経て日本へ渡来したもので、その時期は古く、縄文末期ともいわれている。
 そばが日本で広まったのは、奈良、平安の時代で、木曽・甲斐の山国が最初の栽培地らしい。信濃がそばの名産地となっているのは、その名残である。 そばは今では、細く切った切りそばとして食されるが、昔はそうではなかったようだ。そばの種実の外皮をむいたものを、米や麦に混ぜたそば飯が最初で、ぽろぽろする程度に固く炊いた米飯に、そばの粒を混ぜて蒸して食べたらしい。そば汁というのもあった。 これは、むいたそば実を、だしに醤油などで調味したものの中に入れて、軽く煮たものである。そのあと、そば団子が生まれ、さらに熱湯で練るそばがきになった。これは、そばの実をひいたそば粉を使ったものである。
 現在のような切りそばができたのは、江戸初期の天正年間である。一説によれば、朝鮮半島から渡ってきた僧の天珍が東大寺にきて、そばのつなぎに小麦粉を加えることを教え、初めてそばで作った麺ができあがったという。そば粉8、小麦粉2の割合で作る28そばのルーツはここにあるといわれる。
 そばは菓子にも使われ、そばもち、そばぼーろ、そばまんじゅう、そば落雁など様々に利用されている。
 さて、そばとともになじみ深いものに、うどんがある。うどんの先祖は唐菓子で、奈良時代に中国から伝来し、平安朝に発達した「こんとん」である。小麦粉を団子にして、中にアンを入れて煮たものがこんとんで、汁の中でコロコロしているところから、そう呼ばれたらしい。 その後、熱い湯で煮て食べるので、「おんとん」に変わり、さらに食偏の文字となって「うんとん」と変形した。そしてうんとんから「うどん」とちぢまったらしい。今ではそばと並んで麺類の代表的なものとなっているうどんだが、関東以北ではそばが、関西方面ではうどんが盛んなようである。
 うどんの親類みたいなものに、そうめんと冷や麦がある。どちらも小麦粉で作る麺であるが、冷や麦の方が少し太く、ちょうどうどんとそうめんの中間くらいである。この冷や麦は、室町時代の末期頃にできたようで、当時は切り麦と呼ばれ、冷やして食べるものを冷や麦と呼んだ。また、そうめんは夏にはかかせない食物であるが、昔は索麺(さくめん)といわれたらしい。索の字を崩して書いたのが素の宇と見られ、素麺と誤記したのがそのまま名称となった。中国から渡来したのが、奈良時代とみられている。
 さて、もう一つ忘れてはならない麺がある。そう、ラーメンである。 ラーメンは、古い中国料理と思われがちであるが、これはレッキとした日本料理である。中国には今も昔もラーメンという料理はない。中国の麺は、小麦粉、塩、卵、かん水、水を加えてよくこねて作るが、これを手だけで引っ張り、細く数多くの糸状に引き延ばして作ったものを拉麺という。拉は引っ張るの意である。これを用いて、タンメン、リヤンメン、チャオメンなどの料理が作られる。日本では、この麺に醤油味のスープを用いたものをラーメンとか中華そばとか呼んでいる。
 大正時代の中ごろ、初めて東京に出現し、当時は支那そばと呼ばれていた。このラーメンも今では国民食と思われるくらいの人気で、塩味、味噌味など数多くの種類が作られるようになった。ラーメンやそばなどは、食事時に食べてもうまいが、とくに一杯やった後は格別にうまい。なぜなのかわからないが、とにかくうまいのである。塩分と関係しているのかもしれないが。
 ところで、うどんもそばも、はじめのころは団子にして食べていた。それが今では細長く切って食べている。なぜ、このように変化したのかと考えてみた。もっとも、そばははじめは皮をむいて米に混ぜて食べていた。しかし、味わいとか食べ易さ、あるいは保存の関係からか、次第に粉に引いたもの、つまりそば粉として利用されるようになる。このそば粉を水でこねて団子にし、ゆでて食べる。団子は丸いから、中まで熱が伝わりにくく、ゆで上がるのに時間がかかる。そこで、手でつぶして平たくしてからゆでると、早くゆで上がる。それでも待ちきれないとなると、今度は棒を使って薄く伸ばして、少し幅広に切ってゆでる。すると今までよりは早くゆでて食べることができるが、少々食べにくい。
 人間の要求には限りがない。もっと早くならないか…ということで、今のように細く切ってゆでる方法になったのではないだろうか。しかしちょっと問題があった。細く切ると、ポロポロと切れてしまうのだ。そこで、先に書いたように、小麦粉を混ぜるという知恵を授かり、この小麦粉の配合を変えることで、好みの味のそばができるようになった。……というのが私の想像である。
 つまり、早く食べたいという「セッカチ」な気持ちが現在のそばやうどんの形を生み出したのではなかろうか。そしてもっと早くするには、麺の太さを細くすればよいというので、ソーメンや冷や麦が生まれたのかもしれない。とすると、セッカチが発明を生み出す要因となったのである。
 ここに有名な話がある。
 時は1700年代のイギリスに、あるギャンブル好きな貴族がいた。
彼は食事の時間も惜しんで賭事に熱中していた。夢中になると食事の時間も忘れてしまう。召使いが食事の用意ができたことを告げても、いっこうに腰を上げようとしない。そうしたある日、カードゲームに熱中していたその貴族は、召使いに命じてパンを薄く切らせ、二枚のパンの間にコールドビーフをはさんだものを作らせた。これを食べてみると結構うまい。そのうえに手軽である。それからこの食べ方が広まった。そのギャンブル好きの貴族は、サンドイッチ伯爵家の四代目、ジョン・モンターギュであった。これがサンドイッチとして定着しているものの由来であるといわれている。彼がのんびりゆったりした性格の人物であったなら、もしかして、サンドイッチたる食べ物は生まれなかったかもしれない。セッカチであったので、必要に迫られて、思わず発明してしまったのである。
 もっとも、そのときは発明したとは思っていなかったかもしれないが。
 著名な日本食の一つ、寿司もそうだったのではなかろうか。
 昔、寿司は長い時間をかけて魚介を熟成するものだった。それが、平安時代に入ると、発酵を促すために、魚に温かい飯を加え、酸味が出たところで飯を払い落として食べた。つまり、ネタとシャリを分離して、ネタだけを食べていたのである。その後、室町時代ごろから魚と飯を一緒に食べるようになった。いわゆる押し寿司である。これも、つけ込み時間が次第に短縮されるようになり、江戸時代になると、米飯に味を付けて魚をのせ、数時間で仕上がる早寿司が作られるようになる。さらに江戸後期、1800年ころには、現在のようなにぎり寿司が現れ、以後これが主流になる。江戸前寿司の誕生である。
 してみると、時代の変化とともに、人々の生活のテンポも速くなって、今までのように長い時間をかけて作るより、即席でパッと食べられるものに人気が集まった結果、ファーストフード的なにぎり寿司に変わっていったのではないかと思う。刺身や、しゃぶしゃぶも、同じようにセッカチな心が生み出した産物かもしれない。
 発明とセッカチ、無関係なようだが、実は深い関係があるのである。


h25/7/1

              重力制御装置


 今、我々は地球の上にいて、1Gの重力を受けて生活している。この重力を制御できたらどうなるか考えてみた。重カゼロの状態はすでに可能となっている。宇宙空間へ飛び出せばよい。人工衛星内は無重力空間、すなわち重力零の状態である。ここでは不思議な現象が起こる。
 水滴が球のようになって浮かんだり、ローソクの炎が丸くなったりする。人間や物体もフカフカと浮いて楽しそうである。
 短時間であれば、他の方法でも無重力に近い状態が作り出せる。飛行機に乗って、急降下すればよい。あるいは、深い縦穴を作って、‘カプセルに実験器具を入れて、落下させればよい。
 さて、今までのはいずれも高速移動による無重力である。そうではなくて、静止状態で重力が変えられたらどうなるだろうか。 UFOというのがある。このUFOは、どうやら重力制御によって飛ぶらしい。だから高速ジグザグ移動ができたり、一ヵ所に静止して浮かんだりできるといわれている。このUFOみたいなモノができたら、地球環境が一変するにちがいない。まず交通機関が変わるだろう。
 飛行機は、化石燃料を消費して飛んでいる。これが重力制御できたら、翼も不要になり、大気汚染もなくなる。スピードはけた違いに上がり、瞬間移動が可能であるから、衝突事故もなくなるにちがいない。そして垂直上昇するので、長い滑走路も要らなくなる。騒音公害もない。いいことずくめである。
 自動車は路面を走らず、地上数十cmのところを走るようになる。道路は損傷することなく、瞬時に停止できるから事故もない。(重力制御は車の内部にもおよぶから、慣性は無視できる)船も水上を移動せずに、水面上空を移動する。飛行機と同様になる。
 ロケットは不要となって、質量の大きな物体をいくらでも簡単に宇宙空間へ運ぶことができるし、惑星間移動も高速で行うことができる。 建造物の構築も容易となる。現在のようにクレーンを使って高所にものを持ち上げることもない。重力制御のできる小型運搬機を使えば、いとも簡単に、どんな重いものでも高いところへ運ぶことができる。そして、重力ベルトを使えば、人間がそのままで空間移動することができる。空の散歩が可能となるのだ。
 と、ここまで書いてきて、ふと思った。
 もしこれが悪用されたらどうなるだろう。戦争に使われたら、犯罪に使われたら大変である。つまり、この重力制御は両刃の剣なのだ。 昔は銃や大砲、ミサイルなどがなかった。剣や弓などで闘ったのだ。それが新兵器が登場して、効率よく殺傷ができるようになった。科学の進歩を悪用してはならないのだ。さて、UFOに話がもどるが、どんな原理で動くのだろう。アダムスキー型UFOというのがある。アメリカのUFO研究家、ジョージアダムスキーが遭遇したUFOであるが、
円盤の中心に1本の磁気柱が上下に貫いていて、これがポイントらしい。人間も、深い瞑想状態になったときに、空中に体が浮かぶことがあるらしい。ヨガ行者も行うようである。
 人間の体には背骨がある。その上下に頭と生殖器があって、どちらにも多量の毛がある。
 もしかすると、円盤の磁気柱と相似形になっているのではと考えてみた。そうであれば、空中浮遊もあり得るかなと思えてくる。私の勝手な推測であるが、いかがであろうか。どなたか、これについて解明してもらえないだろうか。

 科学の進歩とともに、人の心も進歩しなければ明るい未来とはならない。現代科学は、物性優先で、その方面は進んでいるが、他の方面からのアプローチもあってしかるべきではなかろうか。21世紀には、様々な疑問も解明され、調和のとれた世界になってほしいものである。


h25/6/14

            万能翻訳機


  「超発明」という本を読んでいたら、万能翻訳機というのが載っていた。だいぶ前に出版された本だが、とてつもない空想的アイデアが満載である。この万能翻訳機の解説を要約すると、「海底開発以上に急務なのは、大自然開発である。自然は山や湖だけでなく、そこの生育
する木や虫などで成り立っている。自然園の開発にも動植物の声なき声が必要で、万物の霊長といわれる人間に、万物の声が理解できぬはずがない」とある。
 人間と人間は言葉という意志伝達手段がある。
 動物は鳴き声やしぐさなどで心を伝えあっている。
 しかし、人間には動物の気持ちを明確に知る手段がない。その鳴き声や風情からおしはかるのみである。だが、長年にわたって動物とつきあっていると、その目を見ただけで心が伝わってくるともいわれる。動物と心がかわせたら、世界が一変するだろう。
 そこで、この万能翻訳機の登場である。
 これを使うと、動物の気持ちが人間語に翻訳されるのである。動物と心を交わすことが容易に出来る。 もしこれが実現したらどうなるのだろう。
 ペットを飼っているとして、家にこの翻訳機をおいておく。外出先から帰ってくると、「おかえりなさい。寂しかったわ」というペットの心がこの機械を通して伝わってくる。また、これを双方向、つまり人間の心を動物語に翻訳できるとしたら、動物と会話したのと同じことになる。
何と素晴らしいことだろう。
 そこで思いついた。ゴミ処理にこれを利用するのである。ゴミステーションにゴミを出すときに、生ゴミを分別して出すのである。そして回収車がやってきて、生ゴミを集めて、集積場へ持っていって捨てる。 カラスには、あらかじめこの翻訳機で伝えておく。
 食事のときは、この集積場でするように。ゴミステーションの生ゴミには手を出さないでほしい。
 もしこれが現実化すれば、いま起きている生ゴミの散乱もなくなり、生ゴミ処理はカラスに任せることができる。カラスも今のように、人がいないのを見計らって、気づかいながら食事することもなく、堂々と安心して食事にありつけるというものだ。あちこちの場所を探さなくてすむ。人間側も、生ゴミをその場所へ運ぶだけでよいのである。いかがだろうか。ただ、悪臭問題が起きるので、人里離れた場所に、この集積場を設ける必要があると思うが。


 カラス語というのを考えたことがある。
 電柱の上や家の屋根などに一羽のカラスがとまっていたとする。その
うちに、そのカラスが、「カア、カア……」と五回鳴く。すると、しばらく離れた場所に止まっている別のカラスが同じように三回鳴く。少したって、また最初に鳴いたカラスが二回鳴く。こんなことを繰り返している。よく聞くと、カラスによって鳴き声や鳴き方も違っている。あれはきっと、カラス同志で何かをやりとりしているのではないかと思う。
 もしかすると、ガラス語みたいなのがあって、互いに意思の伝達をし
ているのかもしれないのだ。
 そうなると、カラス語を研究すれば、カラスと人間との間で意志のや
りとり、気持ちを伝え合うことができるのではないだろうか。
 人間以外では、イルカやチンパンジーの知能が高いといわれている。
とくにイルカは、芸を覚えて水中ショウなどで活躍している。ある国では、イルカ語を研究して、イルカと意志のやりとりを行い、海中作業に使っているともいう。これが進むと、イルカ以外の動物とも交流することができて、適材適所で役に立ってもらえるかもしれない。
 人間は言葉で意志伝達をしているが、このコトバで伝えにくいことも
あるので、もしかすると、人間用の万能翻訳機が必要なのかなとも思う。
おいしさとか気持ちよさなんかは、体験しないとわからない。
 そのとき、この翻訳機を使えば体験者と同様の感覚を味わうことがで
きて面白い。
 だれか、これを作ってくれないだろうか。


h25/5/29

    

超発明


 
本棚を探っていたら、超発明という本があった。
 ずいぶん前に買ったものである。パラパラとめくっていたら、「鳥寄
せかかし」というのが目についた。
 畑の真ん中に長い棒を立てて、その上に円盤が取り付けてあって、そ
の円盤には鳥の好むものがおいてある。すると、鳥は畑の米を食べずにこのかかしに集まるというのである。説明によると、「かって稲に群が
った雀も、いまは稲より美味のものを求めている。鳥にも米以上に好ま
れるものを分析・合成して与えれば、鳥は追われなくてもみずから稲よ
り去るのである」となっている。なるほどそうなのか。しかし、この好
まれるものを食べ尽くすと、また米の方にやって来るではないか。
 そうすると、なくならないだけの分量を置いておかなくてはならない。
長い棒の上に置くのだから、その棒の上までどうやって運ぶのだろう。
米の被害分よりも、その好まれるものの値段が高ければ意味がない。
 すると、米より安くておいしいものが必要である。
 こんなものができたら、人間もそれを好んで食べることになりはしな
いか。そして、それが栽培するものだったら、畑で作るものだったとし
たら、こんどはその畑に鳥がやって来るではないか。ならばさらにおい
しいものを作って棒の上に………
 何のことはない。イタチゴツコになってしまう。
 ところで、先の本は超発明と題するだけあって、実現の可能性を意に
せずに、こんなものがあったら面白いだろうというアイデアばかり集め
た本である。だから、現実性を追求しても始まらないのであった。
 とここまで書いてきて、ふと思い出したことがある。うちの会員が発
明した新肥料のことである。
 その人が発明したのは発酵肥料で、いろいろな材料を集めてしばらく
ねかせて発酵させる。ユニークなのは、その材料にヒトデが含まれてい
ることである。
 ヒトデは、漁師にとっては厄介者で、貝などを食い荒らしてしまう。
だが、このヒトデを畑にまいておくと、鳥が寄ってこないのだそうだ。
 その発明家は、厄介者のヒトデを分けてもらい、特殊加工をして、他
の材料に混ぜて発酵させてこの肥料を作るのである。そしてこのできあ
がった肥料を使って作物を作ると、大きく味良いものができて、なおか
つ鳥や虫に荒らされることがないという。
 私の実家では、近所の畑の一部を借りて、大根とかトウモロコシなど
を作っている。そこで、この肥料を使ってもらったところ、見事な野菜
ができた。とくにトウモロコシの甘さは、いままでに味わったことがな
いほどのできばえである。
 その発明家は、いまでは一区画の土地を借りて、その肥料作りをして
いる。口コミでも依頼が来て、適当な値段で販売している。
 近ごろは、無農薬の野菜作りが盛んである。無農薬とは言っても実際
には低農薬の場合もあるらしいのだが、農薬使用のときに比べると、やはり収穫量の違いがあるようだ。とすれば、この発酵肥料の出番ではないか。
 この肥料が広く普及して、安くておいしい野菜が出回ることを期待し
ている。



25/5/11

            
ヒラメキがやってくる


 どんなタイトルにしよう?と思っていたら、このタイトルがひらめいた。ヒラメキは、突然にやってくるものらしい。どんな分野でもヒラメキは貴重なものだが、とりわけ発明の世界では重要である。あるとき、ふとこんなものがあったらいいなとか、もっとこうならないものかと気付くのが、発明のキッカケとなる。発明のネタに気がつく、つまりヒラメクのである。それから、そのネタをどうやって解決しようかと知恵をしぼる。いろいろ試作してためしてみる。
 一発でうまくいくとは限らないから、手直しして再びトライする。ときには、いくら頑張ってみても、なかなか先へ進まないことがある。いろいろ考えたあげく、考えるのがイヤになって、ぼうっとまどろむ。 そんなとき、「ピカッ」と来るのである。ヒラメキがやってくるのである。すると、目の前の霧がすうっと晴れるような気がする。モヤモヤがなくなって、スッキリする。爽快感を感じるのである。なぜ、こんなふうにヒラメクのだろうか。
 ある人が、ゴツゴツと貯金する。お金が必要になったとき、通帳やキヤッシュカードを持って出かけていって、口座から引き出す。 ヒラメキとは、ちょうどこんなものではないだろうか。ふだんからいろいろと考えておく。これが貯金である。そして知恵をしぼってあれこれと考えた後で、ぼんやりして頭を休める。これが通帳なりカードである。
 つまり、この二つがそろわないと、金すなわちヒラメキはやってこないのである。
 有名な話がある。古代ギリシヤの学者、アルキメデスは、あるとき王から難問を突きつけられた。王冠の中身を壊さずに調べよというものである。苦心惨悔考えたがどうしてもわからない。あるとき、風呂に入ったら、浴槽から水がザーツとこぼれた。
 そのときヒラメイたのである。浮力の原理の発見である。浴槽に入れる前に王冠の重さを計っておき、この王冠を浴槽に沈めたときにこぼれた水の体積を計る。すると王冠の比重がわかる。各物質の比重をあらかじめ計っておけば、王冠を壊さずにその中身がわかる。
 この原理を発見したとき、アルキメデスは、「わかった」と叫んで風呂から飛び出したという。
 また、ドイツにケクレという科学者がいた。
 彼はベンゼンの構造式を考えていたが、どうしてもわからない。ある夜のこと、寝についた彼は夢を見た。数匹のヘビが互いに頭と尾をくわえて環のようになっていた。その夢から彼は、ベンゼンの六角形の環状構造を見つけたのである。
 このようなヒラメキは、不思議なことに一生懸命努力しているときよりも、その後のぼんやりしているときにやってくることが多いらしい。なぜなのか。
 人間の脳からは脳波が出ているが、どうもこの脳波の状態が関係しているらしい。
 起きていて普通に活動しているときに出るのはベータ波で、イライラするとガンマ波、リラックスしているとアルフア波、軽い眠りに近くなるとシータ波、熟睡時はデルタ波になるといわれている。この中で、どうやらアルフア波のときにヒラメキが得やすいらしい。
 昔から、風呂、トイレ、布団の中、散歩のときによくヒラメクといわれている。いずれもリラックスできる状態で、アルフア波の出やすい環境である。そして、アルフア波とベータ波では、潜在意識との関わりが違うらしい。顕在意識と潜在意識との間には扉のようなものがあって、アルフア波になると、この扉が開くのだともいわれている。もしかすると、考えたり体験したことは、すべてこの潜在意識にしまい込まれており、ある状態のときに、扉が開いて顕在意識に流れ出て、そのためにヒラメクのかもしれない。
 エジソンは、1%のインスピレーションと99%のパースピレーション(汗)と言ったが、このヒラメキのことを表した表現ではなかろうか。少し前に何かの本で、アルフアコイルというものを見た。これはドーナツ状の特殊コイルを頭の上に乗せて、微弱電流を流すと、頭の中が強制的にアルフア波状態になるというものである。そうすると、いろいろ考えた後に、このコイルを使えばより簡単にヒラメクのかもしれない。一度使ってみたいものである。


25/5/1

              紙の価値


 この世から紙が無くなったら、いったいどうなるだろう。すぐにわかるのは、刊行物に大きな影響があるということである。新聞、雑誌、単行本、チラシ、電話帳、時刻表、辞書、地図などが無くなる。また、手紙、ハガキ、トイレットペーパー、カレンダー、コピー紙、写真、ポスター、ラペル、ノート、紙袋、封筒なども使えなくなる。そして、この原稿を書いている原稿用紙もダメである。いやはや大変なことになるものだ。しかし、どうしてこんなに大量の紙が使われているのだろう。まず安いこと、適度の質感があること、そして使用済みとなれば焼却できること、印刷に適していること、代替え品が見当たらないことなどが上げられる。薄いプラスチックシートをうまく加工すれば、紙の代わりにならないこともないが、質感の違い、焼却の問題などで紙にはかなわないだろう。刊行物関係は、CD一ROMに記憶させる手もある。現に、電子辞書や電子BOOKなども出回っているが、パソコンがなければ意味がない。こう考えてみると、紙のありがたみがよくわかるというものだ。
 昔、紙がなかったころ、ヒツジ、ヤギ、ウシなどの皮を水洗いして、表面に鉱物質の白い粉をすり込んだものが、紙の代わりに使われていたらしい。また布や竹、薄くはいだ木材も使われていたようだ。英語のPAPERは、古代エジプトのパピルスが語源になっている。パピルスは水辺に生える植物で、その髄を切り出し、縦横に並べて圧縮乾燥させて作った。紙というよりは、ござに近いもので、巻物として使われた。
 漢字の「紙」は、絹糸をよりあわせた「糸」と、平らで柔らかいを意味する「氏」からできている。これは絹糸をつむぐ工程で出る材料で紙を作っていたためである。 紙の発明者は中国の蔡倫といわれている。
 105年に、樹皮、布、魚網などを使って紙を作ったという記録が残されている。しかし紀元前二世紀のものと思われる紙が発掘されていることから、蔡倫は当時の製紙技術をまとめた人物であると考えられている。必要に迫られて発明することが多いものだが、おそらく紙の発明もそ
うだったにちがいない。他の材料ではかさばるし、保存や運搬も天変だったろう。
 紙の出現で、記録が容易となり、知識が広まるのに貢献したと思う。 ところで、紙は大変便利なものだが、用済みとなれば丸めてくずかごに直行となる。何とかゴミにしないで、再利用する方法はないものか。再生紙も普及してきたが、紙の表面の印刷や書き込んだ部分を、きれいさっぱりと無地の状態にできないものかとふと思った。
 コピー機の逆みたいなのがあって、そこに紙を通すと白地になるというのはどうだろう。そうなれば、捨てられる紙も減って、そのまま再利用できると思うのだが。で、これを還元紙として、回収ポストに入れる。回収作業車がやってきて回収し、整理して、安価に提供してもよい。そうなれば、新産業の創出となって、活性化にも一役買うことになりはしないか。机の上に積まれている紙を見ると、そう思ってしまう。 コピーして余った紙を、裏返しにして書き込み用に使っているのである。あるいは、これを小さく切って、端を糊付けしてメモ用紙として使っている。森林伐採が問題となっている今、地球環境保護の意味も含めて、より大切に紙を使いたいと思う。(後日、コピー紙を白紙にできるものが開発された)なお、電子ペーパーが普及すればだいぶ様相も変わって来るのかも知れない。


25/4/16

         
永久機関


 発明について、相談に乗ってほしいという。
 事務所で話を聞いて驚いた。何と、無限にエネルギーを取り出せる装置なのである。どうやら、磁石を使ったものらしい。特殊な形をした円盤形の磁石の上下をはさむように、別の磁石がある。円盤を浮かせるためらしい。円盤の中心には、軸が取り付けられていて、軸の下は台にはめ込まれている。ベアリングを使っているようだ。軸は、途中で二つに分かれており。バネでつながっている。円盤を手で回すと、いつまでも回っている。
 よく見ると、首振りながら回っている。ずうっと回り続けているが、どうしてこうなるのかよくわからない。実験によれば、一週間でも二週間でも回っているという。で、その理論解説をしてほしいとのこと。
 さて困った。どうしたものか。
 そこで、電磁気の本を何冊か買ってきて、読みながら考えた。どうも磁石の反発と吸引を利用しているようだ。苦慮の結果、何とか仕上げたが、未だに不明確な部分がある。しかし、すごいものを発明したものだ。
 もしこれが実用化されたら、革命である。
 現代社会に電気は不可欠である。今まで、水力、火力、原子力、風力、太陽光、地熱、波浪など、様々な発電方法が使われてきている。建設費がかかる水力発電、化石燃料を費やし、地球温暖化を助長する火力発電、廃棄物と安全性に問題がある原子力発電などは一般的である。しかし、この新たな方法は、発電規模の小さな他の発電方式などに代わる画期的な発電になるかもしれないのだ。


 そして、その発明家は60代の女性なのである。
 話を聞いてみると、小学生のときに、本の自動ページめくりや、スノーモービルの構想を持っていたという。 また、電動爪磨きを発明して、自ら商品化して4000万円程売り上げた経験を持っている。すごいものだ。昔から、永久機関といわれるものがある。 鉄球を使ったものとか、水を使う水車型のものなどいろいろあるが、どれも実用化には至っていない。
 原理的に不可能なのである。熱力学の第二法則というのがある。平たくいうと、無から有は生じないというものである。だから、永久機関は夢想の産物で、実現不可能なものといわれてきた。だが、よく考えてみると、現在の物理学理論が完全であるとは限らない。
 引力や磁力がなぜ発生するかは、未だに完全には解明されていないのである。だいたい、現実的結果が先にあって、理論が後からついて来るというのが多いもので、今回の場合も、後年、解明されるのかもしれない。
 なお、TV局から発明家を紹介してほしいと電話が来たので、その発明家を紹介した。その番組を見た視聴者から局に電話が十数本入ったようで、その発明家のところへ数人が押し掛けたらしい。 その中に、ある企業からも出かけていて、その企業と共同開発することになったようである。 成功を祈りたいものである。


h25/4/1

         砂時計


 以前、東京にすんでいたころに、砂時計を発明したことがあった。砂時計とはいっても、水を使った砂時計である。そのころは、少々発明に入れ込んでいて、いくつか発明をしていたが、どれもモノにならずにいた。たまたま読んだ本に、小型の砂時計を発明したら、それは売れるだろうと書いてあった。それでトライしたのである。
 砂時計は普通は、くびれたガラス管の中に、カラフルな粉が入っている。この粉がくびれのところから、少しづつ落下して時間を計る。市販のものは、3分計や5分計が多い。どうしたら、小さくても同じくらいの時間が計れるのか、いろいろ考えてみた。
 そこで思いついたのは、液中落下である。
 普通の砂時計は、空気中を落下する。だから、落下速度が速い。これを水中を落下するものにしたら、おそらくゆっくりと落ちるにちがいない。すると、同じ時間を計るのであれば、より小さなものにできると考えたのである。さて、どうやって作ろうか。
 まず、アクリル樹脂の棒を買ってきた。直径15mm位のものである。これを3cmの長さに切る。これに穴をあけるのだが、適当なモノが通販の広告に載っていた。それは、ミニ旋盤である。片手に乗るくらいの、オモチャみたいなものであるが、ちゃんと加工できるようだ。さっそくこれを購入して、加工してみた。両端に太めの穴をあけ、その先をテーパ状に加工する。そして細いドリルを使って、lmmほどの貫通孔をあけた。次は砂の材料である。


 市販の砂時計の砂は、シリカゲルという乾燥剤を使っていると、何かの本で読んだことがあったので、菓子か何かの箱に入っていたシリカゲルを入手した。こんどは、これを細かく砕かなければならない。そこで、乳鉢と乳棒を買ってきた。これは、化学実験などでよく使われるもので、おわん形の内面がザラザラになっていて、棒の外側もザラザラである。両方ともセトモノでできている。そこで、シリカゲルを乳鉢に入れて、乳棒ですりつぶすと、粉状になった。
 先に作っておいたケースの片方を板で蓋をして、この粉を入れて水を入れる。もう片方にも蓋をして、粉を落下させてみた。すると、思った通り、ゆっくりと落ちて行く。これはよしと思ってみていると、そのうち引っかかって止まってしまった。粉とはいっても、その大きさが一様ではないらしい。こんどは、粉の選別が必要となった。さて、どうしようか……と考えていたら、格好なものが思い浮かんだ。ストッキングである。目が細かそうだから、これを使えばふるい分けできるのではなかろうか。
 女性用のストッキングを買ってきて、乳鉢にかぶせて、その上からすりつぶした粉を振りかけ、乳鉢を左右に揺する。すると、細かい粉だけが落ちて行く。これをかき集めて、再び実験した。今度はうまくいった。途中で止まらずに、落下して行く。時間を計ってみると、だいたい3分くらいである。逆さまにしてみた。すると、さっきよりも少し時間がかかる。どうしたんだろう。中の粉を取り出して、穴のテーパ状のところを見ると、少しざらつきがある。そこで、サンドペーパーで磨いてみると、上下逆でもそう時間は変わらなくなった。完成である。


 次にすることは、特許出願である。このときは、実用新案に出願した。当時、特許の勉強をしていたおかげで、自分で書いて出願することができた。 試作・実験、出願も済ませた。次にすることは、売り込みである。企業宛に手紙を書いて、採用を願うのである。何社かに手紙を書いて売り込んでみたら、返事が来るにはきたが、色良い回答はこなかった。
 少し、ガッカリした。あの本には売れると書いてあったのに……
 そのうちに、別なテーマが見つかり、この砂時計のことは忘れてしまった。 しばらくたって、町中を歩いていたら、ファッショングッズをおいてある店があったので、ふらっと入ってみた。店内を見回すと、アイデアグッズらしきものがいろいろ並んでいる。そのうちに、ある商品をみたとき、目がくぎずけになった。
 何とそこには、液体を使った時計がおいてあったのだ。 どうも油のようなものを使っているようだ。透明な容器の中に仕切り板があって、そのIカ所に穴が空いている。そして仕切板の上と下とでは別々の液体が入っていて、色分けされている。容器をひっくり返すと、その着色された液体が穴を通って下へ、ポクリ、ポタリというふうに落ちていく。液によって比重がちがうらしい。
  「ヤラレタ」と思った。自分とはちがう発想で、見事に時間を計るものがそこにあった。
 その商品は、どちらかというと、時間の正確さよりもファッション性に重きをおいているもののようだった。後日、その商品にヒントを得たのか、類似のものがいろいろと出回るようになった。二十数年前のことである。そのとき思った。ネライはヨカッタのだ。
 自分のアイデアをもう少し枠を広げて考えたらよかったのではないか。しかし、今ではよい勉強をしたのだと思っている。僕の試作品は、しばらくは大切にとっておいたのだが、引越のときにまぎれて行方がわからなくなって現在に至っている。
 発明をするときに、多角的な検討が大切だということを、思い知らされた体験であった。


h25/3/15

初めての発明

 私の初めての発明は、「点線定規」である。
 製図をするとき、影になる部分は点線で書く。(当時はCADはなかった)直線のところは普通の定規を使うが、円のときはコンパスを使う。ところが、コンパスで点線の円を書くとき、芯の先を上げたり下げたりして、芯が間欠的にペーパーに触れるようにしなければならない。
 これが面倒なので、これを考えたのである。
 薄いプラスチック板に、放射状のキリカキをたくさんあける。その中心に小穴をあけると、この点線定規ができあがる。コンパスの軸先をこの小穴に入れて、描こうとする円の半径分だけ芯を開く。そして、コンパスを一回転させる。すると、定規の上に芯が乗ったときは、芯がペーパーに触れないので線は書けないが、芯がキリカキのところへ来ると、芯はペーパーに触れて円弧状の線を書くことができる。 そのため、円弧状の線がとぎれとぎれに続いて描ける。 すなわち、点線の円かできあがるのである。
 この発明がひらめいたときは、「これだ!」と思ったが、作ってテストすると、定規の厚さ分の段差がペーパーとの間にできて、点線円を書く度にガクガクし、芯の減りも早い。発明は、実際に試作してテストすることが大事だなあということがわかった。
 次の発明は、「テーブルタップ用カバー」である。
 当時私は、エンジニアとして機械の設計をしていた。
 また時々は、現場へ行って部品の取付作業とかテストなどをする。現場の床は、たいていコンクリートである。 コンセントにつないで、テーブルタップをぽんと床に投げる。すると、何度もこれをしていると、テーブルタップのケースが欠けてくるのである。内部の結線がむき出しになる。
 これでは危険と思って考えたのが、このカバーである。 ゴム質で少し厚手の伸び縮みする布を長方形に切り、端と端を縫い合わせる。これをテーブルタップにかぶせると、側面が覆われるので、テーブルタップを投げても損傷することが無くなった。だが、手作りなのでいかにも見栄えがしない。それに、テーブルタップをこんなふうに投げるのは、技術屋以外にはあまりないと、後で思うようになった。
 発明をするのと、商品にするのとでは、意味が違うということが、このときおぼろげなからに気付かされた。 一つは実用新案に、もう一つは意匠に出願してある。二十数年前のこの発明を思い出すと、当時の様子が浮かんできて、懐かしくなる。
 初めて就職して二年目のとき。ふと立ち寄った書店で見た発明の本で、この発明の世界を知り、それから発明を始めたのだった。会社仲間にも発明好きな人がいて、よく話し合ったりしたものだった。
 今は、発明についての相談を受ける立場にあって、なかなか自分の発明ができないが、ときおりひらめくと、手帳にメモしたりして楽しんでいる。
 世の中には好奇心の旺盛な人がいるが、発明をする人達は、だいたいにおいて好奇心が強いようだ。 相談が一段落して、雑談の中で、小さい頃はどうでした?と聞くと、おもちゃを買ってもらって遊んだが、中の仕組みを知りたくなって分解したら、組み立てることができなくて、叱られたという話が出てきたりする。
 小さい頃から、発明心を持っていたのだという気がする。発明家は、自分の発明を何とか世に出したいと願っている。認めてほしいのである。 だから、企業へ向けてせっせと売り込みの手紙を書く。 しかし、その大半は空振りに終わる。だが発明家はあきらめない。次の発明をして、再びトライするのである。 世の中より、半歩前進した発明が売れるといわれるが、発明をする人は、二歩も三歩も進んでしまうことがある。 また、大体において説明下手である。売り込みより、発明をすることに熱心である。これでは、なかなか認めてもらえない。
 よく千に三つといわれている。発明の商品化の確率である。発明をするのは難しくないが、商品それも売れる商品にするのは、チョットばかり大変なのである。
 また、発明をする人は、実際の年よりも若く見られがちである。
 実際に発明家を見てみると、やはりそのように思えてくる。なぜなのか考えてみると、発明は未来志向であることが関係していると思う。今までにないものを作り出すのだから、気持ちが前向きになる。 希望を持って生きることができる。だから、若く見えるのではないだろうか。


h25/3/1

発明の芽生え

人類がこの世に誕生してから、いったいどのくらいの数の発明が生まれたのだろうか。
 おそらく、想像を絶する数ではないだろうか。現在、世に出回っている商品は、数十万を越えるに違いない。この商品も、もとはといえば発明である。 発明のすべてが商品になるわけではないから、さらに数倍、数十倍以上の発明がなされてきたのである。
 では、人類の最初の発明は何だろう。
 道具としての石器や土器もその一つではなかろうか。 どうやって、石器を発明したのか、ちょっと考えてみたい。原始の時代、人はよく歩いた。交通機関はないのだから、歩くより方法がない。歩き回って疲れたとき、何かにつまづいて転んで、運悪く尖った石に身体をぶつけてしまった。肉が裂けて血が出た。 とんだ災難だとぶっぶつ言いながら、帰って手当をする。
しかし、考えてみると、その尖った石が意外な力を持っていることに気付かされる。 翌日、現場に行ってその石を持ち帰り、いろいろ試してみた。その切れ味の良さに驚く。
 その話を聞いたある人は貸してくれと言い出す。いろんな人が使い出したがある人は、さらに切れ味を良くするために、石に細工を始める。 石は硬いから、簡単には加工できない。だから、石と石をぶつけて割って、新しい鋭い角をこしらえる。 これを繰り返しているうちに、鋭利な角を持った石器が誕生する。

 角がいっぱいあるから、切れ良いものとなったが、手でそのまま握るには適さない。 そこで、本の枝をひろってきて、適当な長さに折り、蔓などで巻きつけて固定してみる。枝は丸みがあるから、滑って取り付けにくく、取り付けてもすぐにずれてしまう。そこで、枝の先を二つに割り、この割れ目を広げて、そこに石器の端を挟み込んで、蔓でしぼりつける。 石器の完成である。
 人は言葉を話す。原始時代に、はっきりした言語体系があったかどうかはわからないが、何らかの言葉のような意志伝達手段があったと思う。石器という発明が生まれ、その便利さが認められると、人から人へ話が伝わり、それがほしい、貸してくれという要望が増えてくる。あるいは、自分にも作ってくれという話も出てくる。 その発明家は、引く手あまたで、様々な石器を作る。 こうして、石器は広く普及し、皆が使うようになっていく。
 あるとき、狩りをしていた連中の中に、この石器を持った人物がいた。追いつめられた獣は、突然、逆襲に出る。向きを変えると狩人たちに立ち向かってきた。 あわてた石器人は、おもわず、手に持っていた石器を打ち下ろした。獣は一撃のもとに倒れ込み、あらためてその石器の威力に驚かされる。そうして、石器のうわさはますます広がり、今や石器なしでは生活できないまでになる。
 さて、以上は全くの私的推測であるが、たとえばこのようにして、石器時代となったのかもしれない。 石器は、打製石器と磨製石器とに大別される。 石を打ち叩いて作るのが打製、石の表面を磨いて作るのが磨製である。打製石器はおもに、狩猟や土の掘り返しなどに使われ、磨製石器は祭祀用に使われた。
 さて、石器とともに重要な発明がある。土器のことである。なぜ、土器が発明されたのだろう。
 水と塩は、生きる上での必需品である。だから、原始の人は川辺や海辺に住んだ。水道は当然無いから、この貴重な水は雨水としてもたらされる。この雨水は貯めておかねばならないから器がいる。あるとき、粘土質の地面のくぼみに、水たまりができていた。土と違って、この粘土の上の水たまりは、なかなか減らない。そこで、この粘土を持ち帰り、へこみを作って水をためてみた。 このへこみをさらに深くすると、より多くの水が貯められる。しかし、このままでは粘土が水に溶けるので、乾燥させて、火にあぶると耐久性が増すことを知る。 たまたま、粘土質の地面の上でたき火をした。するとその地面が固くなって安定することがわかった。あるいは、粘土で作った器を早く乾燥させるために、たき火の側に置いていたら、器が焼けて硬質のものになった。 ということで、土器の誕生となったのかもしれない。
 必要は発明の母というが、人類は原始の時代から発明をしていたのである。